職員自主勉強会

9月10日、今日は13時から17時まで稲築住民センターで、職員自主勉強会を行いました。
マインドマップ公認インストラクターの吉元寿林さんに宮崎からお越しいただき、マインドマップという手法を教わりながら、相談を聴くこと、記録をすることについて学びました。
マインドマップとは、自分の考えを記しながら整理していく表現方法で、ひとつのテーマから連想しながらキーワードやイメージをつなげていき、発想を広げることができます。
吉元さんの話を伺い、文章を書くときや自分の考えをまとめたい時、人の話を整理して聴くときにもとても役に立つことが分かりました。グループワークでは、質問をしながらマインドマップを書く役と答える役をして、書くこと、キーワードからさらに聴き出していくことを体験しました。
相談を受ける時には、聴かなくてはいけないことをある程度まとめておくことで聴きやすくなり、相手の言葉をキーワードで記すことで、情報が整理しやすくもっと必要な情報を掘り下げやすいということを学びました。
嘉麻市社協は、地域アセスメントをするなかで、このマインドマップを作りながら地域のいろんな情報を住民のみなさんに教えていただいています。今日勉強したことを生かして、さらに地域のことを深く知っていけたらと思います。
image
大刀洗町や福岡市の社協の方も参加され、皆で楽しく勉強することができ、あっという間の4時間でした。普段の業務にも、日常生活でもいろんな場面で使ってみたいなと思いました(*^_^*)