こころ音(ね)の会 平成29年7月

7月22日(土)、山田ふれあいハウスにて認知症家族の集い「こころ音(ね)の会」を開催し、4名の参加がありました。

現在抱えている悩みや家族との関わり方について意見交換をしながら、前回要望があった介護施設の種類について、作成した資料をもとに説明しました。参加者の方から、「いろいろな施設の種類があることを知った。施設入所するかたの介護状態にあわせて選ばないといけませんね。」と、話されていました。また、「嘉麻市にある介護施設を見学したいです。今後のことを考えて情報収集と選択肢の幅を広げたいです。」との要望がありましたので、今後は施設見学を進めていく事になりました。
次回の開催は下記のとおりです。ぜひ、ご参加ください。

嘉麻市認知症家族の集い「こころ音(ね)の会」
日時:8月26日(土)13:30~15:00
場所:山田ふれあいハウス
認知症の方を介護しているご家族が集まり、お互いの体験や情報を交換しています。

東峰村災害支援18日目

7月23日(日)、本日は休日ということもあり、たくさんのボランティアさんがご協力くださいました。本会からも職員6名がニーズ班、マッチング班、資材班・車両班、駐車場の車輌誘導の班に分かれて活動しました。

私は今回も資材・車両班のお手伝いをしました。資材班の一日は、資材や車両の確認から始まります。受付等を終えられた団体に素早く資材を渡せるよう資材の呼び方を軽トラックなら、「トラ」一輪車なら「ネコ」(一輪車は軽トラックよりも小さくネコはトラよりも小さいため)と呼びやすいように工夫しています。一輪車が必要なら軽トラックが必要になります。活動場所がご自宅なら主にチーム村民の方が車で活動場所まで誘導します。チーム村民の方々は我々にとって非常に力強い存在です。

午後からは活動場所まで軽トラックを届けに行ったり、帰ってきた資材を洗浄したりしました。泥まみれになった資材や泥がついた服装をみていると、いかにみなさんが必死になって活動しているのが伝わってきます。本日も誰もケガすることなく活動を終えました。