炭鉱にまつわるエピソード募集しています

毎月発行している広報紙えがおの中に、「炭鉱の記憶」というコーナーがあります。

炭鉱にまつわる話を伺い、写真と共に掲載して、みなさんにお伝えしています。特に人気のコーナーで、「写真の場所に行きたいので、詳しく道を教えてほしい」「過去に掲載された記事が見たいので、広報紙のバックナンバーをください」など嬉しい声が寄せられています。
炭鉱のエピソードをお持ちの方やご家族やお知り合いお方で、お話ししてくださる方がおられましたら、ぜひご紹介ください。よろしくお願いいたします(^_^)♪

市民後見人養成フォローアップ講座施設実習2日目

10月17日(火)、市民後見人養成フォローアップ講座施設実習の2日目は、特別養護老人ホーム第ニ稲穂園で、5名の方が学びました。
職員の方から、高齢者施設についてわかりやすく話していただき、職員の処遇改善が求められていることなど、現在の特別養護老人ホームが置かれている現状について教えてもらいました。
その後、食堂に移り入所者のみなさんと話す時間をつくっていただきました。中には、歌を歌ってくださる方もおられ、「今日は、来てくれてありがとう」と声をかけてもらい、受講者のみなさんも、あたたかな気持ちになれたと話されていました。
「最初は、コミニケーションの取り方に戸惑ったが、楽しくお話ができるようになってよかった」、「自分の母親を介護していた時のことを思い出しました」などの感想が聞かれ、受講生のみなさんにとって、有意義な時間となりました。
次は、10月19日(木)、障害者支援施設三愛園で、6名の方が実習を行う予定です。

市民後見人養成フォローアップ講座施設実習スタート

10月16日(月)、市民後見人養成フォローアップ講座の施設実習が始まり、本日は、5名の方が社会福祉法人惠寿会 山田学園で学びました。
施設長から施設概要や障害者施設の現状について話を伺い、施設内を見学した後に、利用者さんと話しながら、作業を手伝いました。
現場のスタッフからは、利用者さんとのエピソードを交えながら、コミュニケーションを図る際に気をつけていることやご家族の理解を得ることが大切だということを教えてもらいました。
明日は、特別養護老人ホーム第二稲穂園で5名の方が実習を行う予定です。

在宅介護者の集い「こころ」定例会 平成29年10月

 稲築住民センターで、10月12日(木)に在宅介護者の集い「こころ」の定例会を開催しました。6名が参加され、介護について意見交換を行いました。参加者のなかに街頭募金の呼びかけに協力してくださった方がおられ、「知り合いが募金をしてくれて嬉しかった」と、話されていました。
 また、前回の定例会で協議体について知りたいとの声があり、資料をもとに説明しました。参加者から、「行きたいところに連れて行ってくれるバスがあれば、移動問題の解決に近づけるかもしれないね」、「今日の話を聞いて、都合がつけば参加してみたいと思った」との声がありました。

次回の在宅介護者の集い「こころ」は下記のとおり開催します。
日時:11月9日(木)13:00~15:00
場所:山田ふれあいハウス
在宅で介護されている方々が、いろんな情報交換を通じて、楽しくリフレッシュしています。

福岡県立嘉穂特別支援学校運動会ボランティア

 10月14日(土)、福岡県立嘉穂特別支援学校で運動会が行われ、本会のかまボランティア・市民活動センターに登録されているボランティアさん2名と一緒に参加しました。
心配された天気でしたが、運動会中は晴れ間ものぞき、雨に濡れることもありませんでした。開始前の駐車場の案内をした後に、近畿大学付属福岡高校学校や福岡県立稲築志耕館高等学校の学生さんと一緒に、用具の出し入れなどを手伝いました。
 運動場では、玉入れ競技や炭坑節を踊ったのちに、体育館に移動してボウリングやストラックアウトなどが行われました。児童の一生懸命な姿や笑顔に、大きな声援が送られ、とても楽しくすがすがしい一日になりました。

嘉麻い隊うすい⑦

10月13日(金)、うすい人権啓発センターあかつきにて第7回協議体「嘉麻い隊うすい」を開催し、12名が参加しました。

嘉麻市防災対策課の大場直樹係長から、市が進めている自主防災組織について話していただきました。いざという時にお互いの助け合いが必要になるため、身近な地域に自主防災組織を作ることで、危機管理意識が高まること。また日頃から横のつながりを広げてコミュニティを築いていくことが大切だと学びました。
 その後は、参加者のみなさんとフリートーク形式で、それぞれの思いや考えを話し合いました。碓井地区全体でイベントを開催し、世代を超えたつながりや一体感を感じ、顔の見える関係づくりを広げたいとの意見が上がりました。
次回は、11月10日(金)飯田公民館にて10時から開催します。協議体は、みなさんの思いや考えを話す場です。ぜひご参加ください。

ボランティア募集情報

10月28日(土)、シルバーケア嘉穂施設内にて秋祭りを開催します。その時に模擬店の販売補助や利用者のレクリエーション補助をしてくれる方を募集しています。ぜひ、ご協力をお願いいたします。
日時:10月28日(土) 10:00~15:00
場所:シルバーケア嘉穂施設内 (嘉麻市鴨生480-1)
内容:模擬店の販売補助や利用者のレクリエーション補助
備考:動きやすい服装で、上靴準備 昼食はシルバーケア嘉穂にて用意
募集人数:2~3名
募集期限:10月20日(金) 
【お問い合わせ】かまボランティア・市民活動センター 電話 0948-42-0751

市民後見人養成フォローアップ講座4日目

10月11日(水)、市民後見人養成フォローアップ講座4日目を開催し、本会職員を含む22名が参加しました。


一般社団法人エール福岡代表理事山本真理子さんに、「記録の目的と役割について」話してもらいました。
記録は、自分がどんな支援を提供したか、それを選択するに至った判断基準がなんであったのかを明らかにすることで、支援の有効性などが検討できます。更には、明解で具体的な表現をすることや専門用語、略語は避けるなどのポイントを教わりました。
4つの要素:SOAP(S:SUBJECTIVE主観的情報 O:OBJECTIVE客観的情報 A:ASSESSMENT課題分析 P:PLAN結果に基づいた計画の作成)を取り入れた記録やリフレーミング(物事を見る視点を変える)について学んだのち、受講生同士でリフレ―ミングの演習を行いました。本日学んだ点に注意して、日頃の業務で実践していきたいと思います。

お試し移動販売開催

10月10日(火)、山田活性化センターにてお試し移動販売を開催し、約30名の方が利用されました。

グリーンコープさん、清浄学園さんが協力してくださり、パンや野菜、肉や魚などを販売しました。利用されたみなさんは、お話をしながら買い物を楽しまれており「歩いて来られる所で買い物できて良かった。また移動販売があったら、ぜひ利用したい」と話されていました。
協議体メンバーからは「会場内に座ってお茶を飲めるような場所があれば、より住民同士の交流ができ、楽しみが増えるよね」との意見がありました。
今日、移動販売を利用されたみなさんからの感想や意見を参考にし、これからの協議体で、自分たちにできることや地域の実情に合った仕組みを考えていきたいと思います。

次回の協議体は
平成29年11月14日(火)13:30~ 下山田公民館で開催します。
どなたでも参加できます。ぜひお越しください(^^♪

今月の一冊

社協だよりえがおNo.140今月の一冊で掲載した、遠藤周作さんの「落第坊主の履歴書」を紹介します。
著者は有名な芥川作家であり、その飄々とした風貌や気さくな言動から、多くのファンが存在しています。しかし小説は「沈黙」、「海と毒薬」、「深い河」など、宗教や死をテーマとした作品を多く著わしており、歴代の芥川賞受賞作家の中でもその「重厚」な作風は際立っています。
半面エッセイには「ぐーたら人間学」や「ぐーたら社会学」など、小説の重さとはかけ離れた人間味溢れる、寛大な、人への優しい視点から綴られた作品が数多くあります。
本書もその中の1冊です。著者は幼少時中国の大連で過ごし、本人曰く「ヘマばっかりの少年時代」であったと言います。雨の降りしきる朝、雨合羽を着て「ジョーロ」で庭の花に水をかけていたところ、その光景を見てびっくりした兄が母に注進し、注意を受けながらあまりに愚かな自分にひどく落ち込んだそうです。小説家として名を成した後、親しい作家と雑談した折に、その作家から『出版社の若い編集者が急に原稿を取りに来たので、「君、前から電話をくれないと困るよ」と注意したら、次は家の前のタバコ屋から電話をして、原稿を取りに来たので笑ってしまったよ』と聞かされ、遥か昔の「ジョーロ」の苦い記憶がよみがえってきたということです。
本のタイトルは忘れましたが、昔「読書は最高に贅沢な趣味である。好きな時に、好きな場所で多くの人の思いや考えに触れることができる。という文を見たことを、このコーナーを書くにあたって思い出しました。読書を心からお勧めしたいと思います。