なつきちゃんにし⑧

11月19日(木)、稲築地区公民館でなつきちゃんにしを開催し、6人が参加しました。
今回の協議体では、前回課題としてあがっていたリーダーとなる人が不足していることについて、解決策を話し合いました。まずはリーダーの役割に関する講座を開くのがよいのではないかという意見があった一方で、リーダーには責任が伴うため、負担に思う人も多いのではないかとの意見もありました。
まずは、地域のリーダーの方がどのような活動をしているのか知りたいとの意見があったため、様々な地域活動団体のみなさんとのつながりをつくり、意見を聞いて参考にしていくことになりました。

嘉麻い隊うすい⑧

11月20日 (金)、昭嘉公民館で開催し、12名が参加しました。
昭嘉行政区では、老人会と隣組長等が毎年夏祭りとクリスマス会を行っていましたが、コロナの影響で今年の開催は難しい状況とのことでした。また、隣組長会を開催できず、自主防災組織の立ち上げを話し合う場がなくなったそうです。
メンバーから、バス停が遠くなり困っている人がいるとの声があがりました。どこにバスが停まって欲しいのかを話し合い、区として要望していくことになりました。また、市バスやデマンド型運行バスについても意見があがったため、次回意見をとりまとめたいと思います。

おしゃべりサロンを開催

11月21日、今年度はじめてのおしゃべりサロンを開催し、3家族が参加しました。今回は、細いロープを編み込みながら、ハンギングプランターを作りました。細かい作業につい集中してしまい、おしゃべりを楽しむ余裕はありませんでしたが、慣れてくると、コロナの影響で長期間休みだった春先の子どもたちの様子や過ごし方について、話が広がりました。
勉強の遅れもさることながら、ゲームに依存し、生活リズムが大きく乱れ、新生活に慣れるまで時間を要したことやご飯作りが大変で、子どもたちに「手伝って」と何度も声をかけたことなどを振り返りました。お母さんの大変さを、家族になかなか理解してもらえないもどかしさが伝わってきました。

嘉麻市の民話

今日は、紅葉が綺麗に見える場所はないかなと稲築公園を訪れてみました。
そこで河童の像を見つけて、ふと疑問。
稲築ではマスコットとして親しまれている河童ですが、そのルーツはどこにあるのでしょうか。

妖怪や伝説上の生き物として日本の各地で言い伝えが残る河童は、水神またはその仮の姿ともいわれています。遠賀川を始め昔から水が豊富だった嘉麻市にも河童にまつわる民話が各地に残っています。
     (嘉麻市観光ポータルより抜粋)

調べたところ、どうやら民話に基づいているとのことです。
また、行政区によっても民話の内容が異なり、土地柄や教えなどが根本にあるということも分かりました。

知っているようで知らなかった部分。嘉麻市のことをまた一つ知る機会になりました。

なつきちゃんひがし⑧

11月19日(木)、鴨生町公民館でなつきちゃんひがしを開催し、8人が参加しました。
先日の台風10号の際に鴨生町公民館に大荷物を持って避難に来た人がいましたが、公民館の後ろに崖があり崩落の恐れがあるため避難所として使うことができず、他の避難所を案内するしかなかったという出来事があったそうです。このことを受けて、隣近所の方に声かけをして、適切な避難の呼びかけをすることの大切さを実感し、日頃からの声かけについて考えていくことになりました。

嘉穂ますます会⑧

 11月16日(木)、千手いこいの家で嘉穂ますます会を開催し、12名が参加しました。
 前回、移動についての聞き取り調査をしてはどうかとの意見が出たため、調査票について話し合いました。市バスとデマンド型運行バスを利用している方からの意見を聞きながら、項目を確認し、フリー乗降や目的地までの移動時間など具体的に聞きとることになりました。
 次回、見直した調査票をみんなで確認することになりました。
 

令和2年度 山田地区会員募集世話人会

先日、山田ふれあいハウスにて、令和2年度山田地区会員募集世話人会を行いました。例年であれば、6月に開催していますが、今年はコロナの影響でこの時期になってしまいました。
会では、社協の会員会費や共同募金の配分金である自主財源で、どのような地域活動を行なっているのか、その活動を通じて、相談者の表情や行動に変化があったエピソードなどを交えて、説明させてもらいました。
嘉麻市社協は、困った時に困ったと言えるお互い様の地域づくりを目指しています。その趣旨をご理解頂き、ぜひ会費のご協力をお願いし致します。

多様性の尊重

先日とある番組でジェンダーバイアスが取り上げられ、嘉麻市の取り組みが紹介されていました。
男女共同参画推進課が中心となり、小学校の授業で男女の役割のイメージ等について学ぶ時間を設けたということです。
また、違う番組では各地の大学で行われているミス・ミスターコンについて取り上げられており、性差別や外見差別の観点から、その在り方が変わってきているそうです。
昨今はLGBT等の言葉を頻繁に耳にするようになる等、多様性の尊重について、社会の関心が徐々に高まってきていることが窺えます。
誰もが自分らしく生きられる社会の実現に向けて、今後必要な取り組みについて改めて考えるきっかけになりました。

法律相談のご案内

法律相談では、弁護士が借金や相続、離婚などの問題について相談に応じてくれます。次回は令和2年12月3日(木)、山田ふれあいハウスで開催します。時間は、13時~16時まで、一人当たり30分間の相談時間となっています。
事前予約制で、先着順でのご案内となっていますのでお早めにご予約ください。

お問い合わせ :嘉麻市社会福祉協議会 0948-43-3511

自転車保険への加入の義務化

全国的に自転車利用者が加害者となる高額賠償事例が発生していることなど、自転車を取り巻く状況が変化しており、福岡県では10月1日から自転車保険への加入が義務化されました。
自転車の運転者と被害者を守るため、万が一事故を起こしてしまったときに備える必要があります。
本会でかかわっている方が自転車に乗っているため、情報提供をしていきたいと思います。