なつきちゃんひがし②

5月16日(木)、平東公民館にて2019年度第二回協議体「なつきちゃんひがし」を開催しました。
今回、平東公民館で初めての協議体の開催となるため、まずは平東行政区について教えてもらいました。平東行政区では、ふれあい・いきいきサロンとコスモス会という老人会が月に1回ずつ行われており、盛んに地域のみなさんが集まっています。しかし、子ども会や婦人会が数年前になくなり、盆踊りやクリスマス会などの行事がなくなってしまったため、子どもとの交流が少なくなったと話されました。
次回、11月に平東公民館で協議体を行う際には、今日教えてもらったことを元に、日頃の困りごとや日頃受けた相談について話合っていきたいと思います。

来月は、6月20日(木)10時より枝坂公民館で開催します。ぜひご参加ください。

在宅介護者の集い「こころ」定例会 2019年5月

5月9日(木)、山田ふれあいハウスにて在宅介護者の集い「こころ」定例会を開催し、7名が参加されました。

まずは、連休明けという事で、ゴールデンウィークにどのように過ごしたかを話しました。子どもさんやお孫さんが帰省された方も多く、日頃の疲れが取れて気分転換ができた様子でした。
また、7月に予定している、日帰りリフレッシュ事業の候補地についても話し合いました。去年、一昨年は少し遠い場所への旅行であったため、今年は少し近場で、温泉や食事をゆっくりと楽しめる場所がいいねという意見でまとまりました。いくつか候補地を出してもらったので、旅行の計画について考えていきたいと思います。
次回の定例会は、6月13日(木)13時より稲築住民センターにて行います。ぜひご参加ください。

イベント情報

社会福祉法人 稲穂会主催の落語鑑賞会が5月29日に開催されます。誰でも参加ができますので、是非お越しください。
落語鑑賞会の後には、稲穂会による日頃のお悩み相談会も行われます。
詳しくは下記番号にお問い合わせください。
日時:2019年5月29日(水)13時〜
場所:軽費老人ホーム 稲穂園(福岡県嘉麻市山野2373-116)
出演者:橘家 蔵之助、桂 梅団治、桂 小梅
お問い合わせ:0948-42-6500(軽費老人ホーム 稲穂園)

EPSON MFP image

平成最後の日

みなさん、平成最後の日はどのように過ごされましたか?
自分の生まれた「平成」の時代が終わるという事に寂しさを覚える一方、新たな「令和」の時代に大きな期待を覚えています。
元号が変わって特別何かが変わるわけではありませんが、私自身は、連休明けからはもう一度心機一転して仕事に励みたいと思っています。
地域に出た際には、みなさんよろしくお願いします。

嘉麻市認知症家族の会 こころ音の会4月

4月27日(土)、山田ふれあいハウスにて認知症家族の集い「こころ音(ね)の会」を開催し、4名が参加されました。

最初にみなさんで自己紹介を行ったあと、今回初めて参加された方に、参加しようと思った理由を尋ねました。
2年ほど前から、奥さんの物忘れがひどくなったため病院を受診すると、アルツハイマー型認知症との診断を受けました。日常生活の中で、いつもならできていた事が、段々とできなくなっていく奥さんを見ているうちに、認知症の症状はどれくらいのスピードで進んでしまうのか不安に感じたため、現在認知症の家族を介護しているみなさんの声を聞いてみたいと思い参加されたそうです。みなさんからは、「認知症の進行には個人差があるけれど、進行を遅らせるためには、本人に家事などの役割を担ってもらい、達成した時にはきちんと感謝の気持ちを伝えたり一緒に喜んであげる事が大切」「介護する人が気疲れしないのが1番大切」との話されました。最後に、今回初めて参加された方からの「みなさんの助言を受けて心が楽になった」との言葉を聞き、同じ悩みや気持ちを分かち合える場の大切さを改めて感じました。
嘉麻市認知症家族の集い「こころ音の会」は認知症の方を介護しているご家族が集まり、今か抱えている悩みや不安を話して、解決に向けてお互い考えていく場です。事前申し込みは必要ありません。お菓子やお茶を飲みながら、お話ししてみませんか。

次回の日時は以下の通りです。
日時:5月25日(土)13:30~15:00
場所:山田ふれあいハウス

ふくおかライフレスキュー事業嘉麻市部会

4月24日(水)、ふくおかライフレスキュー事業の嘉麻市部会を開催し、8法人、13施設から18名が参加しました。
本会は、今年度より生活困窮者への支援の幅を広げるためにふくおかライフレスキュー事業に加入しました。今回は、すでに加入されている施設のみなさんとの意見交換も兼ねて、嘉麻市で部会を行いました。
すでに嘉飯桂でも加入法人による勉強会の場がありますが、嘉麻市部会では、より近くの施設同士が集まりやすいため、密に連絡をとり意見交換を行う役割を果たせたらよいと思います。
また、参加された施設の方から、以前ライフレスキュー事業を利用した支援を行った際の事例を報告してもらいました。様々な迷いと本当にこれでいいのだろうかとの不安を抱えながらの支援だったそうです。
オブザーバーの勝野さんの「サポーターが正しいと判断したらそれが正解でよい」との言葉を受け、きちんとした判断をするためにも、皆さんで事例を一つひちつ検討しながら、この事業の趣旨に沿った支援を行っていくことが大切だと感じました。
今後も定期的に、情報交換や事例報告を行っていきたいと思います。

かま福祉ネットワーク会議

4月23日(火)、2019年度かま福祉ネットワーク会議を開催し、11法人、16施設、26名が参加しました。
最初に、先日行った監査報告をした後に、平成30年度の活動報告を行いました。前回のネットワーク委員会でも報告したAさんへの支援の報告やセンターで関わっているBさんの転居費について一部援助ができないか役員会を開いて検討し、支援した事を報告しました。
また、オブザーバーとして参加してもらった県社協の勝野さんから、セブンイレブンの商品寄贈について説明してもらいました。セブンイレブンでは店舗の改装の際に在庫商品を社会福祉貢献活動の一環として寄贈する取り組みを行っています。参加された施設のみなさんからは受け入れについて前向きな意見が出ました。実際に当日にならないと商品がどのくらい送られてくるか分からないことや届いた商品を一時的に保管する場所について考えた上で、嘉麻市でも登録したいとの意見があり、登録することにしました。
最後に、高齢者分野の各法人さんに、施設の特徴やアピールできることを発表してもらいました。どの法人さんも、地域貢献に熱心に取り組まれており、施設の利用者に笑顔になってもらいたいという気持ちを持たれていました。中には、買い物支援やワンポイントジョブに取り組まれている施設もありました。各法人さんと集まれる機会は多くありませんが、今後もこのような場での意見交換を大切にしていきたいと思います。

ボランティア募集情報

第57回福岡県身体障害者体育大会において、選手のサポートをしていただける方を募集しています。

日  時:令和元年5月2日(木・祝)8時~17時30分(雨天決行)
場  所:博多の森陸上競技場
活動内容:視覚及び聴覚障害がある方の誘導、車いすの方の補助等
募集人数:2~3名
募集締切:4月24日(水)
集合場所  各地区の庁舎前(送迎バスが8時頃山田庁舎から出発し、嘉穂庁舎、稲築庁舎の順で回ります)

備  考:当日は動きやすい服装でお越しください。現地まで、バスでの送迎があります。また、昼食は主催者側で準備します。詳しくは、下記番号までお問い合わせください。

【お問い合わせ】かまボランティア・市民活動センター 電話 0948-42-0751

 

なつきちゃんひがし①

4月18日(木)、鴨生町公民館にて2019年度第1回協議体「なつきちゃんひがし」を開催し、11名が参加されました。

鴨生町行政区では毎日ラジオ体操を行っています。先日、その最中に、靴を履かずに靴下で歩いている方を見かけ、様子がおかしいと思い警察に通報したそうです。結果的に、行方不明で捜索願いが出ていた方で、認知症で家がわからず帰れなくなっていたとのことでした。
また、毎朝行っていることもあり、登校中の小学生と顔見知りになり、挨拶を交わすようになるなど、子供の見守りにも繋がっています。
鴨生町行政区では、今後もラジオ体操の活動を活かして、見守りのしくみづくりについて考えていくことになりました。
次回は、5月16日(木)10時より平東公民館にて開催します。ぜひご参加ください。

在宅介護者の集い「こころ」定例会 2019年4月

4月11日(木)、在宅介護者の集い「こころ」定例会を開催し、8名が参加しました。
2019年度で初めての定例会であったため、改めて自己紹介をしてもらい、介護での体験や近況について報告してもらいました。
参加されたある方は、17年間夫の介護を行った事を話されました。夫を施設に入所させたくなく、自分で面倒を見てあげたかった一心で頑張って来られたそうです。
また、7月のリフレッシュ事業について話合いました。昨年は、温泉と食事でリラックスをしたので、今回は食事と買い物をして日頃の疲れを癒したいとの意見にまとまったため、それぞれ思いつく場所を考える事になりました。
今回は、現在介護をされている方の都合がつかず参加いただけませんでした。次回参加いただいた時には、介護をする上での悩み等をみなさんで共有してたいと思います。
次回の定例会は、下記の通りです。
嘉麻市在宅介護者の集い「こころ」 定例会
日時:5月9日(木)13:00~15:00
場所:山田ふれあいハウス
在宅で介護されている方々が、いろんな情報交換を通じて、楽しくリフレッシュしています。