市民後見人養成フォローアップ講座施設実習9日目

11月2日(木)、市民後見人養成養成フォローアップ講座の施設実習最終日は、社会福祉法人山田学園で5名の方が学びました。
施設長さんから、施設の内容や、障がい者の就労支援の現状等のお話しをお聞きした後、作業所に移動して、利用者のみなさんとコミュニケーションを取りながら作業を体験しました。利用者さんの手際のよさに、受講者のみなさんも感心しておられました。

作業終了後は、施設の職員の方にお話しを伺いました。現場での苦労や、うれしかったことなどをお尋ねすると、「つらいこともたくさんあるけど、障がい者の方々は、可能性がたくさんあります。何年もかけて支援していくことで、利用者さんが成長していく姿を見ることができたときに、この仕事のやりがいを感じています。」と教えていただき、受講者のみなさんも「心に響きました」とおっしゃっていました。

本日で、9日間の施設実習が終わりました。受講者のみなさんから「本当によい勉強をさせてもらった。」という感想をお聞きしました。
次回は、11月7日(火)、「嘉麻市社会福祉協議会が取り組む権利擁護事業について」という内容で、講義を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です