あっとふるやまだ⑨

12月12日(火)、山田活性化センターにて、第9回あっとふるやまだを開催し、本会職員を含む12名が参加しました。

嘉麻市商工会議所の中西さんから、買い物応援バスとカーブーツ嘉麻について、話してもらいました。カーブーツとは、車のトランクを開けて出店するスタイルのフリーマーケットで、ハンドメイドの雑貨やリサイクル品等を販売するそうです。また、商工会議所では、スーパーが閉店し買い物に困っている人たちのために何とかしたいと奮闘しているが、商店の高齢化やマンパワー不足が課題となっていることなどを教えてもらいました。
その中で、本年度イベントとして企画したカーブーツ嘉麻を、来年度は定期的に開催し、地元の商店からも出展してもらったり、食品や日用品などを販売ができないか検討されているそうです。メンバーからは、「高齢者も楽しく買い物できそうだね」「店を空けることができない地元商店に代わって商品を販売するボランティアがいればいいな」「商工会議所が買い物の仕組みを考えているのであれば、協議体では会場までの移動手段を考えてみたい」等、たくさんの意見がありました。今後は、商工会議所と協力し、地域のみなさんが買い物しやすい仕組みを考えていきたいと思います。
次回の協議体は、平成30年1月16日(火)に、山田市民センターにて開催します。ぜひご参加ください(^^)

嘉穂ますます会⑨

12月11日(月)、下牛隈公民館にて、第回嘉穂ますます会を開催しました。今日は新宮町の担当課や社会福祉協議会から7名の方が視察に来られ、本会職員を含む25名の参加となりました。
 前回の協議体で、お試し乗り合いタクシーを千手地域でやってみようと決まったので、行き先をどこにするのか、実施する際の課題、事前に声かけすべき企業などについて話し合いました。「やってみてどうだったのかを知るためにも、まずは、民生委員さんに体験してもらってはどうか」「タクシーの運転手さんに手引きなどの介助や荷物運びまでお願いしたら負担になる」などの意見が出ました。今日は大隈タクシーさんが来られなかったので、詳細は相談の上で、決定していくことになりました。
 その後、来年度の協議体の開催場所や日程、協議体に参加してもらいたい企業などについて意見を出し合いました。さくら学園さんや嘉穂地区の各スーパー、消防団や病院にも声かけし、まずは協議体を知ってもらい参加を呼びかけることになりました。

 新宮町の方からは、「活発に意見交換され、楽しまれている様子で素晴らしいなと思った」「お試しでまずやってみるということが大切だと思った」などの感想が聞かれました。
 次回の嘉穂ますます会は、来年の1月15日(月)に足白公民館で開催します。協議体はどなたでも参加できます。みなさんのお越しをお待ちしています(^^♪

嘉麻い隊うすい⑨

12月8日(金)、上臼井公民館にて第9回協議体「嘉麻い隊うすい」を開催し、10名が参加しました。

久々に参加された方もいらっしゃったので、自己紹介と今までの振り返りを行った後、上臼井行政区副区長の福田さんから上臼井の行事や繋がりについて話してもらいました。
昔から地域にある日吉神社では、隣組が交代で掃除を行っており、その集まりが地域のつながりになっていることや上と下地区に分かれて開催される盆踊りの違いなどを教えてもらいました。
最近は、若い人たちが減っており、高齢化も進んでいることから組に入らない人も多いという、ほかの地域でもある課題があることも分かりました。今、立ち上げの準備をしている自主防災組織の取り組みが、災害などのいざという時の繋がりになればいいねとの意見が出ました。
次に参加者のみなさんと、今後の協議体の進め方について話し合いました。今回の協議体で、上臼井のことをよく知っている方から話を聞くことで、地域のことを知ることができたので、それぞれの行政区の人と繋がり、人や行事などを見える化して、地域マップを作っていくのもよいのではないか。その中には、みなさんが知らない社会資源がたくさんあると思うので、それ発信してみてはどうかとの意見がありました。今後の協議体において、碓井地区のマップ作りを整理していきたいと思います。
次回は、1月12日(金)西郷公民館にて10時から開催します。協議体は、みなさんの思いや考えを話す場です。ぜひご参加ください。

平成29年度 福岡県生活支援コーディネーター養成研修 2日目

12月1日(金)、平成29年度福岡県生活支援コーディネーター養成研修の2日目が、飯塚市商工会議所で開催されました。
最初に、本会事務局長の木山から生活支援コーディネータ―独自の視点や役割について話しました。仕組みづくりは、先に要項を決めるのではなく、実践してみてそれを積み重ねた後、要綱づくりをしていく「帰納法」について説明を受け、そこに繋がる住民主体を考えました。また、する側とされる側の関係ではなく対等性をつくり、誰にでも出番がある地域社会をコーディネートしていくことが大切だと学びました。

午後は、うきは市社会福祉協議会の相良さんと中川さんから、高齢者に係る地域アセスメントの手法について伺いました。地域に出て、五感を使って情報収集し、地域の実情に応じた手法を見出すやり方を学び、話したことをわかりやすくまとめたマインドマップを紹介されました。

その後、グループごとに生活支援コーディネータ―を一人決め、協議体の話し合いに見立てたグループワークで、移動や買い物の仕組みについて話し合いました。「どうしたらよいか悩んでいたので、同じ思いを持つ人とたくさん話せて楽しかった」「事例発表を聞いたり情報交換できて、自分の地域に重なるところがあったので生かせると思う」と参加者から声が聞かれました。
地域のみなさんが主体となる地域づくりや協議体のあり方について学んだことを、今後の協議体や普段の仕事に生かしていきたいと思います。

新生活支援事業勉強会

11月27日(月)、さわやか福祉財団の呼びかけで新地域支援勉強会が、本会会議室で開催されました。
山口県防府市健康福祉部高齢福祉課の中村一朗さんから、防府市で展開されている協議体から生まれた住民主体の活動について話を聞きました。
「幸せます健康くらぶ」という移動支援の仕組みや、仕組みづくりのきっかけが地域ケア会議や地域の方との雑談の中にあったこと、それらのヒントが居場所や助け合いの仕組みに繋がったことなどを具体的に教えてもらいました。あったらいいなと思う仕組みを協議体で話し合ったら、まずは積極的に、かつ柔軟に試してみることで、そこから新たな道が開けることもあるとアドバイスをいただきました。また、社会福祉法人等はもとより、必要であれば福祉とは関係のない企業との連携も大切だと改めて思いました。
急遽決まった勉強会でしたが、61名とたくさんの方が来てださり、各市町村の進捗状況や悩みなどを共有し、和やかな雰囲気で勉強会が終了しました。その後会場では、参加者同士が名刺や情報を交換され、交流の場となっていました。
勉強会で学んだことは、今後の協議体に生かしていきたいと思います。

なつきちゃんにし⑧

第8回なつきちゃんにしでは、本会職員を含む14名が参加しました。
第7回協議体で話し合ったリスク管理を中心に話し合いました。事故が起きた場合の保険や案内するチラシの内容、配布方法など、参加されたから活発な意見が出されました。
その後、来年度の協議体について、開催回数や開催場所、内容についてみなさんからの意見を伺いました。次回の協議体は12月21日(木)10:00から稲築保健センターで開催されます。どなたでも参加できますので、ぜひご参加ください。

なつきちゃんひがし⑧

11月16日(木)、第8回協議体「なつきちゃんひがし」を開催し、本会職員を含む16名が参加しました。

前回の振り返りをした後に、市民活動団体や助成金、空き家の問題について意見を出し合いました。
空き家の草刈りをするにも、燃料や機材を揃えるための費用が必要になりますが、その予算をどのように確保するのかという課題が出てきました。今後は、口春行政区の「お助け隊」やすでに取り組んでいる活動団体の取り組みを参考にしながら、話し合いを進めていきたいと思います。また、市民活動団体の立ち上げに向けて、少しずつですが形にしていければと考えています。
次回は12月21日(木)10時から、稲築保健センターにて開催します。ぜひお越しください(^^)

あっとふるやまだ⑧

11月14日(火)、下山田公民館にて第8回あっとふるやまだを開催し、本会職員を含む13名が参加しました。

初めに、前回の協議体で開催した、10月に開催したお試し移動販売を振り返り、利用された方や中止になった尾浦第一、下宮、下山田地域の方から伺った意見を共有しました。
その後、今後のあっとふるやまだの進め方について話し合いました。地元の商店や社会資源を大切にしながら、地域の買い物に困っている方が利用しやすい仕組みをつくりたいとの意見が多くありました。まずは商工会議所や商業団の方に、協議体について知ってもらい、仕組みづくりを一緒に考えてもらえないか働きかけることになりました。
次回は12月12日(火)13時30分から、山田活性化センターにて開催します。ぜひお越しください(^^)

嘉穂ますます会⑧

11月13日(月)、第8回 嘉穂ますます会を千手いこいの家で開催し、16名の参加がありました。話しやすいように3つのグループに分かれて座り、最後に発表してみなさんで共有し、更に意見交換をしました。

 市バスのバス停を思い浮かべながら、設置場所を増やしたり移動できないかを考えたり、お試し乗り合いタクシーを千手地区でやってみようと決まりました。
 来年度も月に1回のペースで協議体を開催したいとの声や宮野地区や大力地区でも開いてはどうかとの意見が出ました。また、「オレオレ詐欺の手口や、お口の体操について知りたい」「移動の仕組みをすでに取り入れているところから話を聞きたい」「勉強会をするときは、老人会や女性の会の方にも声かけして参加してもらい、協議体を広めることに繋げたい」などたくさんの意見を聞くことができました。
 今日は、みなさんと普段話をするような距離感で、和やかな雰囲気で話し合いが進んでいるように感じました。協議体であがったことは、市役所など適切なところへ報告したり、今後のますます会の活動に生かし、行きたいところにいける仕組みづくりに繋げていきたいと思います。

嘉麻い隊うすい⑧

11月10日(金)、飯田公民館にて第8回協議体「嘉麻い隊うすい」を開催し、11名が参加しました。

初めて参加される方もいらっしゃったので、自己紹介をした後に今までの振り返りや地域でみなさんが気になっていることについて話し合いました。空き家が増えたことや外で子どもの声を聞くことが減り、地区全体が寂しくなっている。地域で顔の見える関係を効果的につくっていくためには、碓井地区全体で世代間を超えたイベントを企画したいとの声がありました。また、自分たちの地域のことを考えるには、区長や民生委員、老人会などの役員さんにも来てもらい、地域全体で話し合っていきたいとの意見もありました。
私たちが忘れてはいけないのは、困っていても困っていると言えずに1人で悩んだり苦しんだりしている人がいるということ。その人たちとつながり、その声をどのように繋げていくのかが大切だということを、みなさんで共有しました。
碓井地区の次回の協議体は、12月8日(金)上臼井公民館にて13時30分から開催します。協議体はどなたでも参加できます。みなさんのお越しをお待ちしています。