自分にできることを楽しく

先日、山田活性化センターに行くと、駐車場に香ばしい匂いが漂っていました。誘われるように厨房にお邪魔すると、地域の方々が集まって、かりんとうを作っていらっしゃいます。小麦粉やおから、卵などを捏ねて伸ばし、1センチほどの間隔で切った生地を油で揚げると、パリッと香ばしいかりんとうのできあがり。作っているメンバーは7人で、在庫を確認しながら、不定期で集まるそうです。最高齢は90歳の笑顔がかわいらしい方でした。
販売所を覗くと、コーヒーやカボチャ、ゆずなどの珍しい味のかりんとうが販売されていたので、早速購入。油っぽくなく、口の中に素朴で優しい味が広がります。山田活性化センターや道の駅うすいでも販売されているそうです。お忙しい中、突然お邪魔した私に、「みんなの時間を合わせるのは大変だけど、楽しいよ」と笑顔で教えてくださいました。顔なじみの方が集まって、冗談を言い合いながら作業をされる様子に、ほっこりした気持ちになりました。