市民後見人養成フォローアップ講座施設実習7日目

10月31日(火)、市民後見人養成フォローアップ講座施設実習の7日目は、特別養護老人ホーム第二稲穂園で、6名の方が学びました。第二稲穂園での実習は、本日が最終日になります。
職員の方から、高齢者施設の特徴や利用者さんとコミュニケーションを取る上で大切なことなどを教えてもらいました。また、第二稲穂園では、「おやつバイキング」という催しがあり、利用者のみなさんが、テーブルに並んだ様々な種類のおやつの中から、好きなおやつをご自分で選ばれて召し上がるそうです。意外なことに、たこ焼きや炭酸飲料なども人気があるそうです。
その後、食堂に移動して、利用者のみなさんとお話をしました。初めに、施設職員が、利用者さんに、「今日はいいお天気ですね。」と優しく声をかけられ、受講者のみなさんは、その様子を手本に笑顔を意識して、利用者のみなさんとの会話を楽しんでおられました。
帰り際に、若い受講者の手を握りしめ、名残惜しそうにしておられる利用者さんの姿が心に残りました。
次は、11月1日(水)、障害者支援施設三愛園で5名の方が実習を行う予定です。

季節の野菜

日中も少しずつ寒くなってきましたね。11月が近づき、秋の終わりを感じています。
先日、ある方のお宅を訪問すると、趣味で育てられている白菜やレタス、かぼすやレモン等、季節の野菜や果物をたくさん見せていただきました。

優しい笑顔で、1つ1つ丁寧に作物を紹介してくださいました。もうすぐ収穫時期を迎えるそうで、大きく育った作物を見て、育てられた方の愛情を感じました。

こころ音(ね)の会 平成29年10月

10月28日(土)の昨日、山田ふれあいハウスにて認知症家族の集い「こころ音(ね)の会」を開催しまし、本会職員も含め4名が参加しました。
現在抱えている悩みや家族との関わり方について意見交換をしました。認知症になった場合は薬を飲むことも大切だが、それだけでなく運動をして体を動かすことや家事などを行い脳を使う事も進行を遅らせる方法であるとの意見が出ました。
また、日々の日記をつけて本人の様子等を書き残していく事、本人の体調や言動等を確認し、変動等があれば各機関の相談窓口に相談して本人に合った環境を調整していくことが大切だと話し合いました。
こころ音(ね)の会は、認知症の方を介護しているご家族が集まり、お互いの体験や情報を交換しています。次回の開催は下記のとおりです。ぜひ、ご参加ください。

嘉麻市認知症家族の集い「こころ音の会」
日時:11月25日(土)13:30~15:00
場所:山田ふれあいハウス

嘉穂総合高校大隈城山校 贈呈式

10月29日(日)、嘉穂益富城自然公園で行われた一夜城まつりの会場で、嘉穂総合高校大隈城山校の生徒58名を代表する生徒会のみなさんから本会の村上会長へ、災害義援金とリングプルの贈呈式が行われました。
「嘉麻市に様々なことでお世話になっているから、恩返しがしたい。嘉麻市や被災された方々の役に立ててほしい」と、約20㎏のリングプルをいただきました。このリングプルは、地域の方やご家族の協力を得ながら、「私たちにできることで、何か役に立てれば」との思いで、1年間かけて集めてくださったそうです。

生徒のみなさんの温かな思いを受け、とても心強く感じました。ありがとうございます。

昨日、今日と雨が降り続き、あいにくの空模様となりましたが、午後からは晴れ間も見え、秋の夜空に色とりどりの花火が上がり、見る人の目を楽しませてくれました。

市民後見人養成フォローアップ講座施設実習6日目

10月27日(金)、市民後見人養成フォローアップ講座施設実習の6日目は、特別養護老人ホーム第二稲穂園で5名の方が学びました。第二稲穂園での実習は今回の実習の中で2回目になります。
初めに、職員の方から、高齢者施設の種類やその違い、第二稲穂園の施設について教えていただきました。
利用者さんとコミュニケーションを図る際には、「声かけ」が一番大切であり、常に、「尊敬の念をもって、敬語を使うこと」、「大きめの声でゆっくりと笑顔で話すこと」を心がけて利用者さんと接しておられるそうです。
その後、受講者の方々は、食堂で集われている利用者さんとお話しをしました。今回は、テーブルを数回移動したので、たくさんの利用者さんとふれあうことができました。
「子どもの頃は、おてんばだった」、「ここの食事は美味しい」、「本を読むことが好き」など、話が弾んでいました。
利用者のみなさんとコミュニケーションをとった後、受講者の方々は、それぞれの感想を出し合い、職員の方に質問をしました。
「ここで生活できて幸せです」と言われた利用者さんの言葉が、心に残りましたという感想もありました。また、成年後見制度についての具体的な質問も出ていました。
次は、10月31日(火)、本日実習を行った特別養護老人ホーム第二稲穂園で、6名の方が実習を行う予定です。

平成29年度 福岡県日常生活自立支援事業専門員研修会

10月27日(金)、福岡県社会福祉協議会が主催する日常生活自立支援事業専門員研修会に参加しました。
長崎県大村市社会福祉協議会 事務局次長 山下浩司さんから、「権利擁護と専門員業務の実際」について話を聞きました。相談者を、ストレングスを有する存在として捉え、その人らしい生き方や価値観を尊重すること。また、障がいを生きづらさとして捉え、丁寧に支援することが大切であることを共有したのちに、日常生活自立支援事業を展開する上での注意点や技術を学びました。専門員としてできることとできないことを整理して、関係機関で役割を分担し、チームでサポートすることの大切さを確認しました。
その後は、3つのグループに分かれ、専門員としての援助方針の見立てや関係機関との連携について、事例検討をとおして考えました。
提出した事例を、他の専門員から検討してもらい、聞き取りができていなかった部分や見落としていた視点などが確認でき、また、新たな課題を発見することができました。

平成29年福岡県社会福祉大会

10月25日(水)の昨日は、平成29年福岡県社会福祉大会に参加しました。

NHK解説委員後藤千恵さんの記念講演では、年収300万円以下の世帯が33%になり、貯蓄がゼロの世帯もあり、今後も厳しい状況が続く中で、新たな社会をつくっていくことが大切だと話されました。行政に頼るだけではなく、それぞれができることをし、誰かの役に立つ。そんな地域の力を高め、自分たちで地域を作るという新たな地域共生社会が求められています。誰かの役に立ちたいと思っている人と困っている人をつなげる仕組みや農業と福祉といった他事業を組み合わせて、地域住民と連携できるような新たな仕組みが求められており、様々な工夫やアイディアが必要とされています。
高齢者だから困るのではなく、最後に誰かから必要とされる生きがいを感じられるようになり、働く=幸せ、「楽しい」が原動力になるのがこれからの働き方であると学びました。
嘉麻市では、5つの協議体で、市民の皆さんがお住まいの地域の5年後、10年後のことを話し合っています。改めて、市民の皆さんが主役となる共生社会について考える時間となりました。

市民後見人養成フォローアップ講座施設実習5日目

10月25日(水)、市民後見人養成フォローアップ講座施設実習の5日目は、障害者支援施設三愛園で5名の方が学びました。
本日も、パンフレットをもとに説明を受けた後、施設内の見学をしました。
前回は、利用者さんが入浴中だったため見学ができなかった浴室を、見せていただきました。車いすごと入浴できるチェアインバスという浴槽が設置されており、受講者の方々は、初めて見る浴槽に興味をもたれていました。
その後、食堂で利用者のみなさんとお話をしました。ちょうどお昼時で、昼食の良い香りが漂い、「今日のメニューは何でしょうね?好きなおかずは何ですか?」、「お腹すきましたね」と会話が弾みました。
次は、10月27日(金)、特別養護老人ホーム第二稲穂園で5名の方が実習を行います。

 

市民後見人養成フォローアップ講座施設実習4日目

10月24日(火)、市民後見人養成フォローアップ講座施設実習の4日目は、社会福祉法人山田学園で6 名の方が学びました。山田学園での実習は、今回の実習の中で2回目になります。
本日も、施設長さんから、施設について話を伺った後に施設内を見学させてもらいました。作業所では、タオルを折りたたむ作業、シャボン玉を袋に詰める作業、返礼品のお菓子を袋に詰める作業を行っておられ、みなさんが、手際よく、丁寧に作業をされていました。受講者の方々は、それぞれの作業のテーブルに分かれて、利用者さんに作業の手順を教わり、おしゃべりを楽しみながら一緒に作業しました。
実習前には、利用者の方との接し方に不安をお持ちの方もおられましたが、実習を終えると、「一緒に作業させていただき、職員さんの話を聞き、不安が消えました」という声が多く聞かれました。
明日は、障害者施設三愛園で5名の方が実習を行う予定です。

家族環境の変化から…

先日、あるケアマネージャーさんから、奥様に先立たれた一人暮らしの方の相談を受けました。お金の管理から様々な手続きなどの全てを奥様に任せていたために、何をどうしてよいかわからず、困っていらっしゃいました。郵便物を一つひとつ整理しながら、必要な手続きをサポートし、収支状況を確認しながら当面の生活に必要なお金を割り出しました。今後は地域の方々にも協力していただき、日頃の声かけや見守りなどをサポートしていただける体制を整え、地域の輪を広げていければと考えています。
生活する上での悩みや困りごとをお持ちの方だけでなく、誰かのために何かしたいとお考えの方、ぜひ、本会にご連絡ください。