なつきちゃんひがし①

4月18日(木)、鴨生町公民館にて2019年度第1回協議体「なつきちゃんひがし」を開催し、11名が参加されました。

鴨生町行政区では毎日ラジオ体操を行っています。先日、その最中に、靴を履かずに靴下で歩いている方を見かけ、様子がおかしいと思い警察に通報したそうです。結果的に、行方不明で捜索願いが出ていた方で、認知症で家がわからず帰れなくなっていたとのことでした。
また、毎朝行っていることもあり、登校中の小学生と顔見知りになり、挨拶を交わすようになるなど、子供の見守りにも繋がっています。
鴨生町行政区では、今後もラジオ体操の活動を活かして、見守りのしくみづくりについて考えていくことになりました。
次回は、5月16日(木)10時より平東公民館にて開催します。ぜひご参加ください。

第10回生活支援コーディネーター連絡会

4月17日、大刀洗町ドリームセンター展示ホールで開催された、第10回福岡県生活支援コーディネーター連絡会に参加しました。
県内の生活支援体制整備事業の実施状況についての情報提供があり、その後、各市町村から出された活動にあたっての課題と解決のための取り組み例を教えてもらいました。
グループワークでは、社協と行政の連携のあり方、通いの場から地域づくりにつなげる取り組みの過程を知りたいとの意見が出されていました。
また、地域づくりには福祉関係者以外の人がネットワークに入っているかどうかがポイントであるとの話がありました。
今回の連絡会をとおして、地域を歩きつつ、地域づくりを一緒に考えていく仲間を増やしていきたいなと感じました。

あっとふるやまだ①

2019年度になって初めての「あっとふるやまだ」を開催し、5名が参加しました。
地域のみなさんに協議体の趣旨を理解してもらい、たくさんの方に参加してもらうためにはどうしたらいいのか、また協議体での話し合いをどのように進めていくのかを話し合いました。
参加者のお一人から、知人の1人暮らしの女性が、高いところに収納しているものを取りたくて、たまたま訪問した郵便配達員さんに、手伝ってもらった話を聞き、困ったときに頼める仕組みづくりが必要ではないかとの声が上がりました。しかし、作業を手伝ってくれる人は見つけやすいが、相談を受け付けたりマッチングしたりする役割の担い手がいないため、参加した方がご存知の企業や人に、協力してもらえないか、また協議体に参加してもらえないか相談してみることにしました。
あっとふるやまだでは、今後支え合いの仕組み作りについて考えることにしました。

嘉穂ますます会①

4月15日(月)第1回協議体「嘉穂ますます会」を夢サイトかほで開催し、11名が参加しました。
今年度第1回目の協議体でしたので、昨年度の振り返りを行いました。
2月に、「移動販売があった方が良い」や「実態調査を行ったほうが良いのではないか」という意見あったため、実態調査について話し合いを行いました。平成29年度の調査では、移動のことを主に聞くアンケートを民生委員を中心に聞き取りを行ってもらいましたが、今回は買い物について、聞いてみたらどうかとの意見が出ました。
次回の嘉穂ますます会では、実態調査(案)などを、みなさんと一緒に考えていくことになりました。
また、寄せられている相談について「家に大きな木があり、落ちた葉っぱでご近所トラブルになっている。木を切りたいがどうしたらよいか」など教えてもらい、参加者のみなさんと一緒に共有しました。前回寄せられた「入院時のペットのお世話については、親族に相談して見てもらえるようになった」そうです。

(次回のお知らせ)
日時:5月20日(月)13:30~
場所:旧宮野小学校
どなたでも参加できます。お気軽にお越しください。

なつきちゃんにし⑪

3月22日、漆生本村公民館で第11回「なつきちゃんにし」を開催し、8名が参加しました。前回の振り返りをした後、稲築西地区で行う買い物支援の利用者が4名になったことを報告しました。
次に、山野第一行政区の見守り訪問活動の内容を振り返り、地域での見守りについて、みなさんと話し合いました。漆生本村では、坂になっている場所や家が離れているところなど、見守りが難しい土地もあるので、連絡の取り方や連携の仕方など体制を整えた方がいいのではないかとの意見が出されました。
また、電話がなく、聴覚に障がいがあるAさんからの相談をもとに、Aさんの生活のイメージや地域でどのような見守りができるか話し合いました。そのような方を4人知っていると話していたメンバーからは、玄関先まで来てもらうため、以前は家の中に手紙を入れたりしていたが、今は連絡が難しくなり、視覚で情報を伝えるなど何かいい方法がないかと思っているとの話が出されました。声が聞き取りづらく、話していても分からないことが増えると、人と関わりたくないとの気持ちが芽生えないだろうか、といった意見も出されました。自分の生活に置き換えた時に、どのようなしくみがあれば生活しやすくなるか、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。

次回は、4月18日(木)、13:30から軽費老人ホーム稲穂園で開催します。ぜひご参加ください。

嘉穂ますます会⑪

3月18日(月)第11回協議体「嘉穂ますます会」を夢サイトかほで開催し、12名が参加しました。
前回の振り返りをした後、大刀洗町に視察行った報告をしました。大刀洗町では、4つの小学校区ごとに体操を週1回行い、その後の時間を利用して麻雀や花札などのゲームを楽しんでいらっしゃることや高齢者の資源ごみのをごみ収集会社が見守り活動を兼ねてサポートしていること、車を貸し出して巡回バスが走っていることなどを説明しました。
前回、移動販売について意見が出たため、山田校区の協議体の取り組みや配達してくれるお店、病院で行われている移動販売など、他の校区での取り組みをみなさんで共有しました。その中で、「利用する人がいないと仕組みづくりは難しいのではないか?」「実態調査を行ったほうが良いのではないか」という意見がでました。まずは調査の方法について、みなさんと検討していくことになりました。
また、「入院した時に、ペットの世話をどうしたらよいか」「高齢になり野菜作りが出来なくなった」など、他に寄せられた相談から地域づくりを考えていくことも良いのではないかとの話が出ました。
いろいろな視点と発想で、仕組みづくりを考えていきたいと思います。

(次回のお知らせ)

日時:4月15日(月)13:30~

場所:夢サイトかほ

どなたでも参加できます。お気軽にお越しください。

大刀洗町生活支援体制事業視察研修

3月12日(火)大刀洗町の生活支援体制整備事業の視察に市民の方3名と職員3名で伺いました。
午前中は小学校区ごとに行われている健康体操のグループが、体操後に麻雀や花札、塗り絵などをされており、見学させてもらいました。今日は2つのグループで麻雀をされていました。自分の持っている牌をみんなに見える様にして並べるため、初心者の人でも周りの人から教えてもらいながら、気軽に参加できます。「これを捨てたら?」「役は?」「違う、こっちこっち」と会話が弾み、笑い声がたえませんでした。
午後からは、大刀洗町社協で大刀洗町の独居高齢者等見守り戸別収集事業や生活支援体制整備事業、小地域福祉活動について教えてもらいました。
企業と取り組むゴミ出しやみ各行政区で実施されている要援護者の見守りネットワーク事業など、体制整備事業だけでなく、社協の地域福祉活動についても教えてもらいました。
見守りを行う人も見守られる人もストレスを感じることなく、できる範囲で行うことが、長く続く秘訣だそうです。
今回の研修で学んだことを、今後の地域づくりにいかしていきたいと思います。

嘉麻い隊うすい⑪

 3月8日(金)、光代公民館にて平成30年度第11回協議体「嘉麻い隊うすい」を開催し、8名が参加しました。

 光代行政区では、毎年春から夏にかけてお花を植えて地区を綺麗にしていく活動が行われていることや公民館で毎週金曜日にカラオケ大会があること、農業をしている人が多く、昔からのつながりがあり、自然と近所で助け合いの出来る関係性になっているそうです。その一方で若い世代が外に出ていくので後継者が少なくなっていることや地区で役を持つ人が同じで、その人に負担がかかり過ぎているとの心配する声もありましたが、「光代は長閑で施設が近くにあるから住みやすいと思うよ」「近所同士は比較的仲がよくて、元気がいい人も多い事がここの強みだね」と楽しそうにお住まいの行政区の事について会話する姿がとても印象的でした。
 先日行った意見交換会についての報告も行い、碓井地区にいる若い世代がもっと地域とつながるようにすることを意識して進めていったらどうかのとの声があり、参考にしていきたいと思います。
 次回は、4月19日(金)上臼井地区公民館にて13時30分から開催します。協議体はどなたでも参加できますので、気軽にお越しください(^^)

嘉麻い隊うすい 3月会場変更のお知らせ

3月の嘉麻い隊うすいの会場は、西郷公民館から光代公民館変更することになりました。
日時は、3月8日(金)13:30からで、変わりありません。
協議体はみなさんの思いや考えを話す場であり、どなたでも参加できます。是非ご参加ください。

碓井校区協議体意見交換会

 2月27日(水)、嘉麻良創夢デイサービスセンター内にて碓井校区協議体意見交換会を開催し、校区内の福祉関係の事業所等から12名が参加しました。
 
 自己紹介や協議体の説明を行った後、日ごろ相談を受ける中で、既存のサービスや制度で解決できなかった相談について教えてもらいました。ゴミ出しや草刈り、買い物や移動手段など、ちょっとした困りごとなどがあがり、それらを解決するために、自費で依頼できるサービスを紹介するなどして対応されたそうです。みなさんからは、解決に向けて事業所として協力できることやあったらいいなと思う仕組み作りについて、様々な意見が出ました。SNSを使って困っている人と協力できる人をつなげるような仕組みを作ったらどうか、個人や団体などに協力者を募り、まずは相談を受け付けてくれる協力隊の目印のようなものを目立つところに貼って広報していったらどうか、また、自分たちがいろいろな人とつながって、若い世代にも協力者を増やしていくとよいのではないかとの声がありました。
 話を進めていく中で、地域には協力したいという人はいるが相談窓口になるのはハードルが高いとの意見があるので、まずは相談窓口になってもらえる事業所や関係機関を募ってみようということになりました。今後も、協議体の場や協議体サポーターの集まりで、仕組みづくりに向けた話し合いを重ねていくことになりました。