第3クール活動2日目

八敷会館では、今朝も8時過ぎからボランティアの受け付けがはじまりました。           CIMG4593

職員2名も受け付を済ませ、作業現場である畑に向かいました。現場には、土砂の詰まった土嚢袋が山のように残っていましたので、まずは、トラックへの積み込みからはじめました。       CIMG4594

その後は、同じ敷地内にある別の畑に堆積した土砂を取り除く作業をみんなで手分けして行いました。12日にこの現場に来た時には、敷地一面にたくさんの土砂が残っていましたが、これまで現場に来られた多くのボランティアの力によって、すっかりきれいになり、地主さんも喜んでおられました。ボランティアの力の凄さを実感する2日間となりました。                               CIMG4597

第3クール活動1日目

今日は、土曜日という事もあって50人規模のボランティアが集まりました。作業は昨日に引き続いて畑に堆積した土砂剥がし、土嚢詰め、運搬用のトラックへの積み込みなどをみんなで行いました。土嚢袋は土砂を入れすぎると重くなり、特に人海戦術で一列になってリレーする際には、その重みを実感することとなり、リズムが乱れることも度々でした。 明日も午前中は、土嚢袋をトラックに積み込む作業を行います。        CIMG4568

作業終了後、職員2人は被害のひどかった八木地区に徒歩で行きました。土砂で押しつぶされた家々がたくさんあり、住宅街をのみ込んだ土砂災害のすざまじさを実感しました。                        CIMG4588

 

 

第2クール二日目

今日の緑井地区は、ボランティアの人数がこれまでで最も少なく、静けさのようなものを感じました。
活動二日目となる職員2名は、午前中、ボランティアのみなさんとともにチームを作って地区内をまわり、被災された家屋の前に積まれた土嚢をトラックに積み込む活動を行いました。
IMG_5662
水分を含んだ土が袋いっぱいに詰められたものもあれば、草が詰められた軽いものあるため、「重いよ」などと声を掛け合いながら、次々に手渡ししていきました。
???????????????????????????????
次の家屋に向かう途中には、その地区に住まれている方から、転出される方が多いこと、空き巣が相次いでいて、防犯カメラが設置されたことなどの話を伺いました。
午後からは、再び地区内を回って土嚢の回収を行いました。そして回収を終えると、次は畑へ移動し、畑に流入した土砂の撤去を行いました。土砂は粘土質で、そのままにしておくと、野菜を育てることができなくなることから、すでに固まりつつある土砂を手ではがして土嚢袋に詰めていきました。
???????????????????????????????
この活動は今日中には終わらず、到着した第三クールの職員に引き継ぎ、名残惜しさを感じながら、帰路へとつきました

第3クール職員現地到着

第3クール職員2名は、午後2時30分八敷会館に到着し、第2クール職員との引き継ぎを行いました。時間も早かったので、今日の作業現場であったところで、土砂を土嚢袋に詰める作業を行いました。畑には枝豆や紫蘇が育っていましたが、土砂をかぶって出荷できなくなったと言っておられました。明日もこの畑で土砂の撤去作業をすることになっています。少しでも力になれるよう頑張ります。

CIMG4557

 

第2クール初日

今日から第2クールの職員2名が広島市安佐南区緑井地区で活動に入りました。
午前中は高齢女性がお一人で暮らしてあったお宅の倉庫の中の荷物の搬出と床下に溜まった泥のかき出しを行いました。
???????????????????????????????
倉庫内の荷物すべて処分されるということでしたが、その方にとっては大切なものもあったはずです。一つひとつ丁寧にと自分に言い聞かせながら、活動しました。
午後からは、空き家となっていたお宅の庭や床下の泥をかき出し、片付ける作業を行いました。ここでの作業は、明日までかかる見込みでしたが、ボランティアの皆さんの連携と重機が入ったこともあり、今日いっぱいで終えることができました。
???????????????????????????????
明日は第2クール最終日となりますが、最後までがんばりたいと思います。

災害支援2日目

image

今日の緑井地区は、朝から大規模な捜索活動が行われていて、張りつめた空気が漂っていました。
そんな中、昨日から引き続き、土のう作りやトラックに土のうを積む作業を行いました。また重機が入り、樹木を根元から引き抜いてもらったりと大がかりな作業も手伝いました。
バケツリレーのように土のうを運ぶ作業も回数を重ねるごとに早くなり、またボランティア同士の連携が深まっていきます。
庭の土砂はある程度片付きホッとしたのもつかの間、家の溝には土砂がびっしりと詰まっていて、それを取り除いたりと次から次にすることが出てきます。
image
今日で別の職員と交代になりますので後髪を引かれる思いで帰路に着きました。

広島市災害支援1日目

災害ボランティア1日目。
今日は、7時45分に現地に到着し、即、活動でした。空き家になっているからと殆んど手つかずになっていたお宅へ行きました。
庭が20cm程の土砂で埋め尽くされていて、まずは家までの通路の土砂をスコップですくい、土のう袋に詰める作業。庭木が邪魔になり作業できないため、伐採もしました。その後は、ひたすら土砂かきです。
最初は、三人で活動していたのですが、作業が困難だったこともあり、次々に応援に来てくれて、1番多い時は40人。
今日、作った土のう袋は、およそ500にもなりました。
水を含んだ土はとても重く、またぬかるんだ地面に足をとられながらの作業でしたが、みなさん、黙々と作業を進められていました。
明日も同じお宅での作業となります。
image