社協だより「えがお」の発行

5月1日に、社協だより「えがお」を発行します。
今回から、全戸配布ができなくなりました。今後、置いていただく場所は、下記の通りです。みなさまには、大変ご迷惑をおかけしますが、ご一読いただけたら幸いです。
なお、詳しくは、本会までお問い合わせください。嘉麻市社会福祉協議会 43-3511


・市役所各庁舎
・市内各図書館
・稲築地区公民館、人権センターあかつき、サルビアパーク、山田生涯学習館、夢サイトかほ、織田廣喜美術館、山田ふれあいハウスなど

デマンド運行型バス

4月から、嘉麻市全域でデマンド運行型バスの運行が開始され、赤いバスを見かけるようになりました。
先日、Aさん宅を訪問した際、家族のすすめで運転免許証を返納したと伺いました。Aさんは、車で自由に移動できなくなったことで不安な気持ちを話されました。今後は、市バスやデマンド運行型バスを利用して、買い物や病院へ行きたいと話されました。

手作りマスク

Aさんから、「マスクを手作りしました」とメールをもらいました。
Aさんは、事業所から週末の外出はなるべく避けて欲しいと言われ、自宅でできることを考えたそうです。そこで、手持ちの使い捨てマスクも少なくなっていることから、自分で作ってみようと思いました。
不要なTシャツを再利用して作ったマスクは、眼鏡が曇らず使い心地もよかったそうです。
新型コロナウイルス感染症の影響で、マスク不足が続き、週末の外出自粛が呼びかけられています。ちょっとした工夫で、自宅で過ごすのも楽しくなるのではないかなと思いました。

令和2年度 ふれあい・いきいきサロン

 先日、ふれあい・いきいきサロンの代表者の方から「令和2年度の計画を立てたよ」「新型コロナウイルス感染症の影響で3月4月はお休みにしているよ」などの連絡がありました。
 今年度もスタートし、地域の方々が楽しめる企画を考えていると伺っています。あいにく、新型コロナウイルス感染症の影響で、お休みされているサロンが多数だとは思いますが、再開を楽しみにされているのではないかと思います。
 ふれあい・いきいきサロンが再開されましたら、ブログなどで紹介していきたいと思います。

住み慣れた自宅で

先日、日常生活自立支援事業を申し込んだAさん(80代)は、ディサービスや訪問介護、配食サービスを利用しながら、一人で生活をされています。最近、銀行にお金を下ろしにいくことが難しくなり、またお金を何処にしまったか忘れることが多くなったそうです。
自宅を訪問すると帰る時に、玄関の横の窓から、「気をつけておかえり」と見送ってくれます。
Aさんが、住み慣れた自宅で生活が送れるように、お手伝いしていきたいと思います。

事務所移転のお知らせ~山田ふれあいハウスへ~

本会の事務所が稲築住民センターから、山田ふれあいハウスへ移転しますのでお知らせします。
なお、3月30日から下記の代表番号に変更になりますので、お間違えのないようよろしくお願いいたします。

新住所 〒821-0012 嘉麻市上山田502番地6
新代表番号 0948-43-3511
新FAX番号 0948-43-3450