東峰村災害支援11日目

7月16日(日)、今日も本会職員7名が災害ボランティアセンター運営のお手伝いをさせていただきました。
私はボランティア受付班のお手伝いをしましたが、初めてボランティアに参加した方だけでなく、継続してボランティアに来ていただいている方もいらっしゃって、みなさんの少しでも力になりたいとの気持ちをとても嬉しく感じました。

全体ミーティングでは、活動中の怪我についての話がありました。
小さな傷でも、傷口に付着した泥に細菌がいる場合があり、症状が悪化する可能性もあるため、注意が必要であるとのことでした。

東峰村の災害支援のお手伝いをさせていただき、住民の方の様々な想いをお伺いする機会がたくさんありました。
田畑や家屋に土砂が入り込んだこと以外にも、子どもさんの学校の問題や今後の生活が不安という方もいらっしゃって、生活面でのサポートも求められていることを感じました。