平成29年度 福岡県日常生活自立支援事業専門員研修会

10月27日(金)、福岡県社会福祉協議会が主催する日常生活自立支援事業専門員研修会に参加しました。
長崎県大村市社会福祉協議会 事務局次長 山下浩司さんから、「権利擁護と専門員業務の実際」について話を聞きました。相談者を、ストレングスを有する存在として捉え、その人らしい生き方や価値観を尊重すること。また、障がいを生きづらさとして捉え、丁寧に支援することが大切であることを共有したのちに、日常生活自立支援事業を展開する上での注意点や技術を学びました。専門員としてできることとできないことを整理して、関係機関で役割を分担し、チームでサポートすることの大切さを確認しました。
その後は、3つのグループに分かれ、専門員としての援助方針の見立てや関係機関との連携について、事例検討をとおして考えました。
提出した事例を、他の専門員から検討してもらい、聞き取りができていなかった部分や見落としていた視点などが確認でき、また、新たな課題を発見することができました。