Aさんの不安

1年前に、ある訪問看護ステーションから相談を受けたAさん。病気が悪化して入退院を繰り返していたことと相談することへのためらいがあり、会うまでに 1年かかってしまいました。その間担当の看護師とはAさんの了解を得て、Aさんの不安や悩み、病状などの情報を共有しながら、会えるタイミングを見計らっていました。
初めは住宅について悩んでいましたが、病気が進行するにつれ、亡くなった後のことを心配する声に変わっていきました。
話を聞くと、どうしたいか希望はしっかり持っておられましたが、Aさんが育った環境は複雑で、亡くなった後のことを手伝ってくれる身内はいません。
民法をきちんと理解した上で、Aさんの思いが叶えられるよう、一緒に考えていきたいと思います。

在宅介護者の集い「こころ」定例会 2019年9月

9月12日(木)、山田ふれあいハウスにて在宅介護者の集い「こころ」定例会を開催し4名が参加しました。
お盆に子どもさんやお孫さんが返ってこられた方が多く、日頃の疲れをリフレッシュすることができたと笑顔で話されていました。また、みなさんに10月1日から始まる赤い羽根共同募金の街頭募金の協力のお願いをして、今年もご協力をいただけることになりました。
次回は、10月10日(木)13時より、稲築住民センター2階会議室で開催します。ぜひご参加ください。

協力会員に感謝

1人暮らしのAさんの自宅は、山の麓に建っており、豪雨や台風の予報が出るたびに、避難所で一夜を明かしています。今年は避難勧告が多く、かなり疲れた様子です。
そんな中、お盆前から希望されていた庭の草刈りを、地域支えあい事業の協力会員さんの協力で、やっと行うことができました。
すっきりした庭を見て、とても喜んでおられ、久しぶりに明るい表情を拝見しました。

心配ごと相談のご案内

2名の相談員が、地域のみなさんが抱える生活上の悩みや困りごとの相談に応じます。
予約の必要はありません。
先に相談されている方がいらっしゃる場合、お待ちいただくことがありますので、ご了承ください。相談は無料です。
開催日時 9月25日(水) 13:00〜15:00
開催場所 稲築住民センター
ご利用の際は、直接稲築住民センターまでお越しいただき、1階の本会事務局までお声かけください。

秋の気配

お盆明けから雨が続き、朝夕涼しくなってきました。このまま秋になるのかなと思っていたら、ここ数日は蒸し暑い日が続いています。
先日、訪問途中の道で緑の葉っぱが茂った大木が目に留まりました。葉っぱの一部が黄色に色づいており、秋が近づいているな感じました。

日頃からの意識

先日、Aさんのお宅に伺い話をしていると、少しぎこちない表情をしていました。どうしたのか尋ねると「家に人が来ることはあまりないので緊張しています」と話されました。
私たちは、生活状況を知ることやできるだけ話しやすい環境で話してもらうことを目的に、自宅を訪問することが多くあります。また、「入って入って」と言い、リラックスした様子で話される人が多いこともあり、私自身、自宅を訪問することは相手のプライベートな空間に入るということであるという意識が薄れつつあることに気づかされました。
自宅を訪問することや話を聞くことを通じて、相手の生活エリアに入らせてもらっているという意識を日頃から忘れずにいようと感じたひと時でした。

第35回 嘉穂地域福祉推進委員会を開催しました

8月27日(火)、嘉穂老人福祉センターで第35回 嘉穂地域福祉推進委員会を開催し、7名の委員が参加しました。
 まず、委員会選出の本会評議員の選出について協議し、1名選出されました。
次に、委員会の選出母体について話し合い、嘉穂地区にある社会福祉法人の施設から委員を選出できないだろうかとの意見が出ました。
 事務局より昨年及び今年の嘉穂地区での災害ボランティアの活動について報告した後、委員のみなさんと意見交換しました。委員からは「昨年の西日本豪雨で被災された家に行政区のみなさんで手伝いに行った」という話があり、地域とのつながりが強いことが嘉穂地区の強みだなと感じました。
今後も、委員のみなさんと地域づくりについて考えていきたいと思います。

白い糸

Aさんの足首にはいつも白い糸が巻かれていて、何かのおまじないかな?と気になっていました。
先日、「これは何か意味があるんですか」と聞くと、転ばないようにと願いを込めながら糸を巻き、毎月31日には新しい糸に変えていることを教えてもらいました。
転ばないことを目標にしているAさんですが、このおまじないを続けることで、歩行にも気をつけるようになっているそうです。

嘉麻市認知症家族の集い「こころ音の会」 8月

8月24日(土)、山田ふれあいハウスにて認知症家族の集い「こころ音(ね)の会」を開催し、3名が参加されました。

 参加されたBさんが、8月初旬に体調を崩された話をされました。「認知症の家族を介護するにしても、病院に面会に行くにしても、自分の体調をきちんと整えることがまずは大切だという事を改めて感じた」と気持ちを話されていました。
 暑い日が続きますが、来月もみなさん体調を崩さずに集まって話ができたらなと思いました。

 嘉麻市認知症家族の集い「こころ音の会」は認知症の方を介護しているご家族が集まり、今か抱えている悩みや不安を話して、解決に向けてお互い考えていく場です。事前申し込みは必要ありません。お菓子やお茶を飲みながら、お話ししてみませんか。

次回の日時は以下の通りです。
日時:9月28日(土)13:30~15:00
場所:山田ふれあいハウス