市民後見人養成講座5日目

7月25日(火)第5期市民後見人養成講座5日目を開催しました。

最初の講義では、笠松あんじゃ園施設長の青栁壮悟さんが「虐待防止法」について、詳しく説明をされました。虐待を予防するためには、早期発見、早期対応が重要であることを改めて学ぶことができました。

次の講義では、弁護士の松尾朋さんから、「消費者契約法」についてお話をしていただきました。私たちの生活の中で、身近な問題である契約について、具体的に説明していただき、いわゆる悪徳商法等への対応についても、学ぶことができました。

次の講義では、障がい者相談支援センターたいようの石本糸江さんから、「障がい者を支援するためのしくみ」について学ぶために、障がい者支援施策に関する理念や現状を説明していただきました。また、7月に開設された、ご自身も業務に携わっておられる「障害者基幹相談支援センター」の取り組みについても、お話をされました。相談者ご本人が、目的地にたどり着くまで、寄り添い支援をしていくことの大切さを学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です