在宅介護者の集い「こころ」定例会 平成29年10月

 稲築住民センターで、10月12日(木)に在宅介護者の集い「こころ」の定例会を開催しました。6名が参加され、介護について意見交換を行いました。参加者のなかに街頭募金の呼びかけに協力してくださった方がおられ、「知り合いが募金をしてくれて嬉しかった」と、話されていました。
 また、前回の定例会で協議体について知りたいとの声があり、資料をもとに説明しました。参加者から、「行きたいところに連れて行ってくれるバスがあれば、移動問題の解決に近づけるかもしれないね」、「今日の話を聞いて、都合がつけば参加してみたいと思った」との声がありました。

次回の在宅介護者の集い「こころ」は下記のとおり開催します。
日時:11月9日(木)13:00~15:00
場所:山田ふれあいハウス
在宅で介護されている方々が、いろんな情報交換を通じて、楽しくリフレッシュしています。

福岡県立嘉穂特別支援学校運動会ボランティア

 10月14日(土)、福岡県立嘉穂特別支援学校で運動会が行われ、本会のかまボランティア・市民活動センターに登録されているボランティアさん2名と一緒に参加しました。
心配された天気でしたが、運動会中は晴れ間ものぞき、雨に濡れることもありませんでした。開始前の駐車場の案内をした後に、近畿大学付属福岡高校学校や福岡県立稲築志耕館高等学校の学生さんと一緒に、用具の出し入れなどを手伝いました。
 運動場では、玉入れ競技や炭坑節を踊ったのちに、体育館に移動してボウリングやストラックアウトなどが行われました。児童の一生懸命な姿や笑顔に、大きな声援が送られ、とても楽しくすがすがしい一日になりました。

嘉麻い隊うすい⑦

10月13日(金)、うすい人権啓発センターあかつきにて第7回協議体「嘉麻い隊うすい」を開催し、12名が参加しました。

嘉麻市防災対策課の大場直樹係長から、市が進めている自主防災組織について話していただきました。いざという時にお互いの助け合いが必要になるため、身近な地域に自主防災組織を作ることで、危機管理意識が高まること。また日頃から横のつながりを広げてコミュニティを築いていくことが大切だと学びました。
 その後は、参加者のみなさんとフリートーク形式で、それぞれの思いや考えを話し合いました。碓井地区全体でイベントを開催し、世代を超えたつながりや一体感を感じ、顔の見える関係づくりを広げたいとの意見が上がりました。
次回は、11月10日(金)飯田公民館にて10時から開催します。協議体は、みなさんの思いや考えを話す場です。ぜひご参加ください。

ボランティア募集情報

10月28日(土)、シルバーケア嘉穂施設内にて秋祭りを開催します。その時に模擬店の販売補助や利用者のレクリエーション補助をしてくれる方を募集しています。ぜひ、ご協力をお願いいたします。
日時:10月28日(土) 10:00~15:00
場所:シルバーケア嘉穂施設内 (嘉麻市鴨生480-1)
内容:模擬店の販売補助や利用者のレクリエーション補助
備考:動きやすい服装で、上靴準備 昼食はシルバーケア嘉穂にて用意
募集人数:2~3名
募集期限:10月20日(金) 
【お問い合わせ】かまボランティア・市民活動センター 電話 0948-42-0751

市民後見人養成フォローアップ講座4日目

10月11日(水)、市民後見人養成フォローアップ講座4日目を開催し、本会職員を含む22名が参加しました。


一般社団法人エール福岡代表理事山本真理子さんに、「記録の目的と役割について」話してもらいました。
記録は、自分がどんな支援を提供したか、それを選択するに至った判断基準がなんであったのかを明らかにすることで、支援の有効性などが検討できます。更には、明解で具体的な表現をすることや専門用語、略語は避けるなどのポイントを教わりました。
4つの要素:SOAP(S:SUBJECTIVE主観的情報 O:OBJECTIVE客観的情報 A:ASSESSMENT課題分析 P:PLAN結果に基づいた計画の作成)を取り入れた記録やリフレーミング(物事を見る視点を変える)について学んだのち、受講生同士でリフレ―ミングの演習を行いました。本日学んだ点に注意して、日頃の業務で実践していきたいと思います。

街頭募金3日目

2日目の昨日は、雨で中止となりましたが、今日はお天気に恵まれて、市内のスーパー等7カ所で街頭募金を実施。季節はすっかり秋となりましたが、日中は汗ばむ陽気となりました。


お子さんからご年配の方まで、たくさんの方に協力していただき、ありがとうごさいました。明日は、街頭募金の最終日となります。よろしくお願いいたします。

10月8日(日)
●カッホ―馬古屏 8時30分~10時30分
●道の駅うすい 10時30分~12時30分/15時30分~17時30分
●スーパーASO稲築店 10時30分~12時30分/16時00分~18時00分
●food way稲築店 10時30分~12時30分/16時00分~18時00分
●スーパー川食山田店 10時30分~12時30分/16時00分~18時00

ふるさとへの手紙募集中~あなたのふるさとへの思いを手紙にしてみませんか~

市内を車で走ると、稲刈りを終えた田んぼが目立つようになり、畦道の彼岸花も色あせ、秋だな~と感じます。朝夕は肌寒く、今日は長袖で出勤しようかなと悩むようになりました。

突然ですが、本会が毎月発行している広報紙『えがお』に、ふるさとへの手紙というコーナーがあるのをご存知でしょうか?このコーナーは、嘉麻市社会福祉協議会が誕生し、『えがお』の発行を始めてからずっと続いているコーナーです。現在は、市外で生活している嘉麻市出身の方でふるさとへの想いを綴っていただける方を募集しています。このコーナーをきっかけに、旧友との交流を再開した方々もいらっしゃいます。興味や関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。
嘉麻市社会福祉協議会(0948-42-0751)

台風18号 大分県災害ボランティア情報

先週末の台風18号に伴う大雨によって、大分県では広い範囲で土砂災害が発生しました。佐伯市、臼杵市、津久見市では、災害ボランティアセンターが開設されています。
家具の運び出しや室内の泥出しを中心とした活動が求められていますが、スコップなどの資材が不足しているようですので、お持ちの方はご持参ください。
嘉麻市からボランティアに行かれる方は、事前に本会でボランティア保険への加入手続きをお願いします。やむをえず現地で加入する場合は、350円が必要となりますので、あらかじめお釣りのないようご準備ください。
ボランティアの受付時間はいずれも9時からとなっております。高速道路料金の減免措置も開始されています。詳細については大分県やそれぞれの社会福祉協議会ホームページ、フェイスブックでご確認ください。
活動に行かれる際には、長袖、長ズボン、厚手のゴム手袋、長靴、防塵マスク、昼食、飲料水などをご持参の上、くれぐれも体調に気をつけて、怪我のないように活動してください。みなさまのご協力をお願いします。

台風18号が接近しています

台風18号が接近しており、明日の午前中には嘉麻市も暴風警戒域に入ると予測されています。今回の台風は非常に大型で、長時間の暴風雨に注意が必要です。
嘉麻市役所のホームページを確認すると本日15時から、下記の自主避難所が開設されています。
避難される方は、戸締りの上、安全に移動できる明るいうちに、食料や毛布、お薬など身の回りに必要な物を持参して下さい。
【稲築地区】なつき文化ホール 、稲築保健センター、ふるさと交流館「なつきの湯」
【碓井地区】碓井住民センター、うすい人権センターあかつき
【山田地区】山田市民センター 、上山田住民ホール、下山田小学校 白馬ホール、山田地区公民館熊ヶ畑分館(憩いの家白雲荘)
【嘉穂地区】嘉穂総合体育館、下牛隈公民館、はせ一里館、嘉穂地区公民館千手別館、嘉穂地区公民館宮野分館、嘉穂地区公民館足白分館

かまボランティア市民活動センター
0948-42-0751

嘉麻い隊うすい⑥

9月8日(金)、碓井地区公民館にて第6回協議体「嘉麻い隊うすい」を開催し、16名が参加しました。

9月26日(火)に開催する全体会にむけて作成した資料をもとに、みなさんで内容を確認し、意見交換を行いました。
上臼井東地区の活動に、みなさんが「こんなふうになったらいいな」と思う地域づくりのヒントがたくさんあり、参考にしたいという意見が多くでました。そこで、碓井地区全体に広めていくためには、みなさんに知ってもらいたく、そのためにはどうしたら良いのかも考えました。
同じ碓井地区でも、それぞれの行政区で地形や住んでいる方の年齢層、困りごとや課題などが違うことから、その地区に合った助け合いの仕組みづくりを考える必要があるが、まずはその地域の方に協議体で話しあっている内容や出た意見を知ってもらうため、メンバーから発信していこうということになりました。
全体会は、9月26日(火)稲築地区公民館にて13時30分から開催します。
また、碓井地区の次回の協議体は10月13日(金)人権啓発センターあかつきにて13時30分から開催します。
どなたでも参加できます。みなさんのお越しをお待ちしています。