4月の法律相談

4月の法律相談の日程をお知らせします。
法律相談は予約が必要です。先着順となっておりますので、お早めにお申し込みください。

・日時 4月6日(木)13:00~16:00
・場所 山田ふれあいハウス(嘉麻市上山田502-6)

・日時 4月20日(木)13:00~16:00
・場所 稲築住民センター(嘉麻市岩崎1143-3)

【お申し込み先】嘉麻市社会福祉協議会 電話 0948-42-0751

協議体~4月の予定~

今年度1年かけて学んできた協議体が、いよいよ4月から始まります。
協議体とは、地域のみんなで集まり、地域に足りないサービスを見つけ解決策を考える場です。
嘉麻市をすみよい地域にするための仕組みを一緒に考えてみませんか(^^)?

4月の各地区協議体の開催予定は下記のとおりです。

稲築地区~なつきちゃんにし・なつきちゃんひがし~
4月20日(木)10:00~12:00
稲築保健センター3階

碓井地区~嘉麻い隊うすい~
4月14日(金)13:30~15:30
上臼井公民館

山田地区~あっとふるやまだ~
4月11日(火)13:30~15:30
山田生涯学習館

嘉穂地区~嘉穂ますます会~
4月10日(月)10:00~12:00
夢サイトかほ

ボランティア募集情報

子どもたちとの遊び相手

障がいを持つ子どもと家族の会「Bravo!」は、毎月第3土曜日に、山田ふれあいハウスで定例会を開催しています。その際に子どもたちとの遊び相手をしていただける学生ボランティアを募集しています。日にちが差し迫ってのご案内ですが、ぜひご協力ください。

日 時:平成29年3月18日 11:00~15:00
場 所:山田ふれあいハウス(嘉麻市上山田502-6)
募集人数:2,3名程度
その他:動きやすい服装でご参加ください。昼食、お茶などの水分はご自身でご準備ください。

山登りは苦手な方も大丈夫

嘉麻市には、気軽に登れる山がいくつかあります。
その1つが、下山田の白馬山です。梅林公園を通り抜け、30分程で頂上に行けます。
3月11日は、嘉麻市観光まちづくり協会主催のハイキングがあったので、おじゃまさせてもらいました。

針葉樹林に恵まれた白馬山で、登る途中には、県指定天然記念物のバクチの木もありました。
ハイキングの後は、梅がきれいな梅林公園でくつろぐこともでき、ステキな所でした( ◠‿◠ )

無料職業紹介所

昨年8月から、かま自立相談支援センター内において、厚生労働大臣の許可を得て無料職業紹介所を開設しています。
この紹介所に求職申し込みができるのは、仕事や生活、家計のことなどにお困りの方で、生活困窮者自立支援事業の対象となる方です。
単に求人情報を提供するだけではなく、相談員と一緒に生活上の課題を整理した上で、就職相談や応募書類の作成、模擬面接など、就職につながるまでの間、きめ細やかな支援をします。
今日も就労支援員が、ハローワークや職場見学に同行しました。
仕事や生活、家計のことで困ったら、まずは「かま自立相談支援センター」にご相談下さい

平山地区趣味の会♪

3月13日(月)、今日は平山公民館にて第2.4月曜に行われている趣味の会にお邪魔しました。ご近所の方がお菓子などを持ち寄っておしゃべりをしながら、みなさんでお財布などの布小物を作って過ごされています。今日は、蛇腹に広がるカード入れを作っていました。
参加されてる方は「手芸をしていると時間を忘れてしまう」「みんなで集まることが楽しみ」など、この会がみなさんにとって大切な場所になっているのだと感じました。
趣味の会のみなさん、今日はありがとうございました(^^)

平成28年度メンタルヘルス研修

3月10日、平成28年度メンタルヘルス研修を実施しました。講師には九州大学基幹教育学院学修・健康支援開発部の准教授 入江正洋さんにお越しいただき、「人間関係づくりのための話の聴き方」というテーマで講義と演習を行っていただきました。
講義では、コミュニケーションをとる上で、「傾聴」することが大切だということを学びました。相手の話をただ「聞く」だけではなく、相手の言いたいことに、より深く、丁寧に「耳を傾ける」姿勢が相手の本音を引き出すことにつながるそうです。
演習では、講義で学んだことの実践を行いました。2人1組になり、話し手と聞き手を交代しながら、いろいろなパターンで会話をしました。適切なタイミングで相づちを打ったり、キーワードを繰り返すことで、コミュニケーションをより円滑にとることができると感じました。
今回の研修で学んだ傾聴を、普段から取り入れ、活かしていきたいと思います。

かま福祉ネットワーク委員会役員会

かま福祉ネットワーク委員会役員会を3月8日に行いました。昨年12月のネットワーク会議で、来年度から会費を集めることが決まったため、要綱の見直しや運営について話し合いました。
また、今後取り組もうと考えている総合相談窓口の設置や広報活動についても協議し、4月からのスケジュールを確認しました。


社会福祉法人同士の横のつながりをさらに深めながら、これからも活動していきたいと思います。

筑豊ブロックコミュニティワーカー研修第2回

今日は、今年度第2回目の筑豊ブロック市町村社協連絡協議会コミュニティワーカー研修会を開催し、8社協14名が参加しました。
初めに、「相談援助の記録について」というテーマで鞍手町社協の渡邉伸也さんが話題提供をされました。
渡邉さんは、業務の中で記録の必要性を感じられたそうで、様々な記録の種類やその意義について、丁寧に説明いただきました。その後、みなさんに相談援助の記録について伺うと、特に記録を作成していない社協、業務日誌やワーカー行動記録をつけている社協と様々で、「記録はしているが、その蓄積、分析、数値化ができていない」という課題もあげられました。
その後は、広いエリアで協力しあえるような災害時の連携と協議体や生活支援コーディネーターについて話し合い、ざっくばらんに様々な意見交換ができた研修会となりました。

私は日々の業務の中で、日誌や相談記録、日常業務連絡カード、地域アセスメントなどを作成していますが、渡邉さんのお話を伺い、改めて記録にはワーカーを守る力があることも感じました。

たくさんの使用済み切手をありがとうございます

本日、福岡銀行稲築支店様から、たくさんの使用済み切手をいただきました。
この使用済み切手は、銀行を利用される方が、店頭に設置している使用済み切手入れにお寄せくださったそうです。お一人おひとりの想いに、とてもあたたかい気持ちになりました。たくさんのご協力、本当にありがとうございます。

本会では、使用済み切手や使用済みテレホンカードを集めています。引き続き、皆様のご協力をお願いいたします。