交流拠点づくり

今日は、碓井地区の交流拠点づくりの活動日ということで、Bさん宅にお邪魔して、協力者のCさんを交えて、これからのことについて話をしました。
誰もがふらっと立ち寄れて、お茶を飲んで、ゆっくりおしゃべりもできる場所にしたい、立ち寄る人が趣味や特技などを持ち寄れば、新たな活動にも広がるのではないかといったアイデアも出ました。また多くの人に来てもらいやすい場所にしていくための仕掛けとして、時々昔の映画を上映してもいいのではないか、パン作りを習って、ここで実際に作れば、匂いに誘われて、立ち寄る人もいるのではないかといった話もありました。
これから少しずつ、参加者の輪を広げながら、みなさんのアイデア満載のオリジナルの交流拠点づくりができればいいなと思っています。

懐かしの赤電話

碓井地区の住民Bさんから、近くの人がふらっと気軽に立ち寄れる交流拠点を作りたいという相談があり、少しずつ開設に向けた準備を進めています。
その方のお宅は、昔は個人商店を営まれていたということで、その店舗部分を使用できるように、協力者も募って、まず片付けから始めました。
明日もその続きを行うことになり、今日はその事前の打ち合わせに行ってきました。
Bさんの友人の方が遊びに来られていたため、室内に上がって、一緒に話をしているうちに見つけたのが、ダイヤル式赤電話です。
これは公衆電話として、実際に店先で大活躍していたものですが、今では、外国のコインを入れる貯金箱になっているそうです。
懐かしさのあまり、思わず写真を撮らせていただきました。
image4

在宅介護者の集い

Aさんは、長い間在宅で、母親の介護を続けてこられました。しかし昨年、お母さまの体調が悪化して医療機関に入院されました。Aさんはそれ以降も毎日病院へ通い続けていらっしゃいます。
先日そのAさんと街で、偶然会いました。Aさんは、私を見つけると「ちょっと聞いて!」と近づいてきてくださいました。
お母さまが7か月ぶりに自分の意志で口から食事をとることができたのだそうです。Aさんは、今度の在宅介護者の集いでみんなに話すのが楽しみだと話されていました。
在宅介護者の集いは、毎月第二木曜日に開催しています。お茶を飲みながら、それぞれの介護の近況を話したり、相談しあったりしています。Aさんが話されたように、つらいことを分かち合ったり、うれしいできごとを共有できる機会にもなっています。
次回は、3月12日(木)午後1時から山田ふれあいハウス会議室で開催する予定です。
ぜひ、在宅介護者の支えあいの輪に加わっていただければと思っていますので、関心のある方は、お気軽に下記までお問合せください。

お問合わせ先  嘉麻市社会福祉協議会  0948-42-0751

ひなまつり

3月3日、今日は桃の節句です。
「ひな人形を飾ったよ」と市民の方からお声かけいただき、ちょこっとおじゃましました(^O^)
とっても立派です。
???????????????????????????????
趣味でさげもん等を作られている方で、たくさんのきれいな飾りで楽しませてもらいました。
???????????????????????????????
小物もとっても可愛いです。
???????????????????????????????

天気が悪く寒い一日でしたが、雛祭りの飾りを見せてもらい、外では梅の花も見かけ、春を感じました(*^_^*)
暖かくなる日が待ち遠しいです♪

広報紙えがおNo109発行

社協だよりえがおNO109を発行しました。
109egao
下記アドレスからダウンロードできますので、ぜひご覧ください。
http://kama.syakyo.com/kouhou.htm

表紙・10年間ありがとう~稲築東小学校2分の一成人式~
p2・・ひきこもり勉強会・親の会が思いを語る・・成年後見制度Q&A
p3・・飯塚市・嘉麻市・桂川町社協公開講演会・地域で支え合う仕組みづくり口春福祉部・メンタルヘルス研修
p4・・寄稿「他者の痛みに共感するということ」
p5・・ブログ紹介、今月のえがお、社協だよりクイズ
p6・若者世代のサポーターと共に・ボランティア募集情報
p7・・・今月の一冊・炭鉱の記憶
p8~9・・・地域支えあい事業ご案内、かまっぴ合併号・指定葬祭場紹介、寄付・香典返し、会員会費のお礼・3月の総合相談
p10・・・ふるさとへの手紙、コラム交差点、編集後記

障がい児日中一時支援事業のご案内

本会では、障がいをもつ子どもたちが、学校の放課後や長期休暇期間を充実して過ごせる場を提供しています。現在、34名の子どもたちが利用していて、季節の行事やボランティアとのふれあいをつうじて楽しい時間を過ごしています。月に2回行っている『音楽の時間』では、講師の先生と歌ったり楽器を鳴らしてリズムにのったりしています♪
利用に際しては、事前の見学もできますので、お気軽にご相談ください。

★利用できるのは・・・18歳未満の児童で、嘉麻市、飯塚市、桂川町の地域生活支援事業の利用決定を受けた方です。
★利用場所は・・・本会の事業所は2ヵ所にありますので、ご都合に合わせてどちらも利用することができます。
・嘉麻北日中一時支援事業所 嘉麻市鴨生339-8(嘉穂特別支援学校横)
・嘉麻南日中一時支援事業所 嘉麻市上山田502-6(山田ふれあいハウス内)
★利用できる日時は・・・以下の時間帯の中で利用することができます。
・月曜日から金曜日⇒15時から19時まで
・土曜日、祝日、長期休暇期間⇒8時30分から17時まで(事前にご連絡いただければ、朝8時から、夕方は18時まで利用可能です。)
★利用料金は・・・1回につき122円~567円で、障がい区分や利用時間により異なります。(生活保護世帯の方は無料です)
★その他・・・本会独自のサービスとして
・おやつの提供⇒希望に応じて1日1回100円
・事業所までの送迎⇒距離に応じて100円~300円(利用に際しての送迎は、原則としてご家族が行うことになっています。しかし、それができない方につていは、平日のみ、市内の学校やスクールバスの停留所までお迎えに行っています)

利用についてなど、お気軽にお問い合わせください(^O^)
お問い合わせ先 嘉麻市社会福祉協議会 ☎0948-42-0751「

今月の一冊

270301k
この本は、長い間、発達障害に関わってきた2人の精神科医 石川憲彦さんと高岡健さんの対談で構成されています。
お二人は、発達障害ブームとも言える昨今の流れに疑問を抱いておられ、本人の希望とは異なる他者の求める進歩や発達のために、診断と治療を押し付けられている現状が詳しく書かれています。
どんな人でも発達障害だとカウントすることができる時代であることや、発達障害について、脳の異常と判断できるわけではなく、肯定的に受け止めるまなざしや多様性に尊重するゆとりを学校や社会が失っているため、増加傾向にあると感じられているだけであると述べられています。
次に、薬を使わない治療法に触れ、石川さんは、子どもが騒いで眠れないという保護者がいたら、子どもに睡眠薬を飲ませるのではなく、親のほうに飲ませるのが基本だと言います。また、「ほとんどの投薬は、病気に効くのではなく、生活上の必要悪である」と語り、薬を処分する問題点にも触れられています。「毒になるから使わないほうがいい化学物質をあえて使うためには相当の理由がいる」という言葉には衝撃がありました。
また、不登校については、かつては、背景にいろいろな病気があるとされて、病気を治療することで解決していこうという発想があり、それを発達障害と結び付けていたそうです。けれど、それは間違っていて、自分で自分を取り戻すためのとても価値ある生き方であることが書かれています。ひきこもり支援事業を担当している私にとって、とても勉強になりました。
障害を異質なものとして分けて「私がこの子を理解してあげなければ」と考えるのではなく、「この子と一緒にいると面白いな」「こうすれば伝わりやすいな」と当たり前のように接していけるような環境が大事であり、そういう見方を周囲の方たちがしてくれるかどうかによって、本人の生きやすさは変わってくることを強く感じた一冊でした。(きはら)

福岡県身体障害者体育大会のサポート

平成27年4月26日(日)に博多の森陸上競技場、クローバープラザ・アリーナ棟において、福岡県身体障害者体育大会が開催されます。この大会に嘉麻市から参加される選手の方々のサポートをしていただける方を募集しています。ぜひご協力ください。

日時:平成27年4月26日(日)午前8時~午後4時(雨天決行)
場所:博多の森陸上競技場 クローバープラザ・アリーナ棟
活動内容:視覚及び聴覚障がいをもつ方の誘導、車いすの方の補助等
募集人数:2・3名
募集締切:4月15日(水)
備考:当日は動きやすい服装でお越しください。当日は嘉麻市からバスによる送迎があります。また昼食は主催者側で準備します。
お問い合わせ・お申し込み先:かまボランティア・市民活動センター 電話0948-42-0751

ボランティア募集情報

間もなく春休みが始まりますね。本会で実施している障がい児日中一時支援事業では、春休み期間中に子どもたちと一緒に遊んだり、宿題の補助などをしていただけるボランティアさんを募集しています。
先日も、高校を卒業し、4月から大学への進学決まっている2名の方から、「ボランティアしたい」との連絡をいただき、さっそく活動できる日程を伺って、協力していただくことになりました。
このように、たくさんの方に関わっていただきたいと考えていますので、ぜひご参加ください。

≪日時≫
平成27年3月21日(土)~平成27年4月4日(土) 8時30分~17時
※日曜日は除きます。
※ご都合の良い時間帯だけでかまいません。
≪場所≫
嘉麻北日中一時支援事業所(嘉麻市鴨生339 嘉穂特別支援学校横)
嘉麻南日中一時支援事業所(嘉麻市上山田502-6 山田ふれあいハウス内)
≪内容≫
障がいをもつ子どもたちの遊び相手、宿題の補助
≪備考≫
動きやすい服装でご参加ください。また時間帯によっては弁当、飲み物をご準備ください。

お問い合せ先・お申し込み先 かまボランティア市民活動センター  電話0948-42-0751