南阿蘇支援竹田ベースキャンプ60日目

6月26日、南阿蘇はおよそ1週間ぶりに良い天気となりました。
昨日の夕方に、急遽ボランティアさんの受け付けを行うことが決まり、竹田ベースキャンプからのボランティアさんが当初の予定通り受け付けは行われなかったこともあり、ボランティアさんの数は少ない状況でした。
本会職員は、まず消防隊職員の方が屋根のブルーシート張りに使用する土嚢づくりを行った後、1名は昨日に引き続いて地図に要援護者世帯の落とし込み作業を、1名は新たに相談のあった方のご自宅を訪問しました。
長野地区は、先日の大雨によって、土石流が発生し、川沿いの家屋や田畑などにとても大きな被害が出ていました。Fさんのご自宅もその川の近くにあり、庭にも土砂が堆積している状況でした。そして再び雨が降ることをとても心配されていました。そのため、まず応急処置として、雨が降る前に土嚢を積んで、土砂の流入を防ぐこと、その後、すでに流入している土砂を取り除くことにしました。
他の地区で活動されているボランティアさんが不足している状況があったため、そちらの手伝いを行った後、センターに戻って来られていたボランティアさんと他社協のスタッフの方と共に、土嚢50袋を作って、Fさん宅に持っていき、家の周囲に置いていきました。
しかし、50袋では足りなかったため、明日100袋を追加で持って伺うことになりました。
屋根へのブルーシート張りや土砂の撤去など、雨による被害に関する相談が増えてきています。
明日の午前中くらいまではなんとか天気がもってくれる予報ですので、ぜひ多くの方に協力をいただきたいと思います。
IMG_8330