優しい気持ちの広がり

嬉しい出来事がありましたので、ご報告です^_^
1月22日のブログと今月号の広報社協だよりに、漆生本村行政区が取り組んでいるバス待合所の置き傘を掲載したところ、どんどん傘が増えていったそうで、3本しかなかった傘が13本になっていました。

漆生本村の福祉推進員さんから、「ビックリしたよ。すごいね、みんな読んでくれてるんやね。掲載してくれてありがとう。」と言われ、優しい気持ちが広がっていったことをすごく嬉しく思いました。

EPSON MFP image

あたたかな心遣い、本当にありがとうございました。

1月22日のブログはこちらからもご覧になれます。
http://kamasyakyo.sakura.ne.jp/wp/2017/01/22/漆生本村バス停/

ボランティア募集情報

子どもたちとの遊び相手

障がいを持つ子どもと家族の会「Bravo!」は、毎月第3土曜日に、山田ふれあいハウスで定例会を開催しています。その際に子どもたちとの遊び相手をしていただける学生ボランティアを募集しています。日にちが差し迫ってのご案内ですが、ぜひご協力ください。

日 時:平成29年2月18日 10:00~13:00
場 所:山田ふれあいハウス(嘉麻市上山田502-6)
募集人数:2,3名程度
その他:動きやすい服装でご参加ください。昼食、お茶などの水分はご自身でご準備ください。

北海道歌志内市から視察に

今日は、北海道歌志内市役所の職員さんが視察にお見えになりました。
最初お話をいただいた時は、はるばる北海道から、、とびっくりしたのですが、旧山田市が歌志内市と姉妹都市として友好関係を結んでいた縁があったそうで、本会の事業概要や今年度の協議体勉強会のことなどを説明しました。

ホームページから広報紙を読んでくださっていて、協議体設置に向けての流れや買い物支援の取り組みについて質問があり、活発な意見交換ができました。
歌志内市も同じように買い物や移動が地域課題としてあがっているので、今後も情報交換ができたらという話になり、新たなネットワークができたことをとてもうれしく感じました。ありがとうございました^_^

稲築地区第3ブロック懇談会

2月14日(火)、稲築地区第3ブロック懇談会を山野第一公民館で開催しました。はじめに、福祉推進員の役割について説明をした後、各行政区で取り組んでいる活動やその中で感じている地域の課題について共有しました。
周りに頼れる人がいない一人暮らしの高齢者の方が安心して暮らせるような仕組みづくりが必要であることや、近くにスーパーがなく買い物にお困りの方の移動手段について話をし、地域での支え合いの仕組みが必要だと改めて感じました。
4月から各中学校区に協議体が設置されます。協議体では、小地域だけでは解決できないような課題に取り組んでいく予定です。地域の方が感じている不安が少しでも解消するよう、今後もみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

第4期市民後見人養成講座(基礎編)最終日

2月13日(月)、第4期市民後見人養成講座12日目を開催しました。
これまでの研修の振り返りとして、本会のかま権利擁護センター長の木山が講師を務めました。グループに分かれ、問われたことに対してYESかNOで自分の意見を選択するクロスロードという技法を用いて、一つの事例を成年後見人の立場でどのように支援していくかを考え、発表しました。これまでの講座で学んだことをもう一度振り返りながら事例を考えていくと、第1回の時には思いつくことがなかった支援を考えることができました。また成年後見人は、家庭裁判所をはじめとするさまざまな機関や人々と一緒に支えていくことが大切であると学びました。

閉講式では、嘉麻市保健福祉部高齢者介護課課長補佐の坪根紀代さんからご挨拶をいただき、16名の受講者が本会会長の村上から修了証を授与しました。
来年度はフォローアップ講座を予定していますので、今後もよろしくお願いいたします。
受講者のみなさんとの出会いを大切に、これからも地域で支えあう活動を広めていきたいと思います。

第12回協議体勉強会のご案内

昨年4月から、市民の皆さんと一緒に「高齢になっても、住み慣れた地域で安心して暮らせる地域づくり」を目指して学んできました。

今回は、介護予防・日常生活支援総合事業の内容や協議体の進め方などを共有し、4月から始まる協議体に向けて、みなさんと一緒に考えたいと思います。

・日時 平成29年3月3日(金)13時30分~15時30分
・場所 うすい人権啓発センター(嘉麻市下臼井1012−2)

《参加申し込み、問い合わせ先》
嘉麻市社会福祉協議会 ☎0948-42-0751

ボランティア活動保険のご案内

かまボランティア・市民活動センターでは、「活動中にけがをして通院した」、「活動中に誤って他人のものを壊してしまった」など、ボランティア活動中の万が一の事故を補償する「ボランティア活動保険」への加入申し込みを随時受け付けています。
平成28年度中にご加入いただいたボランティア活動保険の補償期間は、平成29年3月31日で終了となります。4月以降も継続加入を希望される方は、3月から更新手続きができますので、ご利用ください。
また、活動内容によっては、保険の対象外となることがありますので、詳しくは、事務局までお問い合わせください。

●補償期間:平成29年4月1日から平成30年3月31日まで
※4月1日以降に加入された方は、加入日の翌日からの補償となります。
●年間保険料:【基本タイプ】Aプラン350円 Bプラン510円
【天災タイプ】天災Aタイプ500円 天災Bプラン710円
※「天災タイプ」は、地震・噴火・津波によるケガを補償するものです。台風などの風・水害によるケガや熱中症は「基本タイプ」で補償されます。

【お問い合わせ先・お申し込み先】
かまボランティア・市民活動センター 電話 0948-42-0751

権利擁護フォーラムのご案内

かま権利擁護センターには、金銭管理や成年後見制度に関する相談が多く寄せられています。
最近では、生活困窮や更生保護と関わるケースも多く、様々な課題を抱える方を支える上で権利擁護という視点が欠かせません。
誰もが排除されずに、安心して暮らせる地域を作っていくために、市民の方と一緒に成年後見制度について学ぶことを目的に下記のとおり権利擁護フォーラムを開催します。
ぜひご参加ください。

日時 平成29年2月17日(金)13時30分~15時
場所 夢サイトかほ(嘉麻市大隈1228-1)
内容 講演「市民のみなさんと取り組む成年後見制度」
   講師 品川区社会福祉協議会 品川成年後見センター 所長 斎藤修一さん
お申込み 嘉麻市社協 0948-42-0751

待ち遠しい春

2月9日、今日は、1月31日に行った民生委員児童委員の研修会で、声をかけていただいた嘉穂地区の民生委員さんと一緒に、近所の気になる方のお宅を訪問しました。民生委員さんを始めとする地域の方々の力を借りて、また新たな出会いがありました。
訪問後は、ご近所のお宅や土手で春を感じるお花(梅、菜の花、ミツマタ)を撮らせていただきました。

天気予報では今夜から雪が予想されています。道路の凍結や水道管の破裂などにご注意ください。

・水道管の凍結を防止する豆知識を3つご紹介します(o^^o)
①水道の元栓を閉じた状態で屋内外の水道の蛇口を開き水抜きをする
②水をちょろちょろと出しっ放しにする
③水道管を保温する

フリースペースでお菓子作り♩

2月9日(木)、今日はフリースペースでお菓子を作りました。参加されている方の中に、お菓子作りが趣味の方がいて、いつかみんなで簡単なお菓子を作ってみたいねと話をしていました。お菓子作りは難しいイメージがあり、上手にできるか不安もありましたが、簡単なものを教えていただき、みんなで楽しく作ることが出来ました。自分たちで作ったお菓子はとても美味しく、やってみて良かったねと話をしました(*^^*)
フリースペースでは、ひきこもりの方やそのご家族と一緒に悩みを共有したり、情報交換を行っています。特にすることは決まっておらず、今日のようにみんなでしたいことを考えて過ごしています。無理をして外へ出る必要はないと思っていて、家以外の居場所作りや外へ出たくなったときのお手伝いが出来ればと考えています。興味のある方はお気軽にお電話ください(^_^)♩

《フリースペース》
日時:毎週木曜日13:30〜15:30
場所:寄ってこハウス(漆生南部)
担当:木原、眞杉
電話:0948-42-0751