ふれあい・いきいきサロン「グーの会」

「ふれあい・いきいきサロン『グーの会』で牛乳パックの椅子作りをするよ」と教えてもらい、9月19日(水)具島公民館におじゃましました。農繁期で忙しい中、約7名の方がいらっしゃいました。
午前中は、発砲スチロールを切り、牛乳パックを詰める作業をしたあと、12パックを1個にするために糊付けしました。次回は、牛乳パックに布を張り付けて完成となるそうです。公民館には、以前作った椅子が置いてあり、利用されていました。
お昼は皆さんで昼食を取り、「うちの桜は春と秋に咲くよ」「シカの群れを見に行くよ」などお話に花が咲いていました。
本会からは、6月に伺った際に聞いた話をもとに作成したマインドマップを見てもらいました。また、西日本豪雨を振り返り、小学校や家族のところに避難したことや具島公民館が床下浸水したことを聞きました。参加した方から、今バックの中に懐中電灯や予備の電池、飴やお菓子、ペットボトルの水、携帯の充電器をいつも持ち歩いているよと教えてもらいました。全国的に台風や地震や大雨などの災害がいつどこであるか分からないので、日頃から備えるのが大事だよねとみなさん話されていました。
最後に、メンバーから市バスに乗ったことがない、市バスを使って嘉穂校区をまわりたいなど話があり、来年度に市バスを使うお出かけを一緒に考えていくことになりました。

千手大学におじゃましました

 9月12日(水)、千手いこいの家で行われた千手大学におじゃましました。参加者は18名で、男性が多く参加されていたのが印象的でした。
初めに千手交番のお巡りさんから、秋の交通安全運動が9月21日(金)から始まり、飲酒運転の撲滅運動について話されました。また、酩酊状態を体験できるゴーグルをつけて、館長さんが歩かれましたが、まっすぐ歩けず、フラフラされていて、いかに飲酒運転が危険かをみなさんで共有しました。
次に市の出前講座があり、てしま歯科クリニックの手島先生から「歯科医師によるお話し」がありました。噛むことの大事さや唾液の役割を詳しく教えてもらい、歯の大切を学びました。
また、千手大学におじゃましたいと思います。

嘉穂ますます会⑥

9月10日(月)第6回協議体「嘉穂ますます会」を旧宮野小学校で開催し、16名が参加しました。
初めに、前回の振り返りをしたあと、嘉穂地域の交通体系について話しました。

次に「現在の移動手段はどうしているか?」を伺い、車や近所の人と一緒に市バスを利用したり、家族に連れて行ってもらっていると意見が出ました。買い物については、嘉穂行政区にあるお店の配達や生協やグリンコープを利用していると教えてもらいました。

最後に、「今後、嘉穂ますます会で話し合いたいこと」をテーマにグループで話し合いました。インターネットでの買い物は便利だが使えない人がいること、隣組に入らない人とのコミュニケーションがとれないこと、災害時の避難の方法や買い物や通院に困っている方の話が出ました。また、今後、嘉穂地域でも移動販売が必要になってくるのではないかという意見も出ました。

(全体会お知らせ)

日時:10月19日(金)13:30~

場所:夢サイトかほ

どなたでも参加できます。お気軽にお越しください。

嘉穂地区行政区長会で戸別募金のお願いをしました

9月6日(木)、夢サイトかほにて開催された嘉穂地区行政区長会で、戸別募金のお願いをしました。
今年度も10月1日〜12月31日までの3ヶ月間、募金運動(戸別募金、街頭募金、法人募金、職域募金)に取り組みます。事務局から、平成29年度赤い羽根共同募金の実績と平成30年度の目標額を説明し、戸別募金の資材をお渡ししました。
みなさんには大変ご迷惑をおかけしますが、ご協力よろしくお願いいたします。

嘉穂ますます会⑤

8月20日(月)第5回協議体「嘉穂ますます会」を足白公民館で開催し、16名が参加しました。
初めに、前回の振り返りをした後、地域活性推進課より交通体系について説明してもらいました。嘉麻市ではバスの減便や廃線の話があがっているが、市とバス会社との調整を行っているそうです。今後は、電話予約など利用者のニーズに応じるデマンド型交通やバスステーションも検討されているとのことでした。参加者からはフリー乗降区間について質問があり、警察署の許可が必要で交通量の多い場所は難しいとの回答がありました。

次に、「足白小学校区ってどんなところ?」をテーマに話し合い、リンゴの花が咲く頃にある獅子舞や8月に足白っ子祭りがあること、おこもりを年に4回しているなど、地域で集まる機会が多いと教えてもらいました。

(次回開催)
日時:9月10日(月)13:30~
場所:旧宮野小学校
どなたでも参加できます。お気軽にお越しください。

嘉穂ますます会④

7月23日(月)、第4回協議体「嘉穂ますます会」を下牛隈公民館で開催し、15名が参加しました。
初めに、前回の振り返りをしたあと、「牛隈小学校区ってどんなところ?」をテーマに、みなさんに話を聞きました。牛隈小学校区には、7月には子ども会を中心にした祇園祭りや体育祭が毎年あること、4年に1度大運動会があり、地域で体育部など役割があり地域の繋がりが強いことを教えてもらいました。

また、今回の豪雨について、荒穂神社が土砂崩れしたこと、汐井川の河川敷や溝が詰まり冠水したところがあること等や放送が聞こえにくいこと、自主防災組織について意見が出ました。

行けるところに行ける仕組みについては、交通対策課に話を聞きたいとの意見を聞きました。
(次回開催)

日時:8月20日(月)13:30~

場所:足白公民館

どなたでも参加できます。お気軽にお越しください。

ボランティアセンター(4日目)

7月13日(金)、23名のボランティアさんに協力してもらい、4件のマッチングを行いました。
今日は、九州北部豪雨や熊本地震で大きな被害が発生し、ボランティアセンターを立ち上げた経験のある東峰村社会福祉協議会や南阿蘇村社会福祉協議会からも、職員さんが応援に駆け付けてくださいました。

個人ボランティアさんの中には、東峰村や南阿蘇村のボランティアセンターで活動された方もおられ、思いがけない再会に嬉しそうにされていました。また、初めて会ったボランティアさん同士、声をかけ合いながら一緒に作業する中で、一体感も生まれました。
明日は、4件の活動を予定しています。夕方のブログでもお知らせしましたが、この週末は、既にたくさんのボランティアさんにご登録いただいていますので、事前登録の受付を一時停止いたします。

嘉麻市社会福祉協議会  0948-42-0751

 

集中豪雨被害によるボランティアを募集します。

7月5日からの集中豪雨により、嘉麻市内でも地滑りによる家屋倒壊や床上、床下浸水などの被害が出ています。
被災された方々を支援するため、本会では災害ボランティアセンターを立ち上げ、事前登録制によるボランティアさんを募集しています。受付時間は、9時から17時までです。
なお、軽トラックの持ち込み、運転ができる方がいらっしゃれば、助かります。
活動内容は、庭や床下に入ってきた土砂の撤去、家屋内の片づけ、家具の移動等です。
☆ボランティア活動にあたってのお願い☆
・かま災害ボランティアセンターへの事前登録、ボランティア活動保険への加入手続きが必要となりますので、まずはご連絡ください。
・グループでの参加につきましては、事前にご連絡ください。

嘉麻市社会福祉協議会 0948-42-0751

EPSON MFP image

土砂災害にご注意ください。

昨日からの大雨で、道路の冠水や土砂崩れが発生し、通行止めのところもあります。

今日は職員11名体制で市内を巡回しました。幸い、人的被害はありませんでしたが、裏山が地滑りした家屋の倒壊や床上、床下浸水の被害が確認されました。

ご自宅の片付け等でお困りの方がいらっしゃいましたら、ご自宅まで伺いますので、本会にご連絡下さい。
嘉麻市社会福祉協議会 42-0751

小野谷 あじさいロード

先日、小野谷のあじさいロードを通りました。色とりどりのあじさいが満開で、きれいに咲いていました。
小野谷の方に話を聞いたところ、花が終わったら茎を切って、来年に備えるそうで、来年も楽しみです。

また、太宰府市のゆたか保育園生が植えた芋の苗もしっかり育ってました。園児たちが10月には収穫しにくるそうです。