嘉穂ますます会②

5月21日(月)旧宮野小学校で、嘉穂ますます会を開催し、18名が参加しました。

旧宮野小学校での開催は初めてで、回覧板を見て参加した方が数名おられたため、高齢者介護課と本会から総合事業(介護予防・日常生活支援総合事業)と協議体について説明しました。
その後、4つのグループに分かれて、宮野小学校区のいいところやあったらいいなと思うことについて話し合いました。
以前、分校として使われていたログハウスタイプの建物がきれいに残されていることや自然が豊かで、あじさいロードがあり、手を加えなくても自然に蛍が飛び交うこと。公園がないため、ログハウスや旧宮野小学校の校庭が活用できないのか。大型バスではなく、小さい車で大通り以外の路を回ってほしい、バスの時間があわず、帰りはタクシーで帰っている、運転免許証を返納した後の移動手段が不安など、様々な意見が出ました。
最後に、お試し乗り合いタクシーの参加者から報告してもらいました。買い物や病院など目的別に乗り合いったほうがいいのではないかといった意見や金額面の負担について質問がありました。
次回の協議体は、次の通りです。どなたでも参加できますので、気軽にお越しください。
日時:平成30年6月18日(月)13時30分
場所:千手いこいの家

中学校体育会

今日は、市内の中学校で体育会が開催されました。
数日前までの天気予報では降水確率が高く、延期になるかもと心配しましたが、晴天に恵まれ、カラッとした風が吹き、気持ちのいい一日になりました。
児童委員や民生委員さん、毎朝通学路で子どもたちの安全を見守る地域の方々などが来賓として呼ばれ、声援を送りました。
小学校入学から見守っている方は、子どもたちの頑張りに、「体だけでなく心も成長し、立派な上級生になったね」と嬉しい言葉をかけられました。「いつも、ありがとうございます」と、元気な声で答える頼もしい中学生の姿を見ることができました。

「Bravo!」定例会 5月

5月19日(土)、山田ふれあいハウスにて「Bravo!」定例会が開催されました。「Bravo!」は障がいを持つ子どもと家族の会です。月に一度集い、情報交換をしたり、悩みを話したりしています。
今回は、将来福祉関係の仕事に就きたいと考えている学生ボランティアさんが1名参加され、子どもたちと一緒におもちゃやブロックを使って遊びました。
感想を伺うと、「子どもたちの賑やかな声を聞きながら、楽しく過ごしました。楽しそうな姿を見ていたら、こちらが元気をもらえました」と、清々しい表情で話してくれました。

なつきちゃんにし②

5月17日(木)、漆生中央公民館にて第2回協議体なつきちゃんにしを開催し、7名が参加しました。

 今回初めて参加された方がおられたので、最初に協議体の役割について話しましたのち、漆生中央行政区にあるお店や施設、行事、サロン活動について教えてもらいました。食料品を販売している店は少ないのですが、医療機関や整骨院、酒屋さんが多いことが分かりました。
 また、参加された方から、災害が起きた時にどこへ避難すれば良いのか、避難の方法がわからないとの声がありました。そこで、自主防災組織の例を挙げ、山田や碓井地区の活動について、みなさんと共有しました。
 行政区によっては、範囲が広いところもあるため、行政区単位ではなく、隣の人同士で支えあえるような組単位で見守るしくみを、地域で作っていければ良いねとの意見がありました。どの地区でも共通してでてきた課題ですが、組に入っていない人、入っても抜けてしまう人がいて、なかなかつながりが作りにくい状況もあるとのことでした。 
 次回は、6月21日(木)稲築保健センターにて13時30分から開催します。ぜひご参加ください。

なつきちゃんひがし②

5月17日(木)10:00から稲築東校区の協議体を鴨生第一公民館で開催しまし、初めて参加した4名を含む15名が参加しました。
前月の協議体の振り返りをした後、鴨生第一行政区について教えてもらいました。買い物や病院、金融機関などがたくさんあり、参加した方は、「改めてみると、店や病院などがいっぱいあって、便利がいいね」と話されていました。また、サロン活動や行事、地域の施設が行うイベントなども行われています。
地域には空き家が増え、防犯上や衛生面で心配だけれど、持ち主や家族の所在が分からないと。また、住宅地と商店、県営住宅などがあり、住んでいる人の年齢層が幅広く、隣近所や組内での付き合いが難しくなったとの声もありました。
鴨生第一行政区たくさんの宝物を知ることができました。

次回開催のご案内
日時 : 平成30年6月21日 10:00~
場所 : 銭代坊公民館
協議体は、どなたでも参加できますので、気軽にお越しください。

尾浦第一サロンで

 5月16日(水)、尾浦第一集会所で行われたいきいきサロンにおじゃましました。
 2年前に実施した地域アセスメントを見ながら、更に詳細な情報を集め、変わったことや解決したことを整理していきました。
 経営者は変わったが、鮮魚や生花を売る商店があったり、送迎時に銀行やお店に寄ってくれる病院があったり、空き家や気になる人の情報を出し合ったり、思い出話をしたり、楽しみながら自分たちの地域のことを話し合いました。

 参加者の中に94歳の方がおられ、樋口炭鉱が栄えていた頃の話をしてくれました。70歳代の方がご存じないこともたくさんわかり、驚きの声が上がりました。後日、炭鉱の記憶の取材に伺う約束ができたので、とても楽しみです。

あっとふるやまだ②

 5月15日(火)、今年に入って2回目のあっとふるやまだを山田活性化センターにて開催し、18名が参加しました。まず初めに、産業振興課から嘉麻市の買い物弱者対策の経過を聞きました。行政として進めてきたことと協議体で考えてきたことを具現化する中で、商業団やコンビニエンスストアとつながることができ、移動販売の実施に向けて、少しずつ未来予想図がみえてきました。
 今日は、前回の協議体で、買い物に困っていると思われる行政区を中心に、上山田、下山田、熊ヶ畑のグループに分かれて、地域の状況を整理しました。金融機関や商店、病院や施設、公園や団地、サロンや地域の行事など人が集まる場所を見える化し、地域のどなたと一緒に考えていったらいいのか、意見を出し合いました。
 今日出た意見や情報は、山田地区の宝物です。次は、その地域を回って、住んでいる人に話を聞きながら、宝物を増やしていきたいと思います。

季節を感じる

利用者さんのお宅に向かう途中で、道路脇の斜面に山椒の木を見つけました。若葉の優しい緑に手を伸ばすと、独特な香りが漂ってきます。

また、稲築庁舎の駐車場の一角には野いちごが生えていました。つやつやの粒が可愛らしくて、思わず写真を撮ってみました。

最近は、1日の中でも気温の変化が大きく、衣替えをしても長袖をしまうことができませんが、寒くも暑くもないこの時期は過ごしやすく、お出かけに最適な季節ですね。
先日、市民の方から、長谷山の新緑祭や博多どんたくに行った話を聞かせてもらいました。連休をご家族やお仲間と楽しくすごされたようです。

平成30年度 馬見山山開き

 5月14日(日)、嘉穂三山愛会主催による馬見山山開に参加しました。朝からあいにくの雨で、登山は中止となり、馬見山キャンプ場で安全祈願が行われました。
 この日は、嘉穂三山愛会の会員さん同士で結婚されたカップルのお祝い会が開かれ、参加者からたくさんの祝福の声がかかり、照れながらも幸せそうな2人の姿を見て、とても嬉しくなりました。
最後に、記念品とぜんざいがふるまわれ、心身共に温まったところで、馬見山山開きは終わりとなりました。
 賑やかで素敵な時間を地域のみなさんと共有でき、とても思い出深い1日となりました(^_^)


嘉麻い隊うすい②

 5月11日(金)、飯田公民館にて平成30年度第2回協議体「嘉麻い隊うすい」を開催し、11名が参加しました。

 自己紹介をした後、参加した飯田行政区の方々から地域のことを教えてもらいました。公園や交番、商店が多く、お宮や地域の行事がたくさんあり、住民同士の交流の場もありました。
 地域に住む心配な方や困っている方には声をかけてはいるが、遠慮される方や深く関わることを望まない方もおられ、なかなか難しいとの話がありました。
不安や困りごとを抱えたAさんやBさんと出会い、一緒に考える中で仕組みを作っていくのが協議体であり、今後も参加していただきたいことを伝えました。
次回は、6月8日(金)昭嘉公民館にて13時30分から開催します。ぜひご参加ください。