なつきちゃんにし②

5月18日、稲築保健センターにて、第2回稲築西地区協議体「なつきちゃんにし」を開催しました。
今回は、前回の振り返りを行った後、他市で行っている予約乗り合いタクシーの仕組みについて報告させていただきました。
「嘉麻市にもあるといいね」といった声が多く、これまで話し合ってきたことをまとめ、パブリックコメントとして市に提出することになりました。
また、稲築西校区にある社会福祉法人に買い物時の送迎をお願いできないのかといった意見があり、かま福祉ネットワーク委員会にて声掛けをさせて頂き、今年度中にお試しで一度やってみようということになりました。
他にも、買い物をした際に配達してくれるお店をマップにまとめていこうとなり、みなさんから得た情報と、市、商工会からの情報を合わせて次回以降作成していくことになりました。
みなさんからたくさんの意見を聞くことができ、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

次回は、平成29年6月15日(木)10時~ 稲築保健センターで開催します。

平成29年度筑豊ブロック市町村社協連絡協議会総会

5月17日、27市町村社協からなる筑豊ブロック総会を行い、23社協55名が出席しました。
基調講演では、福岡県地域生活定着支援センターのセンター長 小畑孝仁さんに、「罪を犯した障がい者・高齢者を支えるネットワークの構築に向けて」をテーマにお話を伺いました。

最初に、罪を犯した方たちには、住む場所や食べるものなどの『物理的困窮』と家族や心配してくれる人がいないという『関係性の困窮』の2つがあり、帰る場所がなく、刑務所に居場所を求め、再び罪を犯してしまう方が少なくないそうです。
そのため、平成23年度末まだに全ての都道府県に地域生活定着センターが設置されました。

福岡県地域生活定着支援センターでは、相談支援業務やコーディネート業務をとおして、出所後どんな生活をしたいのか、どんなところに住みたいのか、ご本人の思いを大切にした支援をされています。福祉的な支援は本人の意思が大事になってくること、受け入れる側のネットワーク構築が必要であることを話されました。

地域には、生きづらさを抱え、福祉の支援を必要としながらも、お一人で悩まれている方がおられます。社協として、困っていることを発信できない方たちと出会い、地域で暮らすことをともに考えていきたいと感じました。
その後は総会を行い、全ての議事が承認されました。
これで、2年間の筑豊ブロック社協の事務局業務が終わりましたので、宮若市社協に引き継ぎます。

尾浦第一サロン出前講座

5月16日、今日は、尾浦第一公民館におじゃまし、出前講座「地域で安心して暮らしていくために」を行いました。

介護保険制度が改正された背景やこれからの地域づくりについて説明し、山田地区の地域課題を参加されたみなさんと話し合いました。
「6月に近くのスーパーが閉店するので買い物に困る」という意見が多くありましたので、現在協議体で話し合っている内容や移動販売の仕組みについても説明しました。
みなさん、真剣に聞いてくださり、活発な意見交換ができました。
今後の協議体にも参加しようと言われていましたので、実際に困っていることを話し合っていこうと思います。

ふれあい・いきいきサロンなかます

5月10日(水)、ふれあい・いきいきサロン なかます が開催され、20名くらいの方が参加されていました。
発酵食品のお店をされている方が講師として招かれ、熱湯を注ぐだけでお味噌汁ができる みそまる の作り方を教えてくださいました。お味噌、だし、乾燥野菜などを使って、こねて、丸めての作業中にも笑い声があちらこちらで聞かれました。「ここに来てちょっとした話をするのが楽しい」とおっしゃっていて、素敵な集いの場だなと思いました。

サロンでは、市民後見人養成講座参加者募集チラシと協議体のリーフレットを配布しました。

市民後見人養成講座にご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

TEL: 0948 42 0751
申し込み締切は5月31日までとなっています(^^)♪

馬見山山開き

5月14日(日)、馬見山山開きが開催されました。
約200人の方が参加されていたということで、大変賑わっていました。
2時間程かけて登頂し、山頂にて安全祈願、餅つきが行われ、参加者のみなさんにぜんざいがふるまわれ、記念品も贈られました。
日頃の運動不足を痛感しつつ、馬見山の自然の木々や岩々、川の流れに癒されながら登頂することができました。
とても天候がよく、山頂からの景色がとてもきれいでした。

参加者の中に、小学6年生の女の子がいらっしゃり、私に登山のときの靴ひもの結び方を教えてくれました。そして「おじいちゃんとおばあちゃんが山が好きで、2歳くらいから山に登っている」と教えてくれました。
参加者の方みなさん、お互いにいろいろなお話をされていて、森林浴をしながらの素敵な交流の場となっていました。

今度は古処山登山の計画があるそうなので、また参加したいと思いました。

嘉麻い隊うすい②

5月12日、飯田公民館にて、第2回 協議体 嘉麻い隊うすいを開催しました。

前回の振り返りをしたあと、アンケート用紙の内容を確認し、碓井地区老人クラブ総会で実施した調査結果を報告をしました。

記述質問の回答率が低かったことから、サロンなどで調査をする際には、説明しながら聞き取るほうが良いのではないかとの意見や助けてと言えない日本人特有の遠慮があるのではないかといった意見がでました。

困ったときに誰かに困ったと言える日頃からの関係づくりの大切さや相談できる人を地域に増やすアンテナづくりを進めていくことになりました。

また、自主防災組織づくりに取り組んでいる地域があり、協議体で話し合っている地域づくりと重なる部分も多いため、一緒に考えていったらどうかとの意見もあり、防災対策課に話しを聞き、次回の協議体で報告することになりました。

次回の協議体は、平成29年6月9日(金) 13時〜15時
あかつき人権啓発センターにて開催します。
どなたでも参加できますので、是非ご参加ください(^^)

熊本サロンで打ち合わせ

5月11日(木)、熊本集会所で行われた熊本サロンにおじゃましました。
昼食前の休憩時間に、体制整備事業や協議体の説明を行ったあとに、アンケート調査の事前打ち合わせをしました。

ボランティアの方々から、「碓井地区の事を改めて知る機会になるね」「熊本行政区はお店があるから便利だけど、困り事を抱えた人がいるかもね」などといった声をいただき、アンケート調査は 7月のサロンで実施することになりました。

今後も碓井地区のサロンにおじゃましていろいろなお話を教えていただきたいと思います。

あっとふるやまだ②

5月9日、山田生涯学習館にて、第2回 協議体 あっとふるやまだを開催し、本会職員を含む17名が参加しました。

前回の振り返りをしたあと、グリーンコープの方から移動販売の仕組みについて、シルバー人材センターの方から現在取り組まれている活動について、話を伺いました。

話し合いの中で「あったらいいなと思っていたので、移動販売の話が聞けてよかった」「嘉麻市のお店を活用できるようになったらいいな」との声や「家から出られない方のことも考えた仕組みをつくりたい」との意見もありました。

次回の下山田公民館での協議体では、下山田の住民の方の意見をお聞きしようということになりました。

次回の協議体は
平成29年6月10日(土) 10時〜12時
下山田公民館 にて開催します。
みなさん是非ご参加ください(^^)

嘉穂ますます会②

5月8日、夢サイトかほで、第2回 協議体 嘉穂ますます会を開催しました。

前回の振り返りをしたあと、嘉麻市交通体系対策係の方から公共交通の現状や今後の予定についてのお話がありました。
今回は初めてバスをお持ちのひまわり観光さんも参加され、「市バスの路線を本線として考えていくのはどうか、バスは小回りがきかないから、タクシーが動きやすいと思う」など具体的な意見を述べられました。

話し合いの中で「基本的な行先は、病院、買い物、銀行、郵便局だと思う」「利用したい時間にはバスの本数が少ないという声もある」などの意見があり、ニーズの把握が大切だということになりました。そのほか「バスの乗り継ぎが不便で、足白から飯塚の病院へ行くために3時間以上かかった」「実際にバスを利用している方、困っている方にもっとお話を聞きたい」などの声もありました。
そこで次回、千手いこいの家での開催の際は、どのような方法でニーズを把握していくのか、また、千手の地域住民の方のお話をお聞きしていこうということになりました。

第1回目の協議体と比べ、今回は倍の人数のご参加がありました。交通機関関係の方のお話や嘉穂地区のみなさんの前向きな意見をたくさん聞くことができ、私もとても勉強になりました。
どなたでも参加できます、みなさんお気軽にご参加ください(^^)♪

次回開催
日時: 6月12日(月) 10:00〜12:00
場所: 千手いこいの家

コラム募集

だんだん日中は暑くなってきましたね。ゴールデンウイークも最終日となり、夏が近づいてきたように感じます。
さて、毎月発行している嘉麻市社協だより「えがお」には「コラム交差点」というコーナーがあり、みなさんからの「声」を募集し掲載しています。
テーマは特にありませんので、日常の中で感じておられること、印象に残っている出来事などをぜひお聞かせください。よろしくお願いいたします。

●原稿について
・字数は、800字以内です。
・タイトルの有無は問いません。
・氏名を必ず記載してください。

●コラム掲載について
・コラムとともに投稿者の氏名も記載します。
・掲載する場合には、投稿者に事前連絡いたしますので、連絡先を忘れずに記載ください。

●応募方法
・氏名、住所、連絡先を明記の上、E-MAIL、郵送、FAXのいずれかの方法でご投稿ください。
E-MAIL→tiiki@kama.syakyo.com
郵送先→嘉麻市岩崎1143番地3 嘉麻市社会福祉協議会
FAX→0948-83-8005