あっとふるやまだ⑨

12月12日(火)、山田活性化センターにて、第9回あっとふるやまだを開催し、本会職員を含む12名が参加しました。

嘉麻市商工会議所の中西さんから、買い物応援バスとカーブーツ嘉麻について、話してもらいました。カーブーツとは、車のトランクを開けて出店するスタイルのフリーマーケットで、ハンドメイドの雑貨やリサイクル品等を販売するそうです。また、商工会議所では、スーパーが閉店し買い物に困っている人たちのために何とかしたいと奮闘しているが、商店の高齢化やマンパワー不足が課題となっていることなどを教えてもらいました。
その中で、本年度イベントとして企画したカーブーツ嘉麻を、来年度は定期的に開催し、地元の商店からも出展してもらったり、食品や日用品などを販売ができないか検討されているそうです。メンバーからは、「高齢者も楽しく買い物できそうだね」「店を空けることができない地元商店に代わって商品を販売するボランティアがいればいいな」「商工会議所が買い物の仕組みを考えているのであれば、協議体では会場までの移動手段を考えてみたい」等、たくさんの意見がありました。今後は、商工会議所と協力し、地域のみなさんが買い物しやすい仕組みを考えていきたいと思います。
次回の協議体は、平成30年1月16日(火)に、山田市民センターにて開催します。ぜひご参加ください(^^)

嘉穂ますます会⑨

12月11日(月)、下牛隈公民館にて、第回嘉穂ますます会を開催しました。今日は新宮町の担当課や社会福祉協議会から7名の方が視察に来られ、本会職員を含む25名の参加となりました。
 前回の協議体で、お試し乗り合いタクシーを千手地域でやってみようと決まったので、行き先をどこにするのか、実施する際の課題、事前に声かけすべき企業などについて話し合いました。「やってみてどうだったのかを知るためにも、まずは、民生委員さんに体験してもらってはどうか」「タクシーの運転手さんに手引きなどの介助や荷物運びまでお願いしたら負担になる」などの意見が出ました。今日は大隈タクシーさんが来られなかったので、詳細は相談の上で、決定していくことになりました。
 その後、来年度の協議体の開催場所や日程、協議体に参加してもらいたい企業などについて意見を出し合いました。さくら学園さんや嘉穂地区の各スーパー、消防団や病院にも声かけし、まずは協議体を知ってもらい参加を呼びかけることになりました。

 新宮町の方からは、「活発に意見交換され、楽しまれている様子で素晴らしいなと思った」「お試しでまずやってみるということが大切だと思った」などの感想が聞かれました。
 次回の嘉穂ますます会は、来年の1月15日(月)に足白公民館で開催します。協議体はどなたでも参加できます。みなさんのお越しをお待ちしています(^^♪

社会福祉法人嘉穂の里 もちつき交流会

12月9日(土)、社会福祉法人嘉穂の里さくら学園にて、もちつき交流会が行われ、本会のかまボランティア・市民活動センターに登録されている個人ボランティアさんやともしび会の方々と19名で参加しました。
「餅を丸めるときには、親指で形を整えながら丸めていくといいよ」と教えてもらい、あんこやきなこ、大根おろし餅をつくりました。
職員さんたちの目隠しでの餅つきは、失敗することもなく息の合った様子に、会場からはアンコールコールがでるほど盛り上がりました。
地域の方々もたくさん参加されており、市民の交流の場も兼ねた餅つきとなりました(^^)

嘉麻い隊うすい⑨

12月8日(金)、上臼井公民館にて第9回協議体「嘉麻い隊うすい」を開催し、10名が参加しました。

久々に参加された方もいらっしゃったので、自己紹介と今までの振り返りを行った後、上臼井行政区副区長の福田さんから上臼井の行事や繋がりについて話してもらいました。
昔から地域にある日吉神社では、隣組が交代で掃除を行っており、その集まりが地域のつながりになっていることや上と下地区に分かれて開催される盆踊りの違いなどを教えてもらいました。
最近は、若い人たちが減っており、高齢化も進んでいることから組に入らない人も多いという、ほかの地域でもある課題があることも分かりました。今、立ち上げの準備をしている自主防災組織の取り組みが、災害などのいざという時の繋がりになればいいねとの意見が出ました。
次に参加者のみなさんと、今後の協議体の進め方について話し合いました。今回の協議体で、上臼井のことをよく知っている方から話を聞くことで、地域のことを知ることができたので、それぞれの行政区の人と繋がり、人や行事などを見える化して、地域マップを作っていくのもよいのではないか。その中には、みなさんが知らない社会資源がたくさんあると思うので、それ発信してみてはどうかとの意見がありました。今後の協議体において、碓井地区のマップ作りを整理していきたいと思います。
次回は、1月12日(金)西郷公民館にて10時から開催します。協議体は、みなさんの思いや考えを話す場です。ぜひご参加ください。

生活にメリハリを

お伺いしたお宅で、「広報紙、いつも見てるよ」と声をかけてもらいました。
3年間、自宅で介護したご主人様を昨年亡くされ、しばらくは何もする気にならなかったけど、今は地域の行事に参加したり、役を持ったりと、元気に過ごされているそうです。「75歳を迎えて後期高齢者の仲間入り」と笑顔で話されましたが、お肌は艶々です。若さの秘訣を尋ねると、出かける用事がなくても、毎朝お化粧をすると気分が高揚し、気持ちがシャキッとするのよと教えてくださいました。見習いたいですね(o^^o)

フリースペース

12月7日(木)、寄ってこハウスでフリースペースを開催し、5名の方が参加されました。
その中のお1人が家で収穫した木柚(きず)を、たくさんあるからと持って来てくださいました。

木柚は、柚子や酢橘(すだち)などと同じく、酸味や香りづけのために使われる柑橘類で、みかんを品種改良して誕生したものだそうです。酢橘よりも果汁が多く、香りも強いそうで、寄ってこハウスには爽やかな木柚の香りが広がっていました。
「ポン酢の酢の代わりに入れると日持ちするし美味しいよ」と、長期保存するための方法を教えてくださいました。今日もフリースペースには穏やかな空気が流れ、「季節の物は身体に良い」と笑顔もたくさん広がっていました。
フリースペースは、自宅中心の生活をされている方が一歩外に出たいと思ったときの居場所です。毎週木曜日13:30〜開催しており、当事者の方のご家族が集う場にもなっています。今年は、12月14日、21日に開催し、28日はお休みします。
もしお悩みの方がいらっしゃいましたら、一人で不安を抱えず、色々な思いを聞かせてください。ご相談は電話やメールでもお受けしています。
TEL: 0948-42-0751
E-mail: tiiki@kama.syakyo.com

第23回かまボランティア・市民活動センター運営委員会

12月6日(水)、第23回かまボランティア・市民活動センター運営委員会を開催し、8名の委員さんが出席されました。
前回の振り返りをしたのちに、本会職員からセンターの活動や東峰村災害ボランティアセンターでの活動について話しました。参加者からは、東峰村での経験を生かして、嘉麻市で災害が起こった場合でもすぐ対応できるようにマニュアルなどを見直すべきではないかとの意見がありました。
最後に災害ボランティアネットワークの訓練について話し合いました。災害はいつどこででも起こりうるため、市内にある自主防災組織や団体と連携した訓練を実施し、日頃から連絡を取り合える顔の見える関係を築いてはどうかとの声がありました。みなさんから頂いた貴重な意見を参考にし、今後の活動に努めていきます。

稲築地区福祉推進員定例会

12月3(日)、第5回稲築地区福祉推進員定例会を開催し、15名の福祉推進員さんが参加されました。
稲築地区では、地域のいろいろな組織の人たちが同じ立場で地域の課題を考え、解決に向けて活動する地域福祉部を設置しています。福祉推進員は、地域における助け合いや支えあいを広げていくため、福祉活動を推進するアンテナ役を担っています。
今回の定例会では、各行政区のいきいきサロンの活動や12~2月にかけての行事について情報交換をしました。12月は各行政区で、もちつき大会やクリスマス会が開催される予定です。毎年、もちや弁当を、一人暮らしの高齢者に声かけしながら配布しているところもあるそうです。
同じ地域に住んでいるからこそ、顔の見える関係ができて、変化に一早く気づけるのも、福祉推進員の強みだと思います。このような活動が稲築地区だけでなく地域全体に広まっていけばいいなと思います。

法律相談のお知らせ

今日は雲が多く、せっかくの満月を観測できるか心配しましたが、外に出てみると澄み渡った空気の中、空高く白い満月が浮かんでいます。明日はぐんと冷え込み、天気予報では雪マークが出ていますので、みなさん風邪などひかないよう、温かくして出かけてください。

今日は、12月の法律相談の日程をお知らせします。7日(木)13~16時 山田ふれあいハウス、21日(木)13~16時 稲築住民センターで行います。予約が必要となりますので、お早めにお申し込みください。なお、相談時間は30分です。相談したい内容をまとめ、必要な資料等はお持ちください。

おしゃべりサロン

12月2日(土)、おしゃべりサロンを開催し、3組のご家族が参加されました。
今回はお正月を意識して、ホームベーカリーでお餅をついて丸めたり、CDとビー玉で独楽を作りました。小さな子が口の周りにきな粉をつけ、おいしそうにほおばる姿はなんともかわいらく、頬が緩みっぱなしでした。
最後は、みんなで新聞紙を輪っかにしてマスをたくさん作り、すごろくをしました。参加したお母さんが手作りのサイコロやカードを準備してくださいました。子ども達自身がコマとなり、出た目の数の輪を進みます。裏返しにしたカードには、「けんけんで進む」「犬になる」「1マス進む」などの指示が書いてあり、字の読めない小さな子には上級生が読んであげる姿が見られ、全身を使ったすごろくは盛り上がりました。せっかく1番で進んでいたのに「スタートに戻る」のカードが当たり悔しがる子が、一番でゴールしたらみんなで喜んだり、とても楽しかったようで、何度もゲームを繰り返していました。
普段は、テレビゲームやDSなどを好んでする子どもたちに、「身近にある物を工夫すると楽しく遊べるんだよ」ということを知ってもらえたようです。