かま福祉ネットワーク委員会で解決への一歩を

今年の4月に発足したかま福祉ネットワーク委員会では、制度の狭間にあるニーズに対して、社会福祉法人ならではの取り組みを考えています。
先日、ゴミの片づけに困っている方から相談がありました。Aさんは、ご自分でゴミを片づけたいと思っていたそうですが、様々な理由からどうすることもできず、長年そのままになっていました。いろんなところにも相談しましたが、対応してもらえず、困っておられました。
そこで、ネットワーク委員会で協議を重ね、お手伝いをすることにしました。
今日は、8法人10施設17名の職員が、裏庭に積み重なったゴミを分別しながら、軽トラックに積み込み運搬しました。
image
片づけを終える頃には、Aさんに良かったねと久しぶりに声をかけられるご近所の方がいらっしゃいました。
ご近所とのつながりをつくっていくきっかけにしたいと感じました。

炭鉱の写真をお寄せください

毎月発行している広報紙えがおの中に、炭鉱の記憶というコーナーがあります。
炭鉱が盛んだった頃の写真とそれにまつわるエピソードを伺い掲載しています。
地域の行事やサロンに伺った際に、当時の写真を持っている方や詳しい方がおられないか尋ねていますが、「たくさんあったんやけどどこにしまったかわからんね」、「昔は詳しい人がおったんやけどね」といった声が多く、なかなか見つかりづらい状況です。
1年ほど前にもサロンでこの話をしていたところ、参加されていた方が覚えてくださっていて、先日、「写真が見つかったよ。今度他の写真も出しちょくんで、見に来て」と声をかけてくれました。
ずっと気にかけてくださっていたことがとてもありがたく思います。
炭鉱にまつわる写真やエピソードを随時募集していますので、ぜひお寄せください。