なつきちゃんひがし➀

 4月19日(木)10:00から稲築東地区の協議体を鴨生町公民館で開催しました。
 今回から、地域の方々の声を聞くことと、協議体の周知を図るため各地区の公民館で開催することとなり、初めての公民館での開催となりました。

 今までの協議体活動の振り返りをした後、各地域での活動や行事などを色々教えていただきました。ある地区では、公民館活動で、コーラスや習字、英語や脳トレなどの活動が定期的に行われているとのことでした。行事では土曜夜市や盆踊り、秋祭りに獅子舞などが行われ長い歴史があると伺いました。行事には、子どもから大人まで幅広い年齢の方が参加し、他の地区からも多くの方が訪れるとのことでした。別の地区では、オレンジサロンを公民館で月2回行っているお話を伺うことができました。地域の宝物を沢山教えていただきました。また、困り事としては、空き家が増え、防災の面でも心配との声があがっていました。これから、各地区の公民館で開催される協議体で地域の活動や行事などの宝物の話や困り事を伺えたらと思いました。

次回開催のご案内

日時 : 平成30年5月17日 10:00~
場所 : 鴨生第一公民館

 どなたでも参加できますので、気軽にお越しください。

福岡県生活支援コーディネーター連絡会

4月18日、筑前町のコスモスプラザで開催された第6回福岡県生活支援コーディネーター連絡会に職員7人で参加しました。

 最初に、福岡県保健医療介護部高齢者地域包括ケア推進課の方から、「地域包括ケアシステムの構築」(地域包括ケアシステムとは:重度な要介護状態になっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、医療・介護・予防・住まい・生活支援が包括的に確保される体制)について説明を受けました。その後、グループワークで地域の活動や課題をどのように把握し解決していくかについて話し合いました。
今回の連絡会は、地域にある助け合いの仕組みや見守り活動などの宝物をどのように見つけるかと、困り事などの解決したいことにどのようなものがあるかをいかに把握し、地域活動にどう結びつけていくのかを学ぶことが目的でした。地域を知ることの難しさがわかりました。
 地域での助け合いについては、みなさんと一緒にこれからも考え続けていきたいと思います。

あっとふるやまだ①

4月17日(火)、山田地区の協議体を白馬ホールで開催しました。
山田地区にある企業から、移動販売の仕組みづくりについて一緒に考えたいとの話があったことをみなさんに報告しました。参加した方からは、せっかく繋がった商業団との縁を大切にしたいとの思いがあり、まずは商業団の方に話したうえで、企業も含めて一緒に考えていきたいとの意見が出たため、商業団連合会の会長さんに話をしに行くことにしました。
また、一つひとつの行政区の地理を思い浮かべながら、生活用品や食料品を販売されている商店があるかどうかを、みなさんと情報交換しながら、買い物に困っている方が多くいらっしゃると思われる行政区をリストアップしました。今後は、行政区長さんや民生委員さんにも意見をもらいながら、移動販売の開催場所について検討していきたいと思います。

社会福祉法人 ひまわり会 茶話会

 4月16日(月)、特別養護老人ホームひまわり園内にて茶話会が開催され、かまボランティア・市民活動センターに登録している個人ボランティアさん1名が参加しました。
 茶話会では、ホットケーキやサンドウィッチ、カップ麺などが提供され、入居者さんに楽しいひとときを過ごしてもらうことやボランティアさんなどを通じての地域交流を目的とされているそうです。
 ボランティアさんはカップ麺やお茶を運ぶお手伝いや入居者さんとお話ししたりされていました。
 参加したボランティアさんは、「以前実習でこちらに来たことがあって、恩返しがしたいと思い参加しました。ありがとうの言葉をいただけて嬉しかったです。」と話されました。

嘉穂ますます会①

4月16日(月)、「嘉穂ますます会」を夢サイトかほで開催し、11名が参加しました。

始めに、前年度の振り返りをしたあと、支え合いの仕組みづくりと協議体をどのように進めていくかをグループに分かれて話し合いました。支え合いの仕組みづくりについては、今は挨拶運動など顔の見える関係づくりを行っている段階であること。また、嘉穂地域は親族や地縁のつながりがあり、ちょっとした困りごとは頼みあえる関係があることを教えてもらいました。また、地域の行事が減ってしまった地域や千手大学などがあり地域行事が活発な千手地区でも、組に入らない人がいることなどが分かりました。
協議体の進め方については、次回は宮野地区で行うため、初めて参加される方もおられることから、改めて総合事業(介護予防・日常生活支援総合事業)や協議体の役割について、皆さんと共有することにしました。
最後に、参加者から嘉穂地域でも地域福祉部会の地域福祉推進員を設置したらどうかと意見が出ました。
(次回開催)
日時:5月21日(月)
場所:旧宮野小学校
どなたでも参加できます。お気軽にお越しください。

カーブーツ嘉麻に行ってきました

あっとふるやまだ(山田地区協議体)では、買い物の仕組みづくりについて考えています。昨年度は、嘉麻市商工会議所の方に来てもらい、商店の実情や買い物応援バスツアーなどの今ある仕組みを教えてもらいました。そのなかで、昨年夏に行われたカーブーツ嘉麻を定期的に開催し、協力店を増やしながら、いずれは生活用品の買い物もできるようになったらという話がありました。
今日はその初日を迎え、山田庁舎駐車場には、市内外からたくさんのお客さんが集まり、また、地元のお店や障がい者施設、個人で出店した方々もいらっしゃいました。
 すこし風が冷たく肌寒いと感じましたが、お店の方と話しながらの買い物はとても楽しく、今後のカーブーツ嘉麻がどんなふうに進んでいくのかも楽しみです。

嘉麻い隊うすい①

 4月13日(金)、西郷公民館にて平成30年度第1回協議体「嘉麻い隊うすい」を開催し、16名が参加しました。

 今年度に入り初めての協議体だったので、自己紹介と前年度の振り返りを行った後、西郷地区の方々から地域について話してもらいました。
 西郷では地域でのつながりが既にできているので、買物や掃除などのちょっとした困り事なら隣近所同士で助け合えている。奉納相撲や御宮神社の季節の祭り、ボウリング大会などの様々な行事を通じての住民交流が盛んであり、結束が強くなりやすい。現在では、西郷を災害から守る会という自主防災組織を立ち上げており、今後は訓練も行い、課題等を見つけて修正していく事や防災活動を通じての地域づくりにも取り組んでいきたいなどがあり、西郷地区について詳しく知ることができました。
 また、参加者から、「西郷地区よりも京塚や出川地区の方が困っている方々が多いと思われるので、そちらで協議体を開催したらどうか。」との提案が多数あり、今後各行政区長に相談していくことにしました。

 次回は、5月11日(金)飯田公民館にて13時30分から開催します。協議体は、みなさんの思いや考えを話す場です。ぜひご参加ください。

安心して遊べる場所

山野運動公園で子どもたちが遊んでいる傍で、花壇の草取りをしている「さくらの会」のメンバーに出会いました。

花壇には色とりどりのお花がたくさん植えられていて、とても綺麗でした。10名のメンバーで約9年間、公園の整備等のボランティアをされているそうです。
みんなで植えたお花の前で写真を撮ると、「身内の不幸があったばかりで落ち込んでいたけど、今日はいい記念になったよ」と笑顔で言ってくださいました。
この公園が、子どもたちが安心して遊べる場所になっているのは、この方たちの陰での見守りのおかげなのかなと思いました。

在宅介護者の集い「こころ」定例会 平成30年4月

 4月12日(木)、在宅介護者の集い「こころ」定例会を開催し、11名が参加しました。
 現在、ご主人の介護をされている方が広報紙を見て、同じ介護をする方々と話したいと思い、連絡してくださいました。
参加者同士で自己紹介をした後に、今までの介護談などを話されました。介護は支援者の気持ちが本人に伝わるものであり、暗い気持ちでいたら悪くなっていく一方である。
くじけそうになることがあるからこそ、自分なりのご褒美を持っておくこと。一人一人やり方は違うから、上手くいかなくても必要以上に落ち込む必要はないなど、それぞれの思いを話されました。
 「楽しく話すことができました。ため込まないことが大切ですね。また、参加したいと思います。」と、嬉しい言葉をいただきました。
 次回の定例会は、下記の通りです。

嘉麻市在宅介護者の集い「こころ」 定例会 平成30年5月
日時:5月10日(木)13:00~15:00
場所:山田ふれあいハウス
在宅で介護されている方々が、いろんな情報交換を通じて、楽しくリフレッシュしています。

サロンでの工夫

鴨生第二行政区のふれあい・いきいきサロンでは、バスハイクなどで訪れたお食事処で配られたチラシをいつも持ち帰るそうです。
その中でも、「面白いのがあるよ」と一部を見せていただいたので、ご紹介します。

このチラシには、「ぼけない五カ条」や「つもりちがい10カ条」などが書かれていました。
公民館の壁に貼られていてどなたでも見ることができるので、サロンの参加者同士で会話が弾みそうです。

この他にも、サロン活動でこんな工夫をしているよという例があれば、ぜひ教えてもらいたいなと感じました。