ふるさとへの手紙

市内を車で移動していると、4月の終わり頃から自生する藤の花を見かけます。ゴールデンウィークには名所に出かけて花見を楽しんでいましたが今年は諦め、擁壁や高い木の上に見える薄紫色の花を楽しんでいます。
手の届かない高いところにあるイメージだった藤ですが、地域訪問の道すがら、地面に垂れ下がっている場所を見つけたので思わず写真を撮りました。
訪問先でお見せすると、数年から蔓が広がり見応えのある花になってきたそうで、昨年は、帰省した娘さんやお孫さんと一緒に散歩しながら花を摘んだよと話してくれました。

今年は外出の自粛が続き、帰省を控えている方も多いことでしょう。本会の広報紙えがおには、「ふるさとへの手紙」というコーナーがあります。市外や県外で暮らしている嘉麻市出身の方にふるさとへの思いを綴っていただくことで、なかなか会えない旧友やお知り合い等とのご縁をつなぐコーナーとなっています。
寄稿できる方や紹介いただける方は、下記までご連絡ください。
嘉麻市社会福祉協議会(0948-43-3511)