生活支援コーディネーター初任者研修

6月5日(水)、令和元年度福岡県生活支援コーディネーター初任者研修に参加しました。

主に、生活支援コーディネーターや協議体の役割や機能、地域アセスメントの方法などについて、九州厚生局地域共生社会推進室の山内強次長、福岡市社協の藤田博久さん、うきは市社会の中川史高さん、さわやか福祉財団の阿部かおりさん、本会の木山淳一局長による講義がありました。

その中でも特に印象に残ったことは、生活支援コーディネーターの役割についてです。

昨年から、生活支援コーディネーターとして協議体に参加するようになりましたが、自分が何をすべきなのかわからず、模索をしていました。講義の中で、うきは市社協の中川さんは、「話合いの中で出てきた強みや弱み、得意なことや苦手なことなどを、それぞれの地域の持っているアイデアや課題解決力などにつなぎ合わせることが生活支援コーディネーターの役割なのではないか」と話されました。

今回の講義を受けて、まずは、協議体の中で出た強みや弱み、ニーズ、それぞれの地域の持つ社会資源やアイデア、課題解決力に焦点を当てて、きちんと理解をし、つなぎ合わせることができるように心掛けたいと思いました。

総合相談のご案内

6月の総合相談をご案内します。
●法律相談(予約が必要です。先着順となりっていますのでお早めにお申し込みください)
6月6日(木)13時~16時 山田ふれあいハウス
●心配ごと相談(会場は、いずれも稲築住民センターです)
6月12日(水)13時~15時
3月26日(水)13時~15時

家族の思いやり

訪問途中に、らっきょの皮むきをしていた女性2人に、声をかけました。お母さんと娘さんかと思いお尋ねすると、「お嫁さんだよ。いいお嫁さんで料理も上手だよ」とお義母さんが話され、それをお嫁さんが照れ臭そうに聞かれていました。
核家族化が進み、お姑さんとお嫁さんが一緒に料理したり、食事をとる機会が減る中、2人のやり取りがとても微笑ましく感じました。また、家族の中でもいたわり思いやることが大切だと気付かされたひと時でした。

第2回稲築地区福祉推進員定例会

6月2日(日)、2019年度第2回福祉推進員定例会を開催し、18名が参加されました。

最初に、本年度の社協会員会費募集について、みなさんに協力のお願いをした後に、5月に行った児童遊具点検の報告を行いました。特に、破損などはありませんでしたが、塗装が剥げかけている遊具もあるため、みなさんで気にかけることになりました。
最後に、最近受けた相談の中で、1人暮らしの高齢者の方をふれあい・いきいきサロンへの参加に繋げた例を紹介しました。今後そういった相談があった時には、福祉推進員さんにも繋げて居場所づくりの支援ができたらと思っています。

田植え

今日から6月。そろそろ梅雨入りの時期が近づいています。例年であれば、田植えを終えた田んぼが広がり始めている時期ですが、今年はまだまだのようです。ご近所の方に話を聞くと、今年は水不足で田んぼに水が張れず、遅れているとのことでした。
毎年梅雨入りを鬱陶しく感じていましたが、災害が起きないことを願いつつ、恵の雨が降るといいなと思いました。

かま権利擁護センター

今日は、大牟田市社会福祉協議会から3名が、かま権利擁護センターの視察に来られました。
大牟田市では、50件の法人後見を受任し、70件ほどの日常生活自立支援事業の基幹社協として活躍されていらっしゃいます。
判断能力はあるものの、難病等の理由で銀行に行けない方からの相談を受けるようになり、本会が実施している独自事業の話を聞きに来られました。
身寄りがない方の支援やお亡くなりになった方の支払いなど、お互いどのように支援しているのかを情報交換しました。
複雑なケースは特に、担当者だけで抱え込んでしまうと、見えなくなることもあります。今後も、相談できる関係を続けていくことができればと思います。

今月の1冊

以前参加した研修会で、講師から紹介された1冊で、少し前にドラマ化され、テレビで放送された「健康で文化的な最低限度の生活」を読んでいます。福祉関係者や医療従事者であれば、誰もが知っている日本国憲法25条の一文がタイトルになっています。
大学を卒業した新人公務員が福祉事務所に配属され、生活保護を担当するケースワーカーとして、生活に困窮した方々を支援していく中で、「生活」に向き合う日々が綴られています。
生活保護には法律やルールに則って様々な義務があり、感情だけでは支援できないことや複合的な課題を抱える方への支援が思い通りにいかず、悩んだり焦ったりしながら、成長していくエピソードが描かれています。登場人物の発言に違和感を感じたり共感しながら、漫画なので読み進めやすいように感じます。最後のページには制度のポイントや豆知識がわかりやすく記載されています。7巻まで発行されており、まだ続くようです。ぜひ、ご一読ください。

筑豊ブロック市町村社協連絡協議会総会

5月29日(水)、マリーホール宮田にて開催された筑豊ブロック市町村社協連絡協議会総会に参加しました。

筑紫女学園大学准教授の大西良さんが、「子ども・若者の貧困について考える」をテーマに講演されました。

相対的貧困とは、世帯の総収入が等価可処分所得の中央値(2015年は245万円)の50%に満たない世帯のことを言います。大西さんは、「虐待はひとり親家庭で、経済的に困難な課題を抱えている家庭に多い傾向がある」と話されました。その中でも最近は、デンタルネグレクト(虫歯の治療をさせずに子どもの口腔崩壊が進行した虐待)が増えてきていると、映像を交えて紹介されました。仕事が忙しくて子どもを歯医者に連れていく事ができず、虫歯の発見が遅れるケースも多く見受けられるそうです。

仕事をかけもち、生活を支えるために頑張っている方々がたくさんいらっしゃる中、困難な課題を抱える方に何ができるのか、社協の役割は何なのかを考えさせられました。

最後に大西さんは、大人の貧困そのものが、子どもの貧困に直結しているため、まずは貧困を社会全体の問題として捉え、考えていくことが大切だと話されました。

あっとふるやまだ②

5月28日、筑紫集会所で山田校区協議体を開催し13名が参加しました。
平成28年の勉強会や29年度の協議体に参加されていた方で、昨年度はオレンジサロンを開催することになり、日程が重なっていたため参加できなかった方が、「今月から協議体を第4週目に変更してくれたから参加できるようになったよ」と久しぶりに来てくれました。また、筑紫集会所で初めて開催し、新たに6名が参加されました。
協議体の目的ややっと実現した移動販売が人手不足で新たな受付を中止していることなどを説明しましたたのちに、昨年12月に筑紫行政区で行ったアンケート調査の結果を見ながら、気づいたことや地域の課題を話し合いました。
筑紫行政区は営林署が管理する山に囲まれており、台風時には危険を感じる方が多くいらっしゃることや空き家が多いこと、筑紫線の市バスの路線図や市バスの運行状況について確認しました。
また、自分たちの5年後10年後に生活を思い浮かべながら、困りごとや解決の仕組みづくりについて、意見交換を行いました。

困ったときはお互い様

私が定期的に訪問している方で、とても助けられ上手な方がいらっしゃいます。
Aさんは、高齢なこともあり、日常生活の中で自分でできないことも増えてきたそうですが「通院時の送迎は、世話好きなBさんが、昔可愛がっていたCさんが、エアコンのフィルター掃除や電球の交換をしてくれる。困ったときは、周りの人が助けてくれるから、安心して楽しく生活しているよ」と、いつもとびっきりの笑顔で話してくださいます。
そんな明るいAさんの周りにいる方も、いつも楽しそうに笑っている様子を見て、みんなに助けられているAさん自身が、自然と周りの人を元気にしているんだなと感じました。
地域には、「本当は助けてほしいけど、人に頼ることは申し訳なくてできない」という気持ちをお持ちな方がいらっしゃる一方で、「誰かが困っていれば手伝いたいけど、突然話しかけると不審がられるかな」という気持ちをお持ちな方もいらっしゃいます。
「助ける、助けられる」という関係だけではなく、感謝をされることで嬉しい気持ちになったり、会話を交わすことで元気づけられたりと、「お互い様」という関係が広まっていくと、困った時に自然と助け合うことができるのかな、と感じました。