就労支援員養成研修[後期]3日目

12月9日、就労支援員養成研修最終日を迎え、企業へのアプローチについて学びました。
新規企業の開拓は、1度の訪問で話がまとまることは少なく、短時間でも企業担当者と会う回数を増やすことがポイントになるとの話があり、以前、訪問した企業さんにアプローチしていないことを反省しました。また、企業側への雇用支援の方法についても学びました。
研修最後のグループワークでは、“これからの就労支援で、あなたが踏み出したい第一歩は何でしょうか”をテーマに模造紙に書き出しました。関係機関との連携や横のつながり、ストレングス視点などの意見が並びました。基本的なことですが、とても大切なことだと感じました。
最後に講師から「全国に支援員の仲間がいて、悩みがあれば連絡を取り合い、情報を共有し、切磋琢磨しながらコツコツ進んでいきましょう」との心強いお声かけをいただきました。
前期、後期合わせて6日間の研修で学んだことを、これからの業務にいかしていきたいと思います。

お寄せいただいたアルミ缶がチャイルドシートに変わります

今日は、12月に入って1回目のアルミ缶換金へ行きました。

今回は70kgのアルミ缶とリングプルが集まり、リングプルだけでもこれだけの量をお寄せいただきました。

img_3802

本会では、子育て世代支援のためにチャイルドシートの貸し出しを行っています。この事業で購入したシートが、皆様からいただいたアルミ缶の換金後の姿です。

多くの方にご協力いただき、昨年度はチャイルドシート14台、ジュニアシート7台を購入することができました。

img_3351img_3358

アルミ缶の寄附は年間を通じて受け付けておりますので、これからも変わらぬご協力をお願いいたします。

「ぼくたち、わたしたちが集めたお金を大切に使ってください」

今日は、恵大保育園の園児のみなさんからたくさんの募金をお預かりしました。園児のみなさんは、毎年、手作りの貯金箱で募金にご協力くださっています。

園児のみなさんからたくさんのパワーをいただき、とてもあたたかい気持ちになりました。毎年ご協力してくださり、ありがとうございます。

img_5526

img_5524

img_5523

恵大保育園の園児のみなさんと秋吉園長先生と本会会長 村上

%e2%91%a3