なつきちゃんにし⑩

2月20日(木)、漆生中央公民館で第10回協議体なつきちゃんにしを開催し、9名が参加しました。
はじめに、デマンド運行型バスの情報をみなさんと共有しました。
次に、前回に引き続き、見守り活動について話し合いました。参加者からは、「訪問しても出てこない人」や「近所に、心配ごとがあると自宅を訪ねてくる人がいる」との話がありました。先日は、「災害に備えるため、土のうがほしい」と相談があったそうです。漆生中央行政区には、浸水被害にあう可能性のある場所があることが分かりました。後日詳しく話を聞かせてもらい、災害に備えた助け合いについて話し合っていきたいと思います。
次回は3月19日13時30分から稲築地区公民館で開催します。ぜひご参加ください。

遊びの達人

先日訪問したAさんの家で、綺麗な色のインコを見せてもらいました。

どんな風に遊ぶのかなと思っていたら、コインを咥えて飛ばし、音を鳴らし聞き耳を立てたり、ラムネが入った容器を「おきあがりこぼし」のように揺らしていました。
どんなものでも遊び道具に変える発想が見ていて面白かったです。

2月の心配ごと相談のご案内

2月の心配ごと相談は、以下の日程で開催します。
2名の相談員が、地域のみなさんが抱える生活上の悩みや困りごとの相談に応じます。
予約の必要はありません。
先に相談されている方がいらっしゃる場合、お待ちいただくことがありますので、ご了承ください。相談は無料です。

開催日時
2月12日(水)13:00〜15:00
2月26日(水)13:00〜15:00
※開催場所はいずれも稲築住民センターです。

ご利用の際は、直接稲築住民センターまでお越しいただき、1階の本会事務局までお声かけください。

稲築地区福祉推進員ブロック別懇談会を開催

稲築地区福祉推進員ブロック別懇談会を開催し、1から5ブロックまでのすべての日程が終了しました。
懇談会では、福祉推進員として活動するなかで感じている悩みや思いなどを話してもらいました。
参加した方からは、「近所に、夜間に外出して自宅が分からなくなった方がいて、普段から気にかけるようになった。何度か一緒に散歩したこともある」との話がありました。
他の方からも同じような経験があるとの声が上がっていました。
地域の方々が困ったときに、積極的に声をかけていることが分かり、頼もしく感じました。
各ブロックで話し合った内容は、2月に開催する定例会で福祉推進員のみなさんと共有し、これからの活動について考えたいと思います。

広報紙えがお161号を発行

広報紙えがお161号を発行しました。
嘉麻市社会福祉協議会の事務所移転に伴い、代表番号等が変更となります。P3の詳細をぜひご覧ください。
その他、下記のような内容を掲載しています。
嘉麻市社会福祉協議会ホームページからもご覧になれます(^^)
http://kama.syakyo.com/kouhou.htm

表紙・・・瑠璃色(稲築志耕館高等学校2年生 橋爪さん、松本さん作)
p2・・・児童虐待を少しでも減らしていくためにできることは…シリーズ④
p3・・・嘉麻市社協の事務所 山田ふれあいハウスに移転、在宅介護者の集い リフレッシュ事業参加募集
p4・・・嘉麻市社会福祉協議会 正規職員を募集します!!
p5・・・住み慣れた地域で暮らしていくために、令和2年度 協議体の開催日時及び会場
p6・・・成功体験が自信に、子どもたちに芽生える思いやりの気持ち
p7・・・病気やケガなどもしもの時に備えて……、成年後見Q&A
p8・・・法人運営INFORMATION、ボランティア情報、空き家管理住まいるサービス
p9・・・2月・3月・4月の総合相談、ご案内、指定葬祭場紹介
p10~11・・・香典返し・寄附、会員会費お礼
p12・・・ふるさとへの手紙、社協だよりクイズ、編集後記

朝から雨が降ったりやんだりしていて、すっきりしない天気でしたが、ふと空を見ると虹がかかっていました。
雨の日は、気分も落ち込みがちですが、「綺麗な虹が見られるかもしれない」と思うと、雨も悪くないなと気持ちも晴れました。

なつきちゃんにし⑨

1月16日(木)、第9回協議体「なつきちゃんにし」を漆生東公民館で開催し、16名が参加しました。
前回の振り返りを行い、今後の協議体の進め方の参考にするために嬉野市の取り組みを紹介しました。
漆生東行政区については、昔ながらの炭鉱住宅に住む方と、公営住宅の入居者の年齢層に差があることや交流する機会が少ないとの意見が挙げられました。また、組内による回覧板制度がなくなることで今以上に集まりづらくなり、近所の方と話す機会も減ってしまうのではないかと心配する声も寄せられました。みんなで買い物に行く日を決めるなど、新たな交流の場をつくれないかと想像を巡らせました。 
今後は、温かい地域をつくるために何ができるのかをミニ協議体で話し合うとともに、カラオケで集まるメンバーを対象にデマンド運行型バスの説明会を計画することになりました。
次回の協議体は、2月20日(木)13時30分から、漆生中央公民館で行います。
どなたでも参加できますので、お気軽にお越しください。

いつまでも笑顔で

グループホームで暮らすAさんとは、月に一度は必ず会って話をするようにしています。先日、いつも笑顔で迎えてくれるAさんの部屋の壁に、筆で書かれた作品が飾られていました。

「怒るより利口でかわいいあほになれ 笑てなはれや〜」と書かれています。
浪花楽笑こと田中幸男さんの著書「笑てなはれや〜」を見本に書いたのかもしれませんが、言葉選びがAさんらしいなと思いました。
Aさんにはいつまでも笑顔でいてほしいなと思います。

思わぬいたずら

朝晩の冷え込みも日増しに強まっているように感じ、自然と肩にも力が入ってしまいます。
先日、広報紙の取材でおじゃましたときに、木製の蛇がソファーの上に転がっていてびっくりしました。
話しを伺うと、自宅に来た人を驚かせるためにわざと部屋に出しており、Aさんが日替わりで場所を移動させているとのことでした。
揺するとクネクネと動き、本物そっくりでした。
Aさんからの思わぬドッキリに、心なしか距離が縮まった気がしました。

心配ごと相談のご案内

今月初回の心配ごと相談は、以下の日程で開催します。
2名の相談員が、地域のみなさんが抱える生活上の悩みや困りごとの相談に応じます。
予約の必要はありません。
先に相談されている方がいらっしゃる場合、お待ちいただくことがありますので、ご了承ください。相談は無料です。
開催日時 1月8日(水) 13:00〜15:00
開催場所 稲築住民センター
ご利用の際は、直接稲築住民センターまでお越しいただき、1階の本会事務局までお声かけください。