市民後見人養成フォローアップ講座1日目

午後1時から、平成28年度市民後見人養成フォローアップ講座を開催しました。
この講座は、昨年度開催した市民後見人養成講座基礎編を修了された方を対象として、7月28日まで福祉施設での実習を含めた9日間の日程で開催することとしています。
初日は、開講式を行った後、公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート福岡支部の司法書士加藤丈雄さんを講師に、「必要な法律の知識について」というテーマで講義をしていただきました。
h2806081
加藤さんは、後見人として活動するうえでは常に法律が関わってくること、特に相続、借金、不動産、交通事故、悪徳商法などが多く、これらの問題を複合的に抱えている場合も多いことを話されました。
そして、被後見人が高額商品を購入した際の取消権の行使に関すること、債権回収会社からの未払い債務の請求への対応など、実際に加藤さんが活動中に経験された事例を通して、後見人としてどのような視点を持って対応する必要があるのかなどを考えていきました。
受講者からは意見や質問などがたくさん出され、学びを深めていくことができました。
次回は6月15日に開催する予定です。

南阿蘇村竹田ベースキャンプ支援42日目立野サテライト

今週の土日は雨の予報となっているため、ニーズがたまっている立野サテライトを今日、明日開設することとなり、嘉麻市社協から職員1人が1日入りました。
計28名のボランティアさんが活動されました。瓦やブロック塀の運搬というニーズが多く、軽トラックや2トントラックで来てくださった方にもたくさん協力していただきました。写真は、ゴミ集積所でボランティアさんが、運搬したガレキ等を仕分けして置かれているところです。
活動を終えて帰ってこられても、まだ時間があるので次も行きますよ と言ってくださる方が多く、時間がかかる内容も多かったのですが、8件のニーズが無事完了しました。暑い一日でしたが、みなさん熱心に活動され、明日も来るよ と言ってくださり感謝の気持ちでいっぱいでした。
夕方、調査に行くと、ガレキ等の撤去や片付け、運搬が必要だと思われるお宅がまだまだありました。住民の方にお会いできた時は、困っておられることはないですかと声をかけ、立野サテライトのことをお伝えしました。
明日は、継続となった3件と、今日新規で入ってきたニーズ4件、明日を希望されているお宅を何件か活動していただく予定となっています。
image

南阿蘇村支援竹田ベースキャンプ42日目

6月8日、今日は竹田ベースキャンプから42名の方が参加され、南阿蘇ボランティアセンターの活動人数は計68名となりました。
現在、ゴミ集積場の分別作業が追いつかず、数カ所あった一旦閉鎖され、現在稼働している所は一箇所のみとなっています。
活動から帰られたボランティアさんから「ゴミ集積場の前で長蛇の列に並んだよ」「細かい分別作業に時間が掛かり、思うように作業が進まなかったよ」などとお話をお聞きし、課題は時間とともに変化し、その都度早期の対応策を考えていく必要があると実感しました。
image