社協だよりえがおNO137発行

7月1日、広報紙えがおを発行しました。
今回の表紙は、木城の帝王山の美化活動をされているみなさんです。暑い中、頂上付近の草刈りや草取り、登山道が通りやすいようにと急な斜面を整備されていました。作業後のさわやかなえがおです♪
2ページ以降は、碓井地区の協議体や認知症家族会、ひきこもり勉強会、配食サービス配達員募集など様々な情報を掲載しています。
下記のページからダウンロードできますので、ぜひご覧ください

http://kama.syakyo.com/kouhou.htm

表紙・・・安全に山登りを楽しもう~木城の帝王山 美化環境保全会 美化活動~
p2・・・嘉麻い隊うすい~碓井地区の協議体~
p3・・・今月のブログ、ふるさとへの手紙募集
p4・・・ひきこもりについての勉強会開催、認知症家族の会~こころ音の会
p5・・・今月のえがお、成年後見Q&A,、社協だよりクイズ
p6・・・ボランティア・イベント情報
p7・・・ 今月の一冊、炭鉱の記憶
p8・・・8月の総合相談、山田ふれあいハウスからのお知らせ、指定葬祭場紹介
p9・・・寄附・香典返し、会員会費お礼、配食サービス配達員募集
p10・・・ふるさとへの手紙、ふれあいいきいきサロンをはじめてみませんか、編集後記

上山田小学校 災害ボランティアについて

6月29日(木)、上山田小学校の総合的な学習の時間におじゃまし、4年生34名のみなさんと「災害ボランティア」について一緒に学びました。

最初に、地域防災組織コスモスの会長武田雅基さんから、災害時と平常時の活動内容についてわかりやすく話をされました。子ども達に目をつぶってもらい、災害が起こった場面を想像したり、その対応方法や避難場所を伝えていました。また、「災害は突然やってくる、事前に準備しておくことだ大事だよ」と、力強く話されていました。
次に、本会の職員が、災害ボランティアついて話をしました。嘉麻市で大規模な災害が起きたら社協に災害ボランティアセンターが立ち上がることや被害状況により必要とされるボランティアについて説明しました。
質疑応答の時間には、「なんでボランティアを始めたのですか?」「ボランティアをしてない日は何をしてるのですか?」といった質問が次々とあがり、授業時間をオーバーするほどで、熱心に話を聞いてくれていました。
今回の授業が、災害やボランティアについて考えるきっかけになればいいなと感じました。