九州北部豪雨から3年

平成29年の九州北部豪雨から、今日で3年経ちました。また、昨日未明の九州南部豪雨から、一夜経ち徐々に被害状況が明らかになり、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
今までは、災害が遠いところのお話と感じる方が多かったと思われますが、近年は身近に起こりうる出来事になってきています。
九州北部地方にも8日まで梅雨前線が停滞すると予報されています。避難経路や避難場所をご確認下さい。

南九州で大雨

九州南部で昨夜から降り続いた大雨は、土砂崩れや河川の氾濫など大きな被害をもたらしました。家屋の倒壊や土砂の流入のみならず、人命に関わる被害も明らかになってきました。
天気予報では、8日まで前線が停滞するといわれています。今一度、避難に備えて、身の回りのものをご確認ください。

ボランティア活動保険

ボランティア活動保険は、ボランティア活動中における自身の怪我や他人の所有物に損害を与えてしまった場合など、万が一の事故を補償するものです。令和元年度中に加入されている方は補償期間が令和2年3月31日で満了となります。令和2年度の加入については、受付が開始されているため、お早目に加入をお願いします。また、令和2年度より、加入プランが基本プランと天災・地震補償プランの2種類に変更となりました。
活動の内容によっては、保険の対象にならない場合もありますので、詳しくはセンターまでお問い合わせください。
 
●補償期間:令和2年4月1日から令和3年3月31日まで
※4月1日以降に加入された方は加入日の翌日からの適用となります。
●年間保険料:基本プラン350円
       天災・地震補償プラン500円

【お問い合わせ先・お申し込み先】
かまボランティア・市民活動センター 電話 0948-42-0751

第26回かまボランティア・市民活動センター運営委員会

2月17日(月)、稲築住民センターで第26回かまボランティア・市民活動センター運営委員会を開催し6名の委員が参加しました。
今回は、令和2年度の事業計画案や1月に参加した災害時の他機関連携に関する研修やセミナーについて報告し、委員のみなさんで共有しました。中でも、日頃からのネットワークづくりや関係機関で情報共有を定期的に行うことの大切さについて改めて確認しました。
また、食生活改善推進会を代表して参加されている委員の方から、「災害が起きた際には、炊き出しなどの協力ができるので、ぜひ声をかけてください」との言葉をいただき、心強さを感じるとともに、まずは、社協に登録してもらっているボランティアの方々とのネットワークを築いていくことの大切さを感じました。

受援をテーマにした災害対策本部設置運営訓練

1月21日(火)、碓井住民センターで行われた、嘉麻市役所主催の受援をテーマにした災害対策本部設置運営訓練に参加しました。
受援とは、他の機関や団体から人的・物的資源等の支援や提供を受け、効果的に活用することです。大規模災害では、防災対応の内容・量も拡大するため、被災した地方公共団体単独での対応は難しく、応援とその受け入れが重要となってきます。この訓練では、市の災害対策本部の各対策部に時間の経過とともに状況が付与され、その対応を協議して、必要に応じて応援機関と連携を行うというものでした。
今回は、応援機関という立場で参加し、発災初日~3日の段階で、ボランティア等のニーズがあった場合を仮定して各対策部と連携して対応を行いました。ニーズによっては、社協だけで対応ができない場合もあり、その際は、他の応援機関や対策部から助言をもらい対応しました。
大規模災害が起きた際に積極的な連携ができるように、日頃からネットワークづくりを行うことが大切だと思いました。

避難所運営勉強会に参加

自主防災組織コスモスと三菱第一行政区が主催した、大規模災害時避難所運営の勉強会に参加しました。
災害規模が大きくなった場合に、避難所運営委員会を立ち上げ、自主防災組織として、どのような行動をとるのか確認しました。
受付や部屋割り、行政等との役割分担や連携方法を確認しながら、身体や心に障がいや病気を持った方、妊娠中の方や乳幼児のいる家庭、外国の方やLGBTの方への気配りができる避難所の運営方法について、意見交換を行いました。
実際に大きな災害が発生したら、慌ててしまったり思いがけないトラブルが頻発しスムーズにいかないことがあると思います。だからこそ勉強会や訓練など、平常時の活動の大切さを実感しました。

大隈城山校生徒会のみなさんから寄付をいただきました

嘉穂総合高等学校嘉麻市立大隈城山校の生徒たちは、市民のみなさんの役に立つことをしたいと考え、10月に行った文化祭の売り上げの一部を本会に寄付することにしたそうです。
11月27日(水)、大隈城山校で生徒会長の松尾さんから寄付を受け取った坂田会長は、「先日のリングプルに続き、ありがとうございます。頂いた寄付金は、本会の福祉事業の財源として有効に活用させていただきます。」と、感謝の意を伝えました。

嘉麻ふれあいまつり2019

11月9日(土)、10日(日)に嘉麻ふれあいまつり2019が開催され、本会職員も実行委員として参加しました。
今年は「うまいぞ!!かまのメシ!!」と題して嘉麻市の食材を使った食べ物をテーマにして行われました。今年も晴天に恵まれ多くの方々が来場され、子どもからお年寄りまでみなさん様々な催し物を楽しみました。
会場内を歩いていると、日頃からお世話になっている地域のみなさんから声をかけていただきました。
子どもからお年寄りまで楽しめるふれあいまつりが今後も続いていって欲しいなと思いました。

嘉穂総合高等学校大隈城山校 リングプル贈呈式

10月27日(日)に行われた一夜城まつりで、嘉穂総合高等学校大隈城山校のみなさんにいただいたリングプルを計量したところ、約18㎏ありました。
さっそく換金させていただき、本会の地域福祉事業に活用させていただきます。ご協力ありがとうございました。

 

ボランティア保険

先日の台風19号の被害は広範囲に及び、土砂撤去や家屋の片付けなどのニーズが増えており、災害ボランティアの募集が始まっている市町村があります。ボランティアに行かれる際には、ボランティア活動保険への加入をお願いします。
ボランティア活動中における自身の怪我や他人の体や物に損害を与えてしまった場合など、万が一の事故を補償するものです。
●補償期間:加入日から2020年3月31日まで
※4月1日以降に加入された方は加入日の翌日からの適用となります。(今回の災害は大規模災害特例が適用され、加入申し込み手続きが完了した時点で適当されます)
●年間保険料:【基本タイプ】Aプラン350円 Bプラン510円
      【天災タイプ】Aプラン500円 Bプラン710円
※「天災タイプ」は基本プランに加え、地震・噴火・津波によるケガを補償するものです。台風などの風・水害によるケガや熱中症(日射病や熱射病)は「基本タイプ」で補償されます。

【お問い合わせ先・お申し込み先】
かまボランティア・市民活動センター 電話 0948-42-0751