南阿蘇村立野地区 災害ボランティア活動

7月23日、今日は嘉麻市の個人ボランティアさん2名と職員3名で南阿蘇村立野サテライトに行き、ボランティア活動を行いました。

立野サテライトは本日から活動が再開され、21名のボランティアの方が集まりました。
午前中は、土砂のかき出し、家具の運び出しや運搬を行いました。豪雨で裏の畑の土砂が大量に流れ込んだお宅で、土砂をかき出して軽トラに積み込み、集積所まで運びました。依頼された方も一緒に作業をされ、「1人でこの土砂をどうしようかと途方に暮れていた。本当に助かりました」と何度もお礼を言ってくださいました。もう一件のお宅では、依頼者の方から廃棄するものか現在住まわれている所へ移動させるものかを確認しながら家具等を分け、運搬しました。
午後からは午前中の作業を引き続き行ったほか、瓦の撤去等も行いました。
活動報告を終えたグループは作業中の所に行って手伝いをするという流れで、人数が増えるとスピードも一気にあがります。みなさん「人の数で作業が全然違うね」と話されていました。作業に慣れておられる方ばかりで、たくさんのことを教えていただきながら活動しました。熱中症に気を付けながらみなさんと協力し、無事に活動を完了させることができました。
image

南阿蘇村支援竹田ベースキャンプ87日目

7月23日、今日は竹田ベースキャンプより46名が参加され、南阿蘇ボランティアセンターの活動人数は計60名となりました。
受付、オリエンテーション、グルーピングを行い、ボランティアさんを送り出した後は、土砂撤去の依頼があった立野地区赤瀬にあるお宅を訪問しました。
地震のため緩んでいた地盤に雨が降り続き、山から滝のように土砂が流れてきたと言われていました。
数十センチも積もった土砂を38人のボランティアさんがスコップですくってはトラックへ運ぶを繰り返し、たくさんの土砂を取り除くことが出来ました。しかし、まだ多く残っているため翌日のニーズへと引き継ぎました。
image
※竹田ベースキャンプが7月末で終了するため、8月からボランティアさんの受け入れを熊本県内から九州圏内に拡大することが決まりました。
引き続き、ご協力宜しくお願いします!

嘉麻認知症家族会初日

7月23日、今日は、山田ふれあいハウスで第一回認知症家族の集いを行いました。
ご家族の方だけでなく、ご家族を支えてくださる方々もお見えになり、認知症に関する意見交換をしました。
image
その後は、ご家族の方だけで交流会をし、これから家族会として集いを月に一度していくことや家族会の活動内容、ルールが下記のとおり決まりました。

《目的》
認知症の方を介護しているご家族等が集まり、お互いの体験や情報交換をし、様々な問題解決のために励ましあう会です。

《活動内容》
①会員が集い、日ごろ言えない苦しみや悩みを打ち明け、介護に関する意見を交換する交流会を開催する。
②認知症の理解や福祉制度などについての学習会をする。

《ルール》
①この会で話し合った個人情報は話さない。
②立場や状況は人それぞれなので、個人の話の内容は否定しない。
③みんなで協力しあって活動する。

また、まだ始まったばかりですので、これからみなさんと一緒に悩みながらやっていくことも決まりました。

次回は8月27日土曜日13時30分から山田ふれあいハウスで開催します!