おしゃべりサロン

12月2日(土)、おしゃべりサロンを開催し、3組のご家族が参加されました。
今回はお正月を意識して、ホームベーカリーでお餅をついて丸めたり、CDとビー玉で独楽を作りました。小さな子が口の周りにきな粉をつけ、おいしそうにほおばる姿はなんともかわいらく、頬が緩みっぱなしでした。
最後は、みんなで新聞紙を輪っかにしてマスをたくさん作り、すごろくをしました。参加したお母さんが手作りのサイコロやカードを準備してくださいました。子ども達自身がコマとなり、出た目の数の輪を進みます。裏返しにしたカードには、「けんけんで進む」「犬になる」「1マス進む」などの指示が書いてあり、字の読めない小さな子には上級生が読んであげる姿が見られ、全身を使ったすごろくは盛り上がりました。せっかく1番で進んでいたのに「スタートに戻る」のカードが当たり悔しがる子が、一番でゴールしたらみんなで喜んだり、とても楽しかったようで、何度もゲームを繰り返していました。
普段は、テレビゲームやDSなどを好んでする子どもたちに、「身近にある物を工夫すると楽しく遊べるんだよ」ということを知ってもらえたようです。