新しい地域ささえ愛推進フォーラムin竹田

7月31日、今日は、竹田ベースキャンプ最終日ということもあり、短い時間でしたが、朝のミーティング参加し、ボランティアさんの受付をお手伝いしました。
その後は、竹田市・竹田市社協・公益財団法人さわやか福祉財団主催のフォーラム「新しい地域ささえ愛推進フォーラムin竹田~みんなで語ろう!地域での支え合い~」に参加しました。
第1部のテーマは、「竹田のみんなでよっちはなそう会」です。基調講演や支えあいの取り組みについての報告、その後は、「もしもの時の地域での支えあい」についてのグループワークがありました。私は、都野地区のグループで、誰もが住み慣れた地域で暮らし続けるために何が必要か、5年後、10年後にあったらいいなの未来像を一緒に考えました。活発な意見がたくさん出て、あっという間に時間が過ぎていきました。話したりなかったことや課題になったことについては、次回の集まる場「福祉懇談会よっちはなそう会」で続きを話そうねと言われていました。やわらかな雰囲気で意見交換をされていて、話し合う場を継続してやることの大切さを感じました。
午後からは、第2部「南阿蘇ボランティアベースキャンプ活動を通して拡がる支え合い」がありました。
ベースキャンプ立ち上げのきっかけや目的、役割について竹田市社協 水野匡也さんから報告がありました。全国からたくさんのボランティアさんが来られたことで、竹田市のみなさんは、直接被災地に行くことはできないが、自分にできることが何かないだろうかと考えられ、心あたたまる協力をされていました。
その後の実践報告では、ベースキャンプの立ち上げ準備からお手伝いをさせてもらっていることもあり、本会の事務局長の木山が話をしました。
県境を越えて支援されるという竹田市社協さんの熱い思いを受け、本会も3か月間現地で竹田ベースキャンプの一員として活動をさせてもらったこと、本会だけでなく、福岡県筑豊ブロックの社協に声をかけ協力してもらったことなどを報告しました。
そして、南阿蘇村の現状を写真で振り返りながら、現在も6月の豪雨水害で困っている方がたくさんおられるので、竹田ベースキャンプは閉所するけれど、8月いっぱい同じように現地で協力させてもらうことを話しました。
フォーラム終了後は、南阿蘇村災害ボランティアセンターのミーティングに参加し、フォーラムの報告をしました。
いろんな学びがあった貴重な二日間でした。

南阿蘇支援竹田ベースキャンプ95日

5月1日からボランティアさんの中継基地として南阿蘇村を支援してきた竹田ベースキャンプが、今日の活動をもって閉所することになりました。最終日の今日も竹田ベースキャンプからは39名のボランティアさんが参加され、大きな力となりました。全体の活動者数は50人で、4件のニーズに対応して活動し、2件を完了することができました。私は、朝グルーピングを担当し、ボランティアさんを送り出した後、竹田ベースキャンプを通じてセンターの運営スタッフに入っている岡山の自動車会社の方とペアを組んで立野の赤瀬地区にローラー調査に入りました。訪問したのは30軒で、内8軒の方からお話を伺うことができました。この地区は、裏山の土砂災害の危険があり、行政から2年間はこの場所では生活できないとの指示が出ていることや、熊本市内や県外に住所を置いたままセカンドハウスとして使っておられる方が多数いることがわかりました。この内、南阿蘇村に住所がある方からは、地震で倒れた温水器を撤去してほしい等のニーズがありましたので、対応できるよう準備したいと思います。また、今日は不在でお会いすることはできませんでしたが、敷地内に土砂が大量に流入しているお宅がありましたので、連絡をとれるようにしたいと思います。ローラー調査に入ると、もう自分で片付けたと言われる方がいる一方でボランティアさんの力を借りてなんとかしたいと思っている方もおられます。ぜひ、これからも多くのボランティアさんのご協力をお願いいたします。

 

 

竹田ベースキャンプ閉所式

7月31日、5月1日から開設された南阿蘇村支援竹田ベースキャンプは今日をもって閉所となりました。
そのため、職員4名はベースキャンプの拠点となった、旧荻支所に行き、資材の整理や片付けなどの作業を行いました。
午後4時40分頃に、ベースキャンプ最後のボランティアさんが南阿蘇村から戻って来られると、3ヶ月間、協力して下さった地域社協の方が、「お疲れ様でした」と声をかけながら、コメント付きの手作り弁当などを手渡されていました。
午後6時からは、閉所式が行われました。社協会長や地域社協会長が挨拶されたのち、3カ月で1,991名のボランティアさんがベースキャンプを通じて活動に参加されたことなどの報告をされました。
最後にボランティア代表の方が、「ベースキャンプを支えるたくさんの方がいたからこそ、自分たちは安心して活動することできました。」と感謝の気持ちを伝えられました。
このベースキャンプを通じて、たくさんの出会いがあり、つながりが生まれました。
このつながりを大切に、引き続き南阿蘇村支援に携わらせていただきたいと思います。
image

地域づくりという視点

7月30日、今日は、大分県竹田市で開催された地域づくり勉強会in竹田に参加しました。
明日のフォーラムに向けた事前勉強会で、竹田市と沖縄県宜野湾市、福津市の取り組みについて、説明されました。
どこも地域の皆さんの声を大切にしながら、いろいろな仕組みを展開しておられ、学ぶことばかりでした。
現在、嘉麻市でも、協議体の勉強会や地域アセスメントを行っていますので、参考にさせてもらい、進めていこうと思いました。
image
また、明日は竹田ベースキャンプ最終日となります。早起きしてお手伝いしてこようと思います。

南阿蘇支援竹田ベースキャンプ94日目

7月30日、今日は、竹田ベースキャンプから38名のボランティアさんが参加され、南阿蘇村災害ボランティアセンターの活動者数は76名でした。
朝からたくさんの方が来てくださり、1件のニーズに予定以上の人数で対応していただいたことで、8件中7件の作業が完了しました。
image
明日はローラー調査を行うため、その準備や地図の作成、これまでの調査の集約を行いました。時間がかかる作業でしたが、より分かりやすく使いやすいデータを作っていくことも、これからの生活支援を行う上で大切だと思いました。
明日も南阿蘇村だけでなく、立野サテライトの活動もあります。ボランティアさんのご協力、よろしくお願いいたします。

立野地区での活動に参加

7月30日、先週の土曜日に続いて、今日も嘉麻市内の個人ボランティアさん6名と職員2名で南阿蘇村の立野サテライトに行き、活動しました。
今日伺ったのは、山あいの住宅地にあるお宅で、6月の大雨によって、多量の土砂が敷地内に入り込んでいました。日が当たらない部分は水気を含んで、とても重く、逆に日が当たる部分は砂埃が舞うような状況でした。
狭い場所での作業となるため、はじめに役割分担し、また、休憩のときなどにコミュニケーションを図りながら、その都度工程を見直して、効率よく作業を進めていきました。
image

土砂の撤去を終えると、再び土砂が流入しないように、土嚢を作って、適当な場所に重ねていきました。最後に倒れていた花壇のブロックを置き直して、完了しました。
一緒に活動していただいたボランティアのみなさん、本当にありがとうございました。
嘉麻市に帰り着いて、1名の方から、「必要な時はできるだけ都合つけて行くんで、また電話して」と声をかけていただきました。
とても嬉しく、心強い一言に、一日の疲れが吹き飛ぶようでした。
まだたくさんの力が必要です。みなさんのご協力をお願いします。

南阿蘇支援竹田ベースキャンプ93日目

7月29日、今日は、ゴミ集積所が休みのため活動はなく、センターで訪問表の入力等の事務作業を行ったほか、現地調査に行きました。
垂玉温泉山口旅館の調査に行ったのですが、行く道のりは斜面上の岩塊が今にも落ちてきそうなところや道路に亀裂が入っているところなど危険な場所がいくつかありました。
到着し、旅館の専務、重機を扱う団体オープンジャパンの方と社協とで今後の作業等の打ち合わせを行いました。旅館内を案内していただきながら、まずは必要な物と処分する物の分別から始められることとなりました。南阿蘇村災害ボランティアセンターは、往復の道のりが安全になるまで、ここでの活動はできないため、オープンジャパンの方々が対応されることとなっています。
露天風呂があった場所も崖崩れで被害に遭っています。その横に滝があるのですが、地震の前は半分しか見えておらず、崩れ落ちたために上の方から見えるようになったそうです。温泉で働かれている方が、「滝も上の方から姿を見せて、私たちを励ましてくれている」と話されたのが印象的でした。
隣にある地獄温泉の方も来られていて、これから3年ぐらいかけて復興に向けて頑張ろうと話されていました。
今後、作業が進んでいく中で、ボランティアセンターが対応できることも出てくるのではないかと思います。
image
明日は、南阿蘇村災害ボランティアセンターだけでなく、立野サテライトの活動もあります。ニーズも多く、たくさんボランティアさんの力が必要です。明日も暑い1日になりそうですが、どうかご協力お願いいたします。

市民後見人養成フォローアップ講座最終日

7月28日、6月8日から始まった市民後見人養成フォローアップ講座は、今日で最終日を迎えました。
今日は初めに、本会が熊本地震発生以降活動している南阿蘇支援竹田ベースキャンプの取り組みについて、本会事務局長の木山より、報告を行いました。
地震に加え、6月20日の大雨による水害でさらに被害が拡大していること、また特に被害の大きかった立野地区では、これから復興に向けて、たくさんの人の力が必要であることなどを写真を交えて説明し、受講者の皆さんは真剣な表情で聞き入っておられました。

その後、引き続き、事務局長の木山を講師に、「自分の価値観を知る」というテーマで、4人ずつの班に分かれて二つのグループワークを行いました。
h2807282
このグループワークを通じて、それぞれの価値観が違うことを学びました。
最後に糸賀一雄さんの「この子らを世の光に」という言葉のように、障がいのある方や認知症のある方などが地域の中心的な存在となるような地域づくりを進めていきたいという言葉で、最後の講義が締めくくられました。

その後に行った閉講式では、嘉麻市福祉事務所長の山田昌郎さんよりご挨拶をいただき、本会の村上会長が9名の方に修了証を手渡し、平成28年度のフォローアップ講座は幕を閉じました。
修了された皆さま、本当に長い期間受講いただき、ありがとうございます。そしてお疲れさまでした。
これからも皆様とともに、市民のみなさんの権利を擁護する取り組み、誰も排除されないまちづくりへの取り組みを進めていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

フリースペースからまた一歩

7月28日、今日は、フリースペースに参加しているメンバー8名で障がい者支援施設 清浄学園へお出かけしました。
以前から、ぜひ利用してくださいねと声をかけていただいていたので、お言葉に甘え、施設を見学し、その後はカラオケルームを貸していただきました。
image
久しぶりに歌うという方もおられましたが、熱心に曲を選ばれ、ステキな歌声を聴かせていただき、盛り上がりました。
フリースペースとしては、初めての外出でしたが、とても楽しい時間を過ごすことができました^_^

南阿蘇支援竹田ベースキャンプ92日目

7月28日(木)、今日も南阿蘇村は快晴で、とても暑い1日でした。竹田ベースキャンプからは30名のボランティアさんが参加され、南阿蘇村災害ボラセンターの活動人数は40名でした。
7件のニーズがあり、ボランティアの方ほとんどが15時過ぎまで帰ってこられず、活動報告の時に伺うと、とても大変な作業ばかりだったということでした。みなさん日焼けされ、土砂などで洋服も汚されお疲れになっておられても、笑顔で「少しでも役に立てたらと思って」と話されたり、東京から竹田ベースキャンプを通して来られた方は「私は1日だけど、依頼された方はこれからが大変だと思う」などと言われていました。
今日は、マッチングやグルーピングの他、実績入力等の事務作業、これまでローラー班が調査した訪問表の入力、整理等も行いました。
明日はゴミ集積所が休みのため活動は限られたものとなりますが、自分にできることを精一杯行いたいと思います。