買い物移動支援

最近、協議体「なつきちゃんにし」から生まれたしくみである、買い物の移動支援を利用したいという相談を受けることが多くなりました。
「リハビリも兼ねて、できることは自分でしたい」「参加者同士でおしゃべりを楽しみたい」と、移動支援の利用を希望されるきっかけはさまざまです。
移動支援の概要は、以下をご参照ください。

EPSON MFP image

初回相談の方については、生活支援コーディネーターが自宅に伺い、生活の様子を聞かせていただくことになります。
まずは、本会までお問い合せください。

児童遊具点検

5月の連休明けから、本会が管理している児童遊具の定期点検を福祉推進員さんと一緒に行っています。
先日、松山団地内にある児童遊具点検を行っていると、公園の周りの草取りをしている住民の方に出会いました。
公園の横を通ると、いつも草は短く揃えてあったのですが、綺麗な状態が維持されているのは地域の方の協力のおかげだということが分かり、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

なつきちゃんにし②

5月16日(木)、山野第二公民館にて第2回協議体「なつきちゃんにし」を開催しました。
山野第二行政区では、秋まつりや盆踊り、公民館内の清掃活動をしているそうですが、組内に入らない人が増え、存続が難しくなっているとの話がありました。
また、稲穂園が、ひまわり団地にお住まいの方を訪問し、総合相談窓口の案内をして回ったところ、「今は困っていないけど、1人暮らしになった時にはお世話になるかもしれない」と稲穂園に開設している窓口を利用する人はほとんどいらっしゃらなかったそうです。
地域の方から「この辺りの人は、近所に家族が住んでいるところや定期的に両親の家に来ているところが多いよ」という話を聞いていたので、家族同士での助け合いができているのかなと思いました。
次回は、令和6月20日(木)13時30分~漆生中央公民館で開催します。ぜひご参加ください。

箱いっぱいのリングプル


「3年分のリングプルを持ってきました」と市外にお住まいの方がたくさんのリングプルを持って来てくださいました。その方は、もともと嘉麻市に住んでいたのですが、市外へ引っ越したため、関わりのあった本会職員に挨拶をしようと立ち寄ってくださったそうです。
私は今日初めてお会いしましたが、温かい気持ちになりました。
このリングプルは、後日換金され、本会で貸出を行うチャイルドシートの購入等の財源になります。
ご協力、ありがとうございました。

れいわひめ

5月1日、いよいよ今日から新たな元号「令和」が始まります。
先日、40周年記念公園内の山野炭鉱ガス爆発事故慰霊碑の周りにある花壇を見に行くと、色とりどりのお花とともに、「れいわ」にちなんだ看板が添えられていました。
見に行くためには、ながーい階段を上る必要がありますが、散歩コースにもおすすめです。
季節ごとに植えられているお花も変わるので、どんなお花が咲いているかな?と立ち寄って見てみてください。

広報紙えがお158号を発行しました

明日からいよいよゴールデンウィークが始まります。
みなさんはどちらにお出かけしますか?

さて、今日は少し早いですが、広報紙えがお158号発行のお知らせです。
今回の広報紙から、12ページになり、内容もリニューアルしました(^-^)
下記のような内容を掲載していますので、ぜひご覧ください。
嘉麻市社会福祉協議会ホームページからもご覧になれます♪♪
http://kama.syakyo.com/kouhou.htm

EPSON MFP image

表紙・・・小学生の登下校を見守る
p2・・・繋がることの大切さを学ぶ、「ひきこもる」ことについてともに考える
p3・・・児童虐待を少しでも減らしていくためにできることは… 
p4~5・・・嘉麻市社会福祉協議会 2019年度事業計画
p6・・・2019年度 一般会計資金収支予算書、ふれあい・いきいきサロン立ち上げへ
p7・・・ 地域支えあい事業のご案内
p8・・・忙しい朝を応援 レンジでチンする簡単オムライス、成年後見Q&A
p9・・・理事会・評議員会のご報告、ボランティア情報、山田ふれあいハウスからのお知らせ、指定葬祭場紹介
p10・・・5月・6月・7月の総合相談、ご案内、香典返し・寄付
p11・・・香典返し・寄付、会員会費お礼
p12・・・ふるさとへの手紙、交流の場 みなさまの声をお寄せください、社協だよりクイズ、編集後記

次回の広報紙えがおの発行は、8月1日です。
みなさまから発行を心待ちにされるような情報紙を目指していきたいと考えていますので、ぜひご意見やご感想、暮らしに役立つ情報をお寄せください。

問い合わせ先 嘉麻市社会福祉協議会
TEL:0948-42-0751  Email:tiiki@kama.syakyo.com  

地域交流ゲートボール大会

4月25日、老人ホームの広場で、年に一度の「地域交流ゲートボール大会」が開催されました。
嘉穂、稲築、施設の職員が5人1チームになり、チーム対抗でゲートにボールをくぐらせていきます。
途中小雨が降りましたが、なんとかゲームを続けることができました。この大会には、山田や碓井から参加される方もいらっしゃいます。
メンバーの1人は、「自宅にじっとこもっているよりは、外に出てみんなと楽しみたい」との思いで参加を決めたと話されていました。
はじめは、1つのチームだけでしていましたが、参加者が年々減ってきたことで、いろいろな地区からメンバーを募ることになったそうです。
地区を越えた交流の場も新鮮でいいなと思いました。

なつきちゃんにし①

4月18日、軽費老人ホーム稲穂園にて、第1回「なつきちゃんにし」を開催し、7名が参加しました。

稲築西校区では、見守りのしくみづくりについて、話を進めているところです。
山野第一ネットワーク委員会の見守り訪問活動、ラジオ体操が子どもから高齢者までの見守りにもつながっているとの話をみなさんと共有し、今後どのような形でしくみを作っていくかを話し合いました。
民生委員の活動をしていても、異性の一人暮らしの自宅には1人では行きづらいため、同性同士で訪問できるような体制にしてはどうかとの意見が出されました。
組長や区長を中心に動こうとすると、組内に入っていない人たちとつながることが難しいため、福祉施設やスーパー、人の協力を得ながら、地域で見守る目を増やすことができないかとの声もありました。
福祉施設や地域のみなさんに協力が得られないかどうか相談することになりました。

次回の「なつきちゃんにし」は、5月16日(木)13:30〜山野第二公民館で行います。
ぜひご参加ください。

第10回生活支援コーディネーター連絡会

4月17日、大刀洗町ドリームセンター展示ホールで開催された、第10回福岡県生活支援コーディネーター連絡会に参加しました。
県内の生活支援体制整備事業の実施状況についての情報提供があり、その後、各市町村から出された活動にあたっての課題と解決のための取り組み例を教えてもらいました。
グループワークでは、社協と行政の連携のあり方、通いの場から地域づくりにつなげる取り組みの過程を知りたいとの意見が出されていました。
また、地域づくりには福祉関係者以外の人がネットワークに入っているかどうかがポイントであるとの話がありました。
今回の連絡会をとおして、地域を歩きつつ、地域づくりを一緒に考えていく仲間を増やしていきたいなと感じました。

心配ごと相談開設について

4月10(水)の心配ごと相談は、下記のとおり稲築地区公民館で開設します。
2名の相談員が、地域のみなさんが抱える生活上の悩みや困りごとの相談に応じます。
予約の必要はありません。
先に相談されている方がいらっしゃる場合、お待ちいただくことがありますので、ご了承ください。


開催日時 4月10日(水) 13:00〜15:00
開催場所 稲築地区公民館 1階 第二会議室(嘉麻市岩崎1141)
相談は無料です。

4月は、就職や引越しなどで環境に変化が起きやすい時期でもあります。1人で悩んでいることなどお話ししてみませんか?
秘密は厳守いたします。お気楽にお越しください(^^)