市民後見人養成フォローアップ講座施設実習2日目

10月17日(火)、市民後見人養成フォローアップ講座施設実習の2日目は、特別養護老人ホーム第ニ稲穂園で、5名の方が学びました。
職員の方から、高齢者施設についてわかりやすく話していただき、職員の処遇改善が求められていることなど、現在の特別養護老人ホームが置かれている現状について教えてもらいました。
その後、食堂に移り入所者のみなさんと話す時間をつくっていただきました。中には、歌を歌ってくださる方もおられ、「今日は、来てくれてありがとう」と声をかけてもらい、受講者のみなさんも、あたたかな気持ちになれたと話されていました。
「最初は、コミニケーションの取り方に戸惑ったが、楽しくお話ができるようになってよかった」、「自分の母親を介護していた時のことを思い出しました」などの感想が聞かれ、受講生のみなさんにとって、有意義な時間となりました。
次は、10月19日(木)、障害者支援施設三愛園で、6名の方が実習を行う予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です