南阿蘇村支援竹田ベースキャンプ73日目

昨日からの雨は早朝まで降り続いていましたが、その後予報を覆し、良い天気となりました。
ボランティアさんの活動は当初の予定通りありませんでしたが、東下田地区、中松3区の2地区を6班に分けて、担当地区内を一軒一軒まわって困りごとや状況を聞いてまわるローラー調査を行いました。
本会職員は竹田ベースキャンプを通じて、岡山県から参加された企業のボランティアさんとともに中松3区の38軒のお宅を訪問しました。
image
中松3区は倒壊している家屋は少ない状況で、ご自宅で生活されている方も多く、13名のかたから話を伺うことができました。
この地区では昭和28年に、川が決壊して、家が流されるなどの大きな水害が起きたことがあるそうで、先日の大雨によって、田畑の法面や畦道が崩れるなどの被害が生じたこと、そして今後大雨が降り、再び大きな被害がでるのではないかと不安を感じている方がたくさんおられることがわかりました。。
また、もうボランティア活動はしていないかと思ったと話される方や、他の被害の大きかった地区と比べると、被害は小さいので、ボランティアさんの力を借りずになんとかしようと思ったという方もおられました。あらためて、一軒一軒訪問して話を伺っていくことが大切であることを実感しました。
明日の予報はくもりとなっており、活動も再開される予定です。みなさまのご協力をお願いいたします。