稲築地区福祉推進員 第1ブロック懇談会

1月23日(火)、稲築地区福祉推進員 第1ブロック懇談会を才田第二公民館で開催し、3名の福祉推進員さんが参加されました。
各地区の活動状況を伺うと、老人会やサロンなどの行事が活発な地区もあれば、住宅が点在しているため、人が集まりにくくて老人会やサロンを開くことができない。辛うじて敬老会と公民館や神社の清掃活動を、年に数回行うことができていると話された地区もありました。
各地区に共通して、若い世代の参加が少ないとの悩みがあり、福祉推進員をはじめとする地域の役を担える人材を育成することが大切だとの意見がありました。
さらに一人暮らしの高齢者の安否確認を徹底することも確認し合いました。
福祉推進員のみなさんが、ご自分の担当地区を、高齢の方が暮らしやすい地区にするにはどうすれば良いかと苦慮しておられる様子が、言葉の端々から窺えました。
私も社協職員として、誰もが安心して暮らせる地域を目指して、地域の方と一緒に努めていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です