南阿蘇村生活復興支援ボランティアセンター20日目

8月26日、今日は、11名のボランティアさんが活動され、3件のニーズ全てが完了しました。昨日までより少ない人数でしたが、みななさん土砂の撤去や仮設住宅への荷物の移動など、暑い中にもかかわらず活動してくださいました。
現地調査では、立野地区で6件のお宅を訪問しました。地震の後の豪雨で土砂が流れてきたお宅が多く、被害も大きくまだ手つかずのお宅もありました。家のすぐ上の山が崩れて大量の土砂が流れこんだというお話を伺い、山を見上げると、すごい勢いで押し寄せてきたことが分かりましたが、その恐ろしさは簡単に想像できませんでした。ボランティアさんに土砂かきを手伝っていただけるよう、センターでニーズ票、マッチングシートをまとめました。別のお宅では、家の中いっぱいに土砂が入り込んでかなり高く積み上がってしまっていて、あまりの土砂の多さに言葉を失いました。これから解体をされる予定で、ご夫婦で片付けや分別をしておられ、その作業にも相当な時間を要していることが分かりました。集積所までの運搬をボランティアさんに対応していただくこととしました。このような状況でも、私たちに、暑い中おつかれさま、遠くからありがとうございますと声をかけてくださり、胸がいっぱいになりました。
image
明日は、42名のボランティアさんを募集しております。また、明日からの2日間は、立野サテライトの活動もあり、30名のボランティアさんを募集していますので、みなさんのご協力、よろしくお願いいたします。