南阿蘇支援竹田ベースキャンプ72日目

7月8日、今日の南阿蘇村は1日雨が降り続きました。 予定していたローラー調査(一軒一軒訪問して状況や困りごとを伺う)も雨による土砂災害の危険性を考慮して中止となりました。 そのため、本会職員は、これまでボランティアさんが活動したお宅を地図に落とし込んでいく作業を行いました。 また、今日唯一の活動にボランティアさん2名と他社協の職員の方たちとともに伺いました。動かなくなってしまった車を動かすというもので、5名で対応したこともあり、活動自体は15分程度で終わりました。 明日も雨の予報となっており、ボランティアさんの活動は中止となっています。
下の写真は、竹田ベースキャンプを通じて活動に参加されている嘉麻市のTさんが昨日持ってきてくださったものです。
image
Tさんは全国を回って、各地の道の駅やお寺で、熊本・大分へのメッセージを書いてもらったそうです。「一日も早い復興を応援しています」「私たちも水害にあった時、いろんな人に助けてもらいました。できることで応援しています」など、心温まるメッセージがびっしりと書かれています。
この寄せ書きは、センターの事務所内に掲示されています。本当にありがとうございます。

下臼井東サロンにおじゃましました♪

7月8日、今日は下臼井東西部公民館で開催されたふれあい・いきいきサロンにおじゃまし、地域調べを行いました。
みなさんに、「下臼井東といえばなんですか?」と伺うと、伝統行事や炭鉱の歴史の話で盛り上がりました。下臼井は千手川と嘉麻川に挟まれた土地だったため昔は造り酒屋が多かったこと、学校関係や役場の職員が多く在住していたこと、牛まつりや千人祭りなどの行事があること、自然豊かでうぐいすの鳴く声が聞こえることなどを教えていただきました。課題については、若い人が減り伝統行事の維持ができないこと、買い物に行くために交通の便が悪いこと、避難場所がよくわからず不安があるという意見が出ました。みなさん「意外と行事やいいところがたくさんあるんだね」と話され、改めて地域を見つめ直し課題を共有できた時間となりました。下臼井東サロンのみなさん、ありがとうございました(^-^)
IMG_20160708_143136