東峰村災害支援22日目

7月27日(木)、職員4名で東峰村災害ボランティアセンターのお手伝いをしました。
午後からは、宝珠山サテライトに伺い、スタッフの方に、ニーズの整理方法やマッチングへの引き継ぎ方法などを教えていただきました。今後、お互いの良いところを取り入れながら、ニーズ調査から作業完了までの流れをつくっていくことになりました。
センターがある東峰学園の教室の窓には、「復興支援ありがとう」と書かれたメッセージボードが貼られていました。温かいメッセージを見て、微力ではありますができることからがんばっていこうという気持ちがより高まりました。