街頭募金4日目

10月8日、本日は市内のスーパー等5か所で街頭募金を実施しました。

10月1日から行なってきた街頭募金は本日で最終日を迎えました。
たくさんの方にご協力いただき、ありがとうございました。
「この間募金したよ」と声をかけてくださる方もいて、とても温かな気持ちになりました。

お寄せいただいた募金は地域の福祉活動や災害発生時のボランティア活動支援などに活用されます。
募金の運動は3月31日までです。引き続きご協力の程よろしくお願いいたします。

市民後見人養成フォローアップ講座3日目

10月3日(火)の昨日は、市民後見人養成フォローアップ講座3日目を開催し、本会職員を含む21名が参加しました。

社会福祉法人福岡ケアサービス 特別養護老人ホーム初花施設長の百枝孝泰さんから「自己実現、自己決定を尊重した支援」というテーマで話を伺いました。
はじめに「対人援助の意義と基礎」について振り返り、成年後見制度では「あなたのためだから」と自分の価値観を押し付け決めつけるのではなく、その人らしい社会生活の実現を目指して自己実現と自己決定の権利を尊重し支援することが大切だという話がありました。
また、バイステックの7つの原則で対人関係において必要な考え方を再確認し、相手を知るためにはまず自分を知るという自己覚知の必要性についても学びました。
次に行なった演習では、3つの事例について、本人・家族・後見人等それぞれの立場になった時にどのように思い、どうするかを考え、みんなで意見交換をしました。
自己決定では、本人の特性や周りの環境が利用者の考えに大きく影響していること、本人にあった選択肢を探していくためには本人自身の現状である個人要因と、取り巻く環境要因を含めて考えていくことが大切であることを学びました。

なつきちゃんひがし⑥

9月21日の昨日は、稲築保健センターにて、第6回「なつきちゃんひがし」を開催し、本会職員3名を含む16名が参加しました。

前回の振り返りを行ったあとに、作成した資料もとに全体会の発表内容の確認を行いました。「なつきちゃんひがし」では、平成28年の勉強会の中で「何かをやってみよう」との声があがり、さまざまな活動が生まれています。「立ち上げの際に苦労したことや嬉しかったエピソードを発表してはどうか」、「決まったメンバーだけでなく、新しいメンバーとのつながりを広げていきたいね」、「子ども会が無くなった地域もあるけれど、銭代坊子ども会の立ち上げをきっかけに、自分達の住んでいる地域でも何かできないかと思ってもらえたらいいね」など、活発な意見交換ができました。
来週9月26日は全体会がありますので、今回話合った内容をまとめ、準備をすすめていきたいと思います。
次回の協議体は、10月19日(木)10時から保健センターで開催予定です。
お気楽にお越しください(^^)

漆生中央行政区 敬老会


9月18日、敬老の日の今日は、天候にも恵まれ、各地区の公民館等で敬老会が開催されました。
漆生中央公民館では、午前10時から20名を超える方が集まり、映写会が行われました。
本会から、プロジェクターとDVDを貸し出し、「男はつらいよ 寅次郎紅の花」を上映しました。時折笑い声が上がり、和やかな雰囲気で、その後の食事会でも、思い出話に花が咲き、みなさん笑顔が溢れていました。
参加された方は、「年に一度のこのイベントでしか会えない人もいるので、話が弾み楽しい」と喜ばれていました。
みなさんの長寿を一緒にお祝いできて、こちらも嬉くなりました。

東峰村災害支援54日目


9月9日(土)、本会職員2名で東峰村ボランティアセンターへ伺い、ボランティアに来られた方の対応や空き家の清掃、事務用品の整理のお手伝いをしました。
ボランティアさんの申し込みが予定より多くあり、作業が進んだ所もあったようです。
また、継続して活動してくださり顔なじみになった方もいらっしゃって、たいへん心強く思います。
これから引っ越してくる方がいらっしゃる空き家の清掃では、その方達の新生活に思いを馳せながら、隅々まで汚れを落としていきました。今後は、土砂出しだけでなく、生活上の支援も増えていくのかなと感じました。

東峰村災害支援53日目

9月2日(土)、本会職員4名で東峰村災害ボランティアセンターに伺いました。
本日は東峰村社会福祉協議会ボランティアセンターへの引っ越しのお手伝いをさせていただきました。
午前中は、東峰村災害ボランティアセンターのテントの片付けを行い、資材や事務用品を運び出しました。
午後からは資材運びに使用した車を丁寧に洗い、運び出した資材等の整理を行いました。
豪雨翌日から今日に至るまで災害支援のお手伝いをさせていただきましたが、災害時にも住民の生活全体を考えた支援が大切なのだということを学びました。

なつきちゃんひがし⑤

8月17日、稲築東校区の第5回協議体「なつきちゃんひがし」を稲築保健センターで開催しました。

前回の協議体で、口春行政区が取り組んでいる「お助け隊」の活動 について具体的な話を聞いてみたいとの声があがったため、早速、区長から話していただきました。
ごみ捨て場が自宅から遠く、ごみ出しができず困っているという相談を、地域でなんとかしようと思い、仕組みづくりに取り組まれ、活動を長く続ける工夫なども教えて頂きました。
メンバーからは、「今ある活動の中で生まれたつながりを広げて、お助け隊のような活動に結びつけられたらいいね」という声がありました。
本日はケーブルテレビの方も取材に来られていました。今回の協議体についてはテレビで放送される予定ですので、興味のある方はぜひご覧ください。

次回開催予定
日時:9月21日(木)10:00~12:00
場所:稲築保健センター
どなたでも参加できます。お気楽にお越しください(^^)/

東峰村災害支援37日目

8月16日(水)、本会職員2名で東峰村災害ボランティアセンターに伺いました。
早朝に雷を伴う激しい雨が降り、国道211号線が不通となったため、ボランティアさんの受付は中止となりました。
スタッフ2名でチームを組んで、村内の家庭を訪問しましたが、新たなニーズはほとんどありませんでした。しかし、7月5日の豪雨で被害に遭われた家庭では、「川が氾濫して、また土砂が家に流れ込んでくるのではないか」と不安な気持ちや当日の様子を話してくださいました。想像を超えるお話を伺い、改めて村民のみなさんの不安なお気持ちが痛切に感じられました。

市民後見人養成講座7日目

8月8日(火)、第5期嘉麻市市民後見人養成講座7日目を開催しました。

始めに特別養護老人ホーム初花施設長の百枝孝泰さんから、対人援助の意義と基礎というテーマで話していただきました。
成年後見制度における対人援助では、全ての人の自己実現と自己決定の権利を尊重して、その人らしい社会生活の実現を目指し支援をしていくこと、よりよい援助をするためには信頼関係の構築が重要であることを学びました。
また、2人1組になって聞き方に変化をつけながら対話するミニワークも行われ、適度に目線を合わせ、表情や相づちで反応を示すことの大切さを実感しました。

次に、公益社団法人福岡県社会福祉士会権利擁護センターぱあとなあの小幡秀夫さんから、成年後見制度と市町村の責務についての説明がありました。市町村では、何らかの支援が必要な人を発見するための体制をどのように整えるかが課題であるとのことでした。成年後見制度の利用の促進に関する法律のイメージ図や嘉麻市の実績のデータをもとに、成年後見の全体のイメージをつかむことができました。

生活支援員研修会(初任者編)

8月2日(水)、クローバープラザで行われた平成29年度福岡県日常生活自立支援事業 生活支援員研修会(初任者編)を受講しました。

最初に、日常生活自立支援事業の概要と県内の実施状況についての話があり、この事業の目的や対象者、具体的な援助の方法を学びました。
次に、生活支援員の援助活動の実際について、2名の生活支援員から活動報告がありました。
この事業では、本人の目標を達成するための1つの手段として金銭管理があることや、住み慣れた地域の中で、支え合いながら生きていけるよう自立支援の役割があることを学びました。
これまで携わった支援活動を振り返り、利用者の方のやりたいことや叶えたいことを実現できるよう一緒に考えながら、生活を支えるお手伝いをしていきたいと思います。