鬼火たき

1月7日、前日の協議体の勉強会に参加されている方からお誘いいただき、熊ケ畑地区で行われた「鬼火たき」におじゃましました。
早朝の薄暗い中、広場の中央には竹や木で10mを超える櫓が組まれ、地元の方々がたくさん集まっていらっしゃいました。カウントダウンと同時に、松明を持った小学生が点火。火は一気に燃え上がり、ポンポンと竹の弾ける大きな音や熱風に圧倒されました。
参加者には、ぜんざいや七草がゆが振る舞われ、暖を取りながらの会話に花が咲き、みなさんで今年の無病息災を願いました。
img_2706