なつきちゃんひがし⑪

2月15日(木)、稲築保健センターにて第11回「なつきちゃんひがし」を開催し、10名が参加しました。

今日は、これまでの協議体の振り返りと来年度の協議体について話をしました。
稲築東地区では、他地区と比べて一人暮らしの女性が多いとのことでした。また、嘉麻市全体で一人暮らしの高齢者が増えているため、声かけや見守り活動がますます必要になってくるのではないかとの意見が出されました。ある行政区では、地域の方から「近所の方が1週間自宅を不在にしているようだけれど、何かあったのかな」との連絡を受けて、訪問することがあるそうです。見守り活動には、変化することだけでなく、新聞が溜まったままになっていないか、雨戸が閉まったままになっていないかなどの変化しないことに気づくことも大切なのだと感じました。
次回の協議体は、平成30年3月15日(木)10時から稲築保健センターにて開催します。協議体の役割についての勉強会を、なつきちゃんにしと合同で開催する予定です。ぜひお越しください(^^)

なつきちゃんにし ⑪

2月15日(木)、10時から稲築保健センターで第11回なつきちゃんにしを開催し、13名が参加しました。

協議体のこれまでの取り組みを説明した後、来年度の協議体開催会場となる公民館名や開催日時をお知らせしました。また、買い物支援をチラシで知った方から相談があったことを報告しました。
今日は、本会の広報紙で協議体に興味を持った方が初めて参加されました。お住いの行政区には坂道があり、買物に困っている高齢の方がいらっしゃると聞き、行政区長に、チラシを回覧してもらえないか、相談する予定です。
次回の協議体は3月15日(木)10時から稲築保健センターで開催します。講師を招いて協議体の役割について勉強会を開催します。
どなたでも参加できますので、ぜひご参加下さい。

あっとふるやまだ⑪

2月13日(火)、第11回「あっとふるやまだ」を開催し、11名が参加しました。

前回、3つの商業団の話を聞き、一緒に考えたいとの意見があったため、具体的にどのようなことが聞きたいか話し合いました。「それぞれの商店の実情を知りたいね」、「地域の課題を知ってもらい、その中で、自分たちにできることを一緒に考えていけたらいいね」などの意見がありました。
今日は、熊本県荒玉地区社会福祉協議会のみなさんが視察に来られていたため、協議体に参加しているみなさんから、協議体の参加しようと思ったきっかけを教えてもらいました。「介護保険がどんな風に変わるのか知りたいと思った」「自分たちの地域のことを考えたいと思った」等の意見があり、協議体への思いを振り返る機会になりました。
生活支援コーディネーター同士で意見交換もでき、お互いに刺激を受けることができました。

次回の協議体は、平成30年3月13日(火)13時30分〜 山田生涯学習館にて開催します。ぜひお越しください(^^)

嘉麻い隊うすい⑪

 2月9日(金)、碓井公民館にて第11回協議体「嘉麻い隊うすい」を開催し、9名が参加しました。

 最初に、12月の協議体で話し合った社会資源を見える化する方法について話し合いました。「文字ばかりのリストは見えづらいので、図などを入れてマップみたいに作成したらどうか」や「誰が見てもわかる料金の目安などの情報を載せたらいいのでは」などのの意見がありました。
 また話を進めていく中で、地区によってサロンはあるがメンバーが固定化され、新しいつながりに広がりにくくなっていることや災害への危機感に温度差があることなどの悩みを共有しました。
 来年度の協議体では、開催する行政区公民館を増やすことで、その地区の困っている方々に出会う効果を目指していることや協議体への参加の呼びかけるため、区長さんに相談する機会を作ること、社会資源マップ作りを同時に進めていくことにしました。 
 次回は、3月9日(金)人権啓発センターあかつきにて13時30分から開催します。協議体は、みなさんの思いや考えを話す場です。ぜひご参加ください。

なつきちゃんひがし⑩


平成30年1月18日(木)、第10回なつきちゃんひがしを開催し、10名が参加しました。これまで、市民活動団体の立ち上げについて話を進めてきましたが、「市民活動団体として助成金の申請をしなくても、他に自分たちでできることがあるのではないか」との意見が出ました。花壇づくりをつうじた居場所づくりについては、13ある行政区へ働きかけをしていくことになりました。
次に、来年度の協議体に向けて、参加してもらいたい企業や施設、人について話し合い、地元のガス会社や病院、そして施設の具体的な名前がたくさん出されました。
協議体の開催場所については、公民館を使用することができないか区長さんへ相談をしています。「公民館で開催されるようになったら、場所が分からないところもあり不安があるけれど、近くに住んでいる人も誘って参加できたらいいね」との声もありました。
笑い声が沸き上がるなど、和やかな雰囲気の中協議体を行うことができました。
次回の協議体は、平成30年2月15日(木)10時〜 稲築保健センターにて開催します。ぜひお越しください(^^)

生活支援コーディネーター連絡会

平成30年1月17日(水)、稲築地区公民館にて生活支援コーディネーター連絡会が開催され、県内の生活支援コーディネーター80名以上が参加しました。

初めに、協議体についての説明がありました。住民が主体となって、地域の方に仕組みや協議体の方向性を決めてもらうことや、そのためには生活支援コーディネーターが、今ある社会資源を見える化することが大切であると学びました。
また「我がごと丸ごとの地域づくり」において、地域の連携が必要であること。地域の方に協議体に参加してもらうには、生活支援コーディネーターが地域に出向き、その行政区の生活や困っていることを身近に感じることが大切であると教えられました。
その後、2人組をつくり、生活支援コーディネーターとして取り組みたいことやそのために必要なことを2分間で話し、感想やアドバイスを伝え合いました。
今回の連絡会で、生活支援コーディネーターとしての姿勢や役割を改めて認識することができました。

嘉穂ますます会⑩

 1月15日(月)、足白公民館にて第10回協議体 嘉穂ますます会を開催しました。公民館周辺には雪が少し残っていましたが、寒い中19名の参加がありました。

 行きたいところへ行ける仕組みづくりでは、お試し乗り合いタクシーをまずは協議体参加者で体験してみようということになりました。アンケートの結果で買い物にお困りの方が多かった千手・足白・宮野の民生委員さんに協力してもらいたいとの声があがりました。また、お試しする際に確認したいことを、事前にまとめたほうが、より有意義になると意見が出ました。
 その後、電球の取り換えや、庭の草取りなどのちょっとした困りごとを、30分300円の「てご券」を用いて引き受ける、日田市の取り組みについて、協議体メンバーの方から提案があったので、みなさんと率直な思いを話し合いました。「嘉穂地区にもあったらいいなと思うけど、窓口をどこにするのかなどリーダーシップをとってくれるところを見つけないといけない」「高齢化は進む一方で、地域住民だけの支え合いでは限界があるので、企業を巻き込んでいきたい」と声があり、まずは同様の活動をしている稲築地区の話を聞いてみようということになりました。
 本日は糸島社会福祉協議会からの視察があり、「地域の方の意見の1つひとつを丁寧に聞き、みなさんと一緒に考えていくことが大切だと思いました」と言われていました。

 次回は2月19日(月)10:00~夢サイトかほで開催しますので、是非ご参加ください。

自分の住んでいる地域のことを話しませんか?

本会では、高齢者介護課から生活支援体制整備事業を受託し、5つの中学校区で地域のことを話し合う協議体を毎月開催しています。もっとたくさんの市民のみなさんに参加してもらえるように、来年度は地区公民館での開催を増やしていきたいと考えています。
年齢を重ねると、生活の中で困ることや不安に感じることが増えていきます。その困りごとや不安を、一人だけの問題とするのではなく、地域の中には同じ困りごとを抱えている人がいるんだという視点で、地域で解決できる仕組みづくりを目指しています。
協議体は誰でも参加できます。また協議体の開催に合わせて、出張相談窓口も開設していますので、ぜひご参加ください。
・稲築西地区、東地区
1月18日(木)、2月15日(木)、3月15日(木)、いずれも時間は10時から、場所は稲築保健センター3階です。
・碓井地区
2月9日(金)碓井地区公民館、3月9日(金)人権啓発センターあかつき、いずれも時間は13:30からです。
・山田地区
1月16日(火)山田市民センター、2月13日(火)山田生涯学習館、3月13日(火)山田生涯学習館、いずれも時間は13:30からです。
・嘉穂地区
1月15日(月)13:30~足白公民館、2月19日(月)10:00~夢サイトかほ、3月12日(月)13:30~夢サイトかほ

なつきちゃんひがし⑨

12月21日、稲築保健センターにて第9回協議体「なつきちゃんひがし」を開催し、12名が参加しました。
まず初めに、稲築東地区で活動をしている各団体から、活動状況を報告してもらいました。
花壇づくりについては、行政区長とメンバーの協力のもと、ビオラやグラジオラスなどの花を植えたそうです。銭代坊子ども会からは、もちつき大会の案内がありました。
続いて、今回の話し合いの中で、来年度の協議体について意見を出し合いました。メンバーからは、「水面下において、みんなで熱心に動いていかないと話が進まないのではないか」「協議体は、様々な団体が集まって話し合い、垣根を越えて協力できるようなしくみをつくっていく場にしたら良いのではないか」との意見が出ました。来年度は、より地域に密着して話し合いができるように公民館などを回り、多くの方と一緒に地域について考えていけたらいいなと思っています。
次回は平成30年1月18日(木)10時から稲築保健センターで開催されます。どなたでも参加できますのでぜひご参加ください(^^)

なつきちゃん にし⑨

12月21日、16名が参加して第9回なつきちゃんにしを開催しました。
買い物支援のチラシについては、お試しを予定している行政区から、区長さんに相談して回覧することを確認しました。また、相談を受けてから稲穂園さんにつなぐまでの手順についても話し合いました。
買い物支援については、ある程度方向性が決まったため、今後の協議体の進め方について、みなさんで話し合いました。その中で、高齢者や子どもの見守り機能のある「みまもりCUBE」の紹介があり、システムや操作方法について、みなさんから様々な意見が出ました。
また、来年度の協議体は、市民の方への周知を図るために地域の公民館を巡回してみることになりました。内容については、次回の協議体までにメンバーそれぞれが考えます。
次回は平成30年1月18日(木)10時から稲築保健センターで開催されます。どなたでも参加できますのでぜひご参加ください