平成28年度メンタルヘルス研修

3月10日、平成28年度メンタルヘルス研修を実施しました。講師には九州大学基幹教育学院学修・健康支援開発部の准教授 入江正洋さんにお越しいただき、「人間関係づくりのための話の聴き方」というテーマで講義と演習を行っていただきました。
講義では、コミュニケーションをとる上で、「傾聴」することが大切だということを学びました。相手の話をただ「聞く」だけではなく、相手の言いたいことに、より深く、丁寧に「耳を傾ける」姿勢が相手の本音を引き出すことにつながるそうです。
演習では、講義で学んだことの実践を行いました。2人1組になり、話し手と聞き手を交代しながら、いろいろなパターンで会話をしました。適切なタイミングで相づちを打ったり、キーワードを繰り返すことで、コミュニケーションをより円滑にとることができると感じました。
今回の研修で学んだ傾聴を、普段から取り入れ、活かしていきたいと思います。