嘉麻い隊うすい⑤

8月18日、上臼井公民館にて第5回協議体「嘉麻い隊うすい」を開催し、19名が参加しました。
今までの振り返りをした後、上臼井東自主防災会の山根会長から、自主防災組織について話していただきました。
 上臼井東には琴平山があり、20年以上前から地滑りが発生する危険性が高い地域です。台風や大雨などの時には、上臼井東公民館に集合し、要支援者の状況確認や避難誘導を行います。平常時でも一人暮らし高齢者に声をかけ、草取りなどの困りごとの手伝いをされているとのことでした。
山根さんの「自分達の住む地域は、先輩達が頑張ってくれたからここまできた。その人たちへの恩返しがしたい。この思いが自主防災組織にもつながっている。これからは僕らが頑張る番だが、同時にこの活動を若い人たちにも引き継いでもらい、もっと発展させていきたい」との思いに、みなさんも大きくうなづかれていました。
次回の協議体は9月8日(金)碓井公民館にて10時00分~開催します。協議体はどなたでも参加できます。みなさんのお越しをお待ちしています。

なつきちゃんにし⑤

8月17日、稲築保健センターで第5回協議体「なつきちゃんにし」を開催し、本会職員を含め17名が参加しました。社会福祉法人と連携した買い物支援について話し合っていくなかで、まずは、民生委員さんや地域の方と一緒に、実際に買い物に困っている方の自宅を訪問し、話を聞く。その上で、稲穂園さんと具体的な方法を打ち合わせていくことになりました。また、有田電気さんからは、スマートフォンを活用した支え合いシステムが紹介されました。
その後、9月26日開催予定の全体会議について、発表者を決め、報告する内容を確認しました。

次回の協議体は9月21日(木)10時より稲築保健センターで開かれます。お気軽にご参加下さい。 

社協だよりクイズ

広報紙えがおの中にクイズのコーナーがあります。正解者の中から抽選で2名に方に、図書券(千円分)をプレゼントします。

○応募方法

①クイズの答え、②広報紙の感想、③郵便番号・住所、④氏名、⑤年齢、⑥電話番号をご記入の上、ハガキ、またはEメールにてご応募ください。

○送付先

〒820-0205 嘉麻市岩崎1143番地3  嘉麻市社会福祉協議会

E-mail:tiiki@kama.syakyo.com

みなさんからのご応募お待ちしております(*^_^*)

フリースペース

8月10日(木)、寄ってこハウスでフリースペースを開催しました。久しぶりに来てくださった方が、近況報告をしてくださり、「元気そうで、久しぶりに会えて嬉しい」と声があがっていました。9月4日に開催予定の、勉強会の話もさせてもらいました。

今回は、長年に渡り、不登校やひきこもりに関する現場で活動をされている西村秀明さんにご講義いただきます。みなさん、是非ご参加ください(^^)♪


帰りがけに、寄ってこハウスの近くで、井戸端会議をされていた地域の方に、畑で収穫したスイカを見せてもらいました。夏を感じることができたひと時でした♪

市民後見人養成講座7日目

8月8日(火)、第5期嘉麻市市民後見人養成講座7日目を開催しました。

始めに特別養護老人ホーム初花施設長の百枝孝泰さんから、対人援助の意義と基礎というテーマで話していただきました。
成年後見制度における対人援助では、全ての人の自己実現と自己決定の権利を尊重して、その人らしい社会生活の実現を目指し支援をしていくこと、よりよい援助をするためには信頼関係の構築が重要であることを学びました。
また、2人1組になって聞き方に変化をつけながら対話するミニワークも行われ、適度に目線を合わせ、表情や相づちで反応を示すことの大切さを実感しました。

次に、公益社団法人福岡県社会福祉士会権利擁護センターぱあとなあの小幡秀夫さんから、成年後見制度と市町村の責務についての説明がありました。市町村では、何らかの支援が必要な人を発見するための体制をどのように整えるかが課題であるとのことでした。成年後見制度の利用の促進に関する法律のイメージ図や嘉麻市の実績のデータをもとに、成年後見の全体のイメージをつかむことができました。

台風が通過して

8月7日(月)、今日は、台風対策で閉めていた、寄ってこハウスの雨戸を開けに行ってきました。

蒸し暑く、日差しをじりじり感じながら雨戸開けの作業をしていると、水たまりで水浴びをしている鳩を見かけ、少し涼しく感じました。

嘉麻市には台風の大きな影響はなかったということで、まずはよかったと安堵し、テレビで放送される各地の台風被害の報道に、心が痛みます。

最近は、台風や大雨の予報が出る度に、東峰村のみなさんのことを思います。
明日の8月8日(火)、東峰村ボランティアセンターは、台風の影響による状況変化やニーズ等の調査を行うため、ボランティアさんの活動は休止となっています。9日以降につきましては、東峰村災害ボランティアセンターのフェイスブックやホームページでお知らせいたしますので、ご確認をお願いいたします。

ホームページ http://tohovc.jp
フェイスブック https://m.facebook.com/tohovc/

東峰村災害支援30日目

8月4日(金)、職員5名で東峰村災害ボランティアセンターに伺いました。今日はあまり気温が上がらず、活動しやすい一日となりました。午前中は、ローラー調査で訪問したお宅を地図に書き込む作業やニーズが完了したお宅の調査の準備を行いました。
午後からは、作業が完了した1人暮らしの高齢のお宅を訪問しました。ボランティアさんに手伝ってもらって助かったと話されると同時に、台風5号の影響でまた、土砂が流れ込むかと思うと夜も眠れないと、不安な気持ちを話されました。

台風5号が九州に接近し、上陸のおそれがあります。明日5日(土)は通常通りの活動を予定していますが、急な天候の変化により活動が中止になることも予想されます。詳しくは下記ホームページやフェイスブックをご覧ください。

ホームページ http://tohovc.jp
フェイスブック https://m.facebook.com/tohovc/

市民後見人養成講座6日目

 1コマ目は、「虫の家」事務局長の髙石伸人さんから、知的障がいをもった方が社会生活を営む上でどのような困難に直面しているのか、ご自身の経験から、気配りや思いやり、配慮しなければならないことなどをわかりやすく丁寧に話して下さいました。真正面から見たチューリップの絵を描く子どもが多い中、あるお子さんは上から見た花の絵を描かれており、人によって見方は違うということに気づき、相手を理解しようとする気持ちが大切と感じたそうです。
 2コマ目は、一般社団法人エール福岡の山本真理子さんからは、認知症の症状や種類、精神障がいの特性について、事例を通して話されました。認知症の方は、何もできないのではなくできる事があるので、本人のペースでしてもらい、見守ることや障がいを持った方には、あいまいではなくわかりやすく伝えることなどを学びました。

フリースペース

7月27日(木)、寄ってこハウスでフリースペースを開催しました。

外で温度計を見ると、36度と表示されていました。
最近は「こんにちは」ではなく「暑いですね」が挨拶になっているという話をみなさんとしながら、夏本番が来ているなと感じました。お話しする中で、せっかくだから夏らしいことをなにかしたいと、素麺流しやかき氷の話があがっていました。

今日は、月に一度のカラオケの日で、J-POP、ロックや演歌と、みなさん、思い思いの選曲をされていました。
参加された方は、このカラオケの時間のために、歌を練習してレパートリーを増やしているとおっしゃり、「今日もカラオケ楽しかったです」と言ってくださいました。
家から一歩出た先のフリースペースの時間を、楽しいと思っていただけたことを嬉しく思いました。

市民後見人養成講座5日目

7月25日(火)第5期市民後見人養成講座5日目を開催しました。

最初の講義では、笠松あんじゃ園施設長の青栁壮悟さんが「虐待防止法」について、詳しく説明をされました。虐待を予防するためには、早期発見、早期対応が重要であることを改めて学ぶことができました。

次の講義では、弁護士の松尾朋さんから、「消費者契約法」についてお話をしていただきました。私たちの生活の中で、身近な問題である契約について、具体的に説明していただき、いわゆる悪徳商法等への対応についても、学ぶことができました。

次の講義では、障がい者相談支援センターたいようの石本糸江さんから、「障がい者を支援するためのしくみ」について学ぶために、障がい者支援施策に関する理念や現状を説明していただきました。また、7月に開設された、ご自身も業務に携わっておられる「障害者基幹相談支援センター」の取り組みについても、お話をされました。相談者ご本人が、目的地にたどり着くまで、寄り添い支援をしていくことの大切さを学びました。