みんなで学ぼう 助け合い

軽費老人ホーム稲穂園では、毎年この時期に秋祭りを開催していました。今年は地域の方々の生活に役立つイベントにしたいと考え、11月18日に「みんなで学ぼう 助け合い」と題した講演会が開催されました。
まず初めに、川元施設長から「認知症と介護保険の仕組み」について話がありました。30名ほどの市民の方が老化と認知症の違いや介護保険を利用するまでの手順等について学ばれ、頷きながら熱心に耳を傾けておられました。
その後、会場の一角に設けられた福祉用具展示コーナーに多くの方が立ち寄られ、事業所の方に質問しながら、様々な福祉用具に触れられていました。また、喫茶コーナーに用意されたお茶やケーキなどを召し上がりながら、施設の方と談笑し、穏やかな時間を過ごされていました。なかには、身内や知人の方の介護相談なども行われ、協議体のメンバーも多数参加されていました。