市民後見人養成講座最終日

9月12日(火)、市民後見人養成講座11回目を開催しました。本講座の最終日となる今日は、かま権利擁護センター木山センター長が講師を務めました。
初めに、グループに分かれて、それぞれのメンバーの印象を発表し合いました。自分の印象と他人の印象を聞き比べることにより、改めて自分を見つめ直すことができました。
その後、ひとつの事例を成年後見人としての立場で、意見を出し合い、最終的にグループごとの判断をまとめて、発表しました。
和やかな雰囲気の中、活発な意見が出されていました。

閉校式では、嘉麻市高齢者介護課、坪根課長補佐からご挨拶をいただいた後、7名の受講者おひとりおひとりに、本会の村上会長から修了証が授与されました。


来週からは、フォローアップ講座を開講します。成年後見制度の理解をより深めたり、施設実習も行います。
ぜひ、フォローアップ講座も受講していただき、市民支援員としてご活躍いただきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です