地域づくりという視点

7月30日、今日は、大分県竹田市で開催された地域づくり勉強会in竹田に参加しました。
明日のフォーラムに向けた事前勉強会で、竹田市と沖縄県宜野湾市、福津市の取り組みについて、説明されました。
どこも地域の皆さんの声を大切にしながら、いろいろな仕組みを展開しておられ、学ぶことばかりでした。
現在、嘉麻市でも、協議体の勉強会や地域アセスメントを行っていますので、参考にさせてもらい、進めていこうと思いました。
image
また、明日は竹田ベースキャンプ最終日となります。早起きしてお手伝いしてこようと思います。

南阿蘇支援竹田ベースキャンプ94日目

7月30日、今日は、竹田ベースキャンプから38名のボランティアさんが参加され、南阿蘇村災害ボランティアセンターの活動者数は76名でした。
朝からたくさんの方が来てくださり、1件のニーズに予定以上の人数で対応していただいたことで、8件中7件の作業が完了しました。
image
明日はローラー調査を行うため、その準備や地図の作成、これまでの調査の集約を行いました。時間がかかる作業でしたが、より分かりやすく使いやすいデータを作っていくことも、これからの生活支援を行う上で大切だと思いました。
明日も南阿蘇村だけでなく、立野サテライトの活動もあります。ボランティアさんのご協力、よろしくお願いいたします。

立野地区での活動に参加

7月30日、先週の土曜日に続いて、今日も嘉麻市内の個人ボランティアさん6名と職員2名で南阿蘇村の立野サテライトに行き、活動しました。
今日伺ったのは、山あいの住宅地にあるお宅で、6月の大雨によって、多量の土砂が敷地内に入り込んでいました。日が当たらない部分は水気を含んで、とても重く、逆に日が当たる部分は砂埃が舞うような状況でした。
狭い場所での作業となるため、はじめに役割分担し、また、休憩のときなどにコミュニケーションを図りながら、その都度工程を見直して、効率よく作業を進めていきました。
image

土砂の撤去を終えると、再び土砂が流入しないように、土嚢を作って、適当な場所に重ねていきました。最後に倒れていた花壇のブロックを置き直して、完了しました。
一緒に活動していただいたボランティアのみなさん、本当にありがとうございました。
嘉麻市に帰り着いて、1名の方から、「必要な時はできるだけ都合つけて行くんで、また電話して」と声をかけていただきました。
とても嬉しく、心強い一言に、一日の疲れが吹き飛ぶようでした。
まだたくさんの力が必要です。みなさんのご協力をお願いします。