天神行政区でミニ協議体

5月23日、天神行政区でミニ協議体を開催し、10名が参加しました。
協議体や山田校区の仕組みづくりについて説明した後に、フリートーク形式で自由に意見を出してもらいました。サロンなどに参加していない方々の生活状況や困りごとを把握するためにどのような活動を展開したら良いのか、買い物に困っている人を募って買い物を代行したり、一緒に買い物に行くことができないか、最近毎週水曜日に豆腐の移動販売車が回っていることや山下行政区に赤村から野菜を売りに来ている人がいることなど、情報を共有したり、手立てを考えたりすることができました。
また、行政区内に土砂崩れが起きると陸の孤島になってしまうエリアがあり、組内内で声をかけあったり連絡網を作ることができないかなど、活発な意見交換が行われました。
行政区内には長年住んでいる方が多く、Aさん、Bさん、Cさんと個人名もたくさん飛び交いました。仕組みができるまでにはたくさんの時間がかかりますが、5年後、10年後の生活を思い浮かべながら地域のことを考えることができました。

気になるAさん

昨年の豪雨の後に出会ったAさん。山の斜面に自宅があり、裏の住宅からせり出した草木の葉がAさん宅の雨どいに落ち、困っていると話されていました。数日前に屋久島で降った大雨のニュースを見て、Aさんのことが気になり訪問してみました。
昨年よりもさらに草が伸び、雨どいに腐葉土になった葉が溜まっていました。大雨になる前に解決できる方法を探したいと思います。

山田地域福祉推進委員会

第32回山田地域福祉推進委員会を開催し、8名が参加しました。
委員としての役割を確認した上で、みなさんに自由に発言してもらいながら、山田校区で暮らしていくために必要なことや不安に感じていることを話し合いました。
山下行政区に赤村から野菜等を売りに来られていることやカーブーツサルビアが名称を変えて地元の商品を売る場に変わっていることなど、新しい情報を共有することができました。
また、参加者のお一人から、これからの季節は犯罪が増える傾向にあり、隣近所の声かけや見守りの体制づくりについて提案がありました。

出前講座

5月11日(土)、嘉穂地区女性の会から声をかけてもらい、成年後見制度やエンディングノートの出前講座を行いました。
講座後に参加者のお一人から声をかけられました。「息子からエンディングノートを書くように勧められて腹が立ったけど、どんな風に役に立つのか分かったよ」とおっしゃいました。30名ほどの方が、ご自身のこれからをイメージしながら話を聞いてくださったようです。

サロンの再開に向けて

ある行政区から、以前は花見や盆踊りなどの行事を行なっていたが、いろいろな事情で行わなくなった。最近、空き家が増える一方で新築の家も増え、ますます地域の繋がりの大切さを感じるようになり、ふれあい・いきいきサロンを再開したいと思うようになったとの相談を受けました。
助成金の申請や運営方法などを一緒に考え、できるだけ早い時期に始めようということになりました。
人が集まれば、様々な意見や思いがあり、うまくいかないこともありますが、みなさんが楽しんでもらえるような集まりになるといいなと思います。

価値観

Aさんは、生活保護の最低生活費を少し上回る年金を受給されており、毎週生活費をお届けするお手伝いをしています。
ギリギリの生活費の中で、可愛がっている猫のエサ代が家計を圧迫しており、今以上に負担が増えるのは厳しく、猫が増えないように話していました。
今日は、10連休の過ごし方が気になって訪問すると、なんと子猫が3匹増えていました。
Aさんの生活を考えると、とても困った状況なのですが、Aさんは「かわいいでしょう」と、とても愛おしそうに頭を撫でられました。
Aさんの価値観を大切にしながら、今後どのように生活していくのか、一緒に考えていきたいと思います。

こどもの日

ゴールデンウィークも残すところあと1日になりました。今日は天気が良く、風にたなびき元気に泳ぐ鯉のぼりを見かけました。
私が住む地域の放送では、おくんちの呼びかけがありましたが、住んでいるのにどこであるのかも知らず、地域を知る難しさを感じました。
この連休中は、日頃は忙しく先延ばしにしていた片付けや気になっていた本を読んだりと有意義な時間を過ごせるように心がけましたが、徐々にだらだらとなってしまいますね。
明日は、気持ちを切り替えたいと思います。

総合相談のお知らせ

5月の心配ごと相談のお知らせ

5月8日(水)と5月22日(水) の13時〜15時
に稲築住民センターにて行われます。
心配ごと相談員が困りごとの相談に応じます。予約の必要はありませんが、先に相談されている方がいらっしゃる場合はお待ちいただく場合がございますので、ご了承ください。
家庭のことや人間関係のことなど、誰に相談すればいいの?と悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひご利用ください。

あっとふるやまだ①

2019年度になって初めての「あっとふるやまだ」を開催し、5名が参加しました。
地域のみなさんに協議体の趣旨を理解してもらい、たくさんの方に参加してもらうためにはどうしたらいいのか、また協議体での話し合いをどのように進めていくのかを話し合いました。
参加者のお一人から、知人の1人暮らしの女性が、高いところに収納しているものを取りたくて、たまたま訪問した郵便配達員さんに、手伝ってもらった話を聞き、困ったときに頼める仕組みづくりが必要ではないかとの声が上がりました。しかし、作業を手伝ってくれる人は見つけやすいが、相談を受け付けたりマッチングしたりする役割の担い手がいないため、参加した方がご存知の企業や人に、協力してもらえないか、また協議体に参加してもらえないか相談してみることにしました。
あっとふるやまだでは、今後支え合いの仕組み作りについて考えることにしました。