なつきちゃんにし⑤

8月16日(木)、稲築保健センターにて、第5回なつきちゃんにしを開催し、11名が参加しました。

前回の振り返りをした後、今後の方向性についてみなさんと話し合いました。
参加したメンバーからは「どうすれば、誰がどんなことに困っているかを知れるかな」「顔見知りになれば、相談がしやすいよね」との意見が出ました。
また、「車の免許を返納したあと、簡単に移動することができなくなって、買い物に困った人がいる」との声もありました。
まずは、稲築西校区で高齢化が進んでいる漆生東行政区をモデル地区として聞き取りを行い、買い物のしくみづくりについて考えていくことになりました。
次回は、9月20日(木)13時30分から漆生本村公民館にて協議体を開催します。
どなたでも参加できます。ぜひお越しください。

公共交通機関をご利用の方へ

先日、事前登録してもらったボランティアさんから、公共交通機関の問い合わせがありましたので、お知らせ致します。
天神、博多方面から嘉麻市災害ボランティアセンターへお越しの方は以下の方法がおすすめです。バスの本数が少ないため、ご注意ください。

嘉麻市災害ボランティアセンター
嘉麻市鴨生339ー8
0948-42-0751

ボランティアセンター(6日目)

7月15日(日)、今日は 34名のボランティアさんに参加していただき、6件のマッチングを行いました。
ボランティアセンターを立ち上げて6日目となりましたが、気温が高くなり、天気の良い日が続いています。ボランティアさんも受付の時から汗をかいている様子でした。初めは2日程度の参加を考えていた方も、「早くAさんが安心して暮らせるようになれば」と継続して参加してくださりとても心強く感じました。

なつきちゃんにし③

6月21日(木)、稲築保健センターで第3回協議体なつきちゃんにしを開催し、14名が参加しました。

協議体のメンバーから、「嘉麻市が導入した健康づくりポイント制度の話を聞いてみたい」と相談を受けていたので、健康課から話してもらいました。

その後、みなさんから、お住まいの行政区で健康同好会を作るとしたら、どんな風にすすめるかを話し合いました。「年齢や体に合った運動量や歩き方、靴の選び方などが知りたい、教えてもらいたい」「サロンや行政区で取り組めるニュースポーツが知りたい」など、たくさんの意見が出ました。
積極的な意見がたくさん出て、身近なこととして話し合うことができました。

次回は平成30年7月19日(木)13時30分から、稲築保健センターで開催します。ぜひお越しください(^^)

折り紙

 先日、地域支え合い事業の相談でAさんのお宅を訪問したときに、折り紙で作ったうさぎや鶴などを見せてもらいました。400枚程の折り紙を積み重ねて1つの作品が完成します。

 普段は自宅にいることが多いため、指先の運動になればと、たくさんの作品を作っているそうです。「デイサービスの人に、次はドラえもんを作ってって言われてるんよ」と嬉しそうに話されました。

なつきちゃんにし②

5月17日(木)、漆生中央公民館にて第2回協議体なつきちゃんにしを開催し、7名が参加しました。

 今回初めて参加された方がおられたので、最初に協議体の役割について話しましたのち、漆生中央行政区にあるお店や施設、行事、サロン活動について教えてもらいました。食料品を販売している店は少ないのですが、医療機関や整骨院、酒屋さんが多いことが分かりました。
 また、参加された方から、災害が起きた時にどこへ避難すれば良いのか、避難の方法がわからないとの声がありました。そこで、自主防災組織の例を挙げ、山田や碓井地区の活動について、みなさんと共有しました。
 行政区によっては、範囲が広いところもあるため、行政区単位ではなく、隣の人同士で支えあえるような組単位で見守るしくみを、地域で作っていければ良いねとの意見がありました。どの地区でも共通してでてきた課題ですが、組に入っていない人、入っても抜けてしまう人がいて、なかなかつながりが作りにくい状況もあるとのことでした。 
 次回は、6月21日(木)稲築保健センターにて13時30分から開催します。ぜひご参加ください。

5月の心配ごと相談

ゴールデンウィークも本日が最終日となりました。明日から仕事や学校という方も多いのではないでしょうか。

今日は、5月の心配ごと相談のご案内です。
今月は、5月9日(水)と5月23日(水)に稲築住民センターにて開催します。
時間はいずれも13時〜15時までです。
心配ごと相談員が困りごとの相談に応じます。予約の必要はありませんが、先に相談されている方がいらっしゃる場合はお待ちいただく場合がございますので、ご了承ください。
家庭のことや人間関係のことなど、誰に相談すればいいの?と悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひご利用ください。

辻中篭行政区 獅子舞

4月29日(日)、辻中篭行政区で行われた獅子舞を見に行って来ました。

参加されていた方から、まずは午前中に、希望のあった16軒の家を神主さんがお祓いして回るんだよと教えてもらいました。その後に、笛や太鼓の音に合わせて、雌獅子と雄獅子の舞い、小中学生の子ども達10人による演奏や踊りを披露して回るそうです。
農作業をイメージして作られたのではないかと言われている踊りには、「厄を落とす、健康、稲穂が実るように」との意味が込められているとのことでした。
最後に貴船神社にて、「馬場入り」「神殿入り」が行われ、この行事が終わります。
「次はAさんの家行くよー」との声掛けに、迷わずその場所へ歩いていく姿を見て、「つながりが深いんだな」と頼もしくも感じました。

漆生本村行政区 総会

4月22日(日)、漆生本村公民館で開催された総会の中で、生活支援体制整備事業について説明する時間をいただきました。
嘉麻市には5つの中学校区に協議体が設置され、市民のみなさんが気軽に集まって、地域のことを話し合っています。自分たちの5年後、10年後を思い描きながら、住み慣れた地域で暮らしていくために、どんなしくみがあったらいいかを話し合っていることを伝えました。
みなさんに興味を持って聞いてもらえたようで、たくさん質問していただき、とても嬉しく思いました。協議体はどなたでも参加できます。ぜひ、お越しください。

なつきちゃんにし①

4月19日(木)、漆生本村公民館で協議体なつきちゃんにしを開催し、8名が参加しました。

はじめに、前年度に話し合ったことを振り返りました。これまで、買い物や通院などの移動のしくみづくりを考えてきましたが、これによって見守りのネットワークなど新たなつながりができたことをみなさんに報告しました。
続いて、各地区の行事や取り組みについて共有しました。ある地区では、地域のリーダーのなり手が少なくなっており、老人会や婦人会、子ども会がなくなっていても、獅子舞や盆踊りといったイベントは引き継がれていることが分かりました。炭住がある地区では、住んでいる人の高齢化が進んでいるという話がありました。1人暮らしの高齢者が増えたことで、災害に備えた名簿を作ろうとしても、個人情報の共有がどこまでできるのか分からないとの声もありました。
初めて参加してくださった方もいて、たくさん地域のことを教えていただくことができましたので、このことを整理してマップが作れたらいいなと感じました。

〜次回開催予定〜
日時:5月17日(木)13:30〜15:30
場所:漆生中央公民館
どなたでも参加できます。お気軽にお越しください。