平成30年度 在宅介護者の集いリフレッシュ事業

 7月13日(木)、在宅介護者リフレッシュ事業を開催し、14名が参加しました。
 午前中は、福岡県朝倉市内にある、原鶴温泉延命館に行き、天然温泉や和洋折衷のコース料理を満喫しました。参加者から「ちょうどいいお湯加減で気持ちよかった。」「コース料理は品数があって、美味しかった。」と話されました。

 午後からは原鶴道の駅にて、買い物をしました。家族にお土産を買って帰る人や商品を見て回る人などそれぞれに過ごされました。「どれを買うか迷うね」と参加者同士で話しながらも楽しそうに商品を選んでいました。

「楽しかった。日ごろの疲れがとれた」「普段あまり話していない人とも会話して仲良くなれた」との声が聞かれ、外出して気分転換することや同じ悩みを持つもの同士のつながりを作っていく事の重要性を改めて感じました。

小野谷 あじさいロード

先日、小野谷のあじさいロードを通りました。色とりどりのあじさいが満開で、きれいに咲いていました。
小野谷の方に話を聞いたところ、花が終わったら茎を切って、来年に備えるそうで、来年も楽しみです。

また、太宰府市のゆたか保育園生が植えた芋の苗もしっかり育ってました。園児たちが10月には収穫しにくるそうです。

広報紙えがお149号を発行しました

7月1日、広報紙えがお149号を発行しました。
嘉麻市社会福祉協議会ホームページからもご覧になれます(^-^)
http://kama.syakyo.com/kouhou.htm
表紙は、宮野子ども会のキックベースの練習の様子です。その他、下記のような内容を掲載していますので是非ご覧ください♪♪
表紙・・・宮野子ども会~キックベースボール~
p2・・・今月のえがお、山田中学校ほたる同好会
P3・・・今月のブログ(折り紙、馬見山山開き)、嘉麻市認知症家族の会~こころの音の会~
p4・・・折り紙教室(木城集会所)、サロン紹介(下臼井西部サロン)
P5・・・協議体「なつきちゃんひがし」、ご近所さんの憩いの場
p6・・・「かまボランティア・市民活動センター情報、イベント募集
p7・・・ 今月の一冊「赤ちゃんポスト」は、それでも必要です、炭鉱の記憶
P8・・・社協だよりクイズ、8月の総合相談、山田ふれあいハウスからのお知らせ、指定葬祭場紹介
p9・・・香典返し・寄付、会員会費お礼
p10・・・ふるさとへの手紙、成年後見制度Q&A、編集後記

できることを手伝いたい

70代の男性の方が突然来所されました。開口一番に、「無料職業紹介所の看板を見たんだけど、私にも仕事を紹介してもらえるだろうか」との相談でした。ハローワークや広告の求人情報を頼りに、仕事を探しているそうですが、資格を活かせる職種に出会えず、モヤモヤした毎日を送おられます。
お話を聞いていくと、経済的に困っているわけではなく、何か自分にできることを探したいと考え、その結果が仕事探しだったそうです。
本会の支えあい事業の協力会員として、活動してもらえないか相談すると、ぜひ登録したいと言ってくださいました。また、お住まいの行政区で買い物に困っている方の話をすると、誰かの役に立てるのであれば、いつでも声をかけてくださいと心強い言葉をいただきました。
たまたま、市役所に用事があったついでの相談でしたが、私にとってはとても嬉しい出会いとなりました。

えがおから

以前、広報紙の「今月の笑顔」というコーナーで取材した方に、偶然お会いしました。
「広報紙に掲載されるのは恥ずかしかったけど、近所や親戚から見たよと声をかけてもらったり、懐かしい友達から電話が来たりと、思いがけない反響に、恥ずかしい反面嬉しかったよ」とおっしゃいました。
私まで、嬉しい気持ちになりました。

上臼井東のアセスメント

 6月26日、上臼井東公民館にて行われた上臼井東ふれあいイキイキサロンにおじゃまして、みなさんから上臼井東行政区のことを教えてもらいました。
 盆踊りや敬老会、年2回のお宮掃除を地域全体で続けており、サロンや子供会などの活動を通して交流の場を作っているとのことでした。
みなさんが組に加入しており、隣近所が把握しやすく、住民同士で草取りや買い物の手伝いなどのちょっとした助け合い活動も行われています。自主防災組織があり、台風や大雨の時には見守り活動をしてくれるので心強いが、地滑りの危険性が高い琴平山がそばにあるので怖いと話されました。
 また道の駅うすいやコメリ、コスモスやコンビニが近くに揃っているので利便性が高いが、若い人たちが外に出ていくので、必然的にお年寄りが増えており、最近はバスの本数も減り不安を感じるとの意見がありました。
 短い時間でしたが、たくさんのことを教えてもらいました。

嘉麻市認知症家族の集い こころ音の会 6月

 6月23日(土)、山田ふれあいハウスにて認知症家族の集い「こころ音(ね)の会」を開催し、2名が参加されました。
 本日は認知症サポータ養成講座のDVD交通機関編とスーパーマーケット編を見ながら、対応の仕方について勉強しました。店内に置いてあるお菓子を勝手に食べたら、同じ商品を何度も購入したら、改札口で迷子になったらなどを想定して、解説がありました。次々に質問したり、話を遮ったり、後ろから声をかけたりするのはよくなく、心にゆとりをもちながらゆっくり話し、同じ言葉をくりかえしたり、相槌を打つことで理解されていると思い安心して心を開くそうです。否定することなく認知症の方の尊厳を守ることを意識して接することが大切だと学びました。
 今後ついて、何か起こった場合は家族や地域包括支援センターなどと連携をとれるような仕組みを作っていく必要があるそうです。普段は話し合いながら情報交換をしていますが、教材となるDVDや資料などを持ってきて認知症について学んでいくこともいいと提案がありました。
 次回の日時は以下の通りです。事前申し込みは必要ありません。不安や悩みを抱えている方同士で、ご自身の思いを話してみませんか。お気軽にご参加ください。
次回日時:7月28日(土)13:30~15:00
場所:山田ふれあいハウス

むつみの会 陶芸教室

6月21日(木)上山田住民ホールで行われている陶芸教室におじゃましました。毎年の恒例行事となっている教室。初回は、箸置きづくりから始まり現在は、お皿や花瓶、茶碗に湯のみなど、みなさん思い思いの作品を制作されてました。伺った日は形作りで、来月に色付けをするとのことでした。制作中は真剣そのものですが、「それじゃ、焼酎がこぼれるよ。」「先生こっちこっちー」などの声が行き交い、和気あいあいの雰囲気でした。作品は、文化祭に展示予定とのことでした。出来上がりが楽しみです(^^)

あっとふるやまだ③

6月19日(火)、山田生涯学習館で第3回あっとふるやまだを開催し、12名が参加しました。

ローソンの方から、全国で取り組んでいる移動販売について話を伺い、山田校区で話し合ってきた内容を伝えました。
サロンや地域の行事など、人が集まる場所や高齢者が多いと思われる団地の集会所などでの開催が良いのではないかとの意見がありました。地元の商店とも話し合いの場が設けられることになっているそうなので、結果を教えてもらいながら、今後の方向性を考えていきたいと思います。
次回は平成30年7月17日(火)13時30分から、尾浦第一集会所で開催します。ぜひお越しください(^^)

花えがお

先日、40周年記念公園に立ち寄ると、花えがおのメンバーさんが花壇の整備をされていました。早朝、竹林からとってきた竹を支柱にし、高く伸びたグラジオラスが倒れないよう、ひもで括ります。今年も6月1日の慰霊祭に来られた方々をたくさんの花で迎え、たいへん喜んでもらえたようです。