益城町災害ボランティアセンター11クール1日目

今日から5日間、熊本県益城町災害ボランティアセンターへ福岡県社協からの派遣で運営スタッフとして活動します。
福岡県内の社協職員が4月末から交代で運営支援にあたっていて、今回は11クール目になります。本会の他に、筑紫野市社協、行橋市社協の職員さんと同じチームです。
今日は、初日ということで引継ぎを受けるため、7時に益城町災害ボランティアセンターへ到着し、マッチング・グルーピング班の引継ぎを受けました。
また、ボランティアさんと行うニーズ調査にも同行しました。惣領地区には、活断層が通っていて、その筋が今でもはっきりわかるくらいご自宅や道路に甚大な被害が出ていました。
ご自宅におられた5名の方にお話を伺うと、仮設住宅への引越しや、これからどうしたらいいのかなどみなさん今後の生活に不安を抱えていることを話してくださいました。
「住み慣れた地域で暮らしたい」という思いを大切にしながら何ができるのかを考えていかなければと感じた初日でした。
image
益城町災害ボランティアセンターは、県外のボランティアさんの受入をしています。
わからないことなどありましたら、本会のボランティアセンターの職員にお問い合わせください。
かまボランティア・市民活動センター
0948-42-0751

南阿蘇支援竹田ベースキャンプ33日目

5月30日、今日は晴天に恵まれましたが、ゴミ集積場がお休みのため、前日に引き続き、グループホーム南阿蘇での作業と久木野中学校での救援物資の仕分けの二件のニーズに対し、活動を行いました。本日参加されたボランティアさんは南阿蘇ボランティアセンターから参加の4名と延岡市から来られた消防士の方7名の計11名でした。

連日降り続いた雨やゴミ集積場の稼働状況等でここ数日、本格的な活動が出来なかったため、たくさんのニーズが溜まっている状況です。天気予報では明日から数日間晴れの予想ですので、たくさんのボランティアさんが必要です。

また、立野サテライトでもニーズが溜まっている状況で、通常水曜、土曜、日曜の活動ですが、今週は明日からの火曜、水曜、木曜に変更しています。

梅雨に入ると、土砂や水害等の二次被害が予想されます。その前に、少しでもいろいろなお手伝いができればと思っています。

image