社協だより「えがお」

先日、Aさんに「えがお」をお渡しすると、Aさんが「加入している団体に配りたいから20部持って来てきて欲しい」と話されました。お届けすると、楽しみに待っている人がいるから、次号も届けて欲しいとのことでした。
楽しみに待ってくださる方がおられることを嬉しく思い、次号(8月号)への励みになりました。

ちょっとした困り事

先日、Aさんから、「草がのびてきて、困っている」と電話がありました。Aさんは、一人暮らしで、足のふらつきがあり、2~3日前にも買い物の途中で転んだそうです。
訪問すると、草が膝丈にのびていました。Aさんに地域支えあい事業を提案し、協力会員に草取りを手伝ってもらうことになりました。
Aさんのように、ちょっとした困り事を抱えている方々がおられるのではないかと感じました。

弟の忘れ形見

先日、訪問したAさんのお宅には、1匹のねこがいます。亡くなった弟さんの飼っていたねこだそうです。Aさんの後をついて回ったり、一緒にベッドで寝ている姿があり、まるでAさんを守っているように見えるときがあります。
Aさんにとって、弟さんの残した大事な家族だと感じました。

田植え

先日、訪問先の方が、苗床に水をかけておられ、もう少し苗が育つ6月中旬頃に田植えだよと教えてもらいました。今では機械で大分楽になったけど、小さい頃は父親が学校の帰りを待っていたかのように、手伝わされたと懐かしそうに話されました。
その帰りに、水田を見ると家族4人が田植えをしている姿がありました。

自分らしく

4月から、日常生活自立支援事業を利用しているAさんの自宅の片付けが今日行われました。
出会った当初のAさんは、足どりも覚束なく、食事もとれているかわからない状況でした。この1月間、関係機関と連携しながら、Aさんの体調を整え、自宅で安心して生活できる環境づくりを考えてきました。
Aさんは食事を摂れるようになり、足取りも少しずつしっかりされてきて、笑顔もみれるようになりました。
これからも、Aさんらしく生活出来るよう、関係機関と連携しながら、Aさんにかかわっていきたいと思います。

メールのやりとりで

かまひきこもり相談支援センターでは、かかわっている方々とメールのやりとりをしています。
今日、Aさんから「最近料理を始めたよ」とメールが来ました。新型コロナウイルス感染拡大防止で、フリースペースを休止しているため、Aさんとはメールのやりとりが中心になっています。新型コロナウイス感染症の話題が中心になってしまいがちですが、Aさんのメールには、上手に焼けた卵焼きの写真が貼付されていて、ほっこりした気持ちになりました。

地域支えあい事業のご案内

「電球を交換したいけれど、高くて手が届かない」「腰が痛くて、草取りができなくなった」などの日常生活上のちょっとした困りごとに関する相談を受けることがあります。
地域支えあい事業では、ちょっとした困りごとを協力会員として登録した市民の方が必要なサービスを提供し、その解決を図るものです。
サービスを利用する人も、提供する人も同じ住民同士「困った時はお互いさま」の関係を広めていくことを目的にしています。
ご利用の相談などにつきましては、本会(0948-43-3511)までお問合せください。
なお、協力していただける方も随時募集しております。

令和2年度会員加入のお願い

嘉麻市社会福祉協議会は、地域に暮らすみなさまが住み慣れたまちで安心して生活できる地域の実現のため、会員を募集します。みなさんから納めていただく会員会費は、様々な困りごとを抱える方を支えるための事業や住民による支え合い活動を推進するための財源として活用させていただきます。会員は、年間を通じて募集しておりますので、ぜひ、加入していただき、地域福祉活動にご参加ください。

EPSON MFP image
EPSON MFP image

 

 

 

 

 

 

 

会員の種別
個人会員 1口1,000円   法人・団体 1口1,000円
●入会方法
社協窓口にお越しいただける方・・・窓口で入会申込書をご記入いただき、今年度分の会費をお支払いいただきます。
集金をご希望される方・・・社協までご連絡をお願いします。地区によって集金方法が違いますので、ご案内いたします。
市外の方・・・氏名、住所、連絡先を記入の上、現金書留、もしくは郵便小為替で本会まで郵送ください。
●お問い合わせ先
嘉麻市社会福祉協議会 0948-43-3511

ふれあい・いきいきサロン

先日、昨年ふれあい・いきいきサロンを立ち上げた代表者の方のお宅を訪問しました。
代表者の方から、「当初は、月に1回会うことを楽しみにメンバーも参加していたが、声をかけても参加者がふえず、今後どのようにすすめていいか悩んでいる」と伺いました。
また、今は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のためお休みしているそうで、休むことでメンバーの気持ちが離れないかを心配されていました。
新型コロナウイルス感染症が沈静化したら、代表者の方とメンバーのみなさんとサロンについて話し合うことになりました。