協議体についての勉強会を開催します

平成27年度介護保険制度改正により、要支援者に対する訪問介護及び通所介護が、新しい地域支援事業に移行される事になりました。嘉麻市では、平成29年度のスタートに向けて体制整備に取り組んでおり、5つの中学校区ごとに協議体が設置されます。
協議体では、地域で活動している方々が集まり、顔なじみやおたがいさまの関係だからこそ分かる困りごとを話し合いながら、その地域に足りないものを考え、居場所や支えあいの仕組みを作っていきます。
そこで、協議体設置に向けた勉強会を開催し、嘉麻市ならではの仕組みづくりをみなさんと一緒に考えていきたいと思います。
★第1回★
・日時 平成28年4月11日(月) 13:30~15:30
・会場 稲築地区公民館(福岡県嘉麻市岩崎1141)
・講演 「協議体の役割について」 講師 嘉麻市社会福祉協議会 木山 淳一事務局長
・実践報告 ①山野第一行政区 山野第一ネットワーク委員会委員長 永富 健二さん
       ②口春行政区区長 橋本 武彦さん
★第2回★
・日時 平成28年5月6日(金) 13:30~15:30 
・会場 夢サイトかほ(嘉麻市大隈町1228-1)
・内容 「地域のサービスを検証しましょう」
     講師 公益財団法人さわやか福祉財団 さわやか九州1ブロック            
        阿部 かおりさん、竹下 順一さん

今後も、月に1回のペースで勉強会を行います。ぜひ、ご参加ください!!

稲築地区福祉推進員定例会

午前10時から稲築地区福祉推進員定例会を開催しました。
福祉推進員の任期が5月いっぱいで満了を迎えるため、現在のメンバーでは最後の定例会でした。
ふれあいいきいきサロンや地域福祉部活動の助成金の申請に関する説明や新たな福祉推進員の推薦に関する説明のほか、ブロック別に行う遊具点検の日程等について、協議していただきました。
また、3月の災害ボランティアセンター設置運営訓練に参加していただいた方から報告がありました。
定期的な訓練が重要だと感じた、災害を身近に感じるきっかけとなったといった話があり、他の推進員さんからは、嘉麻市は今まで大きな災害が起きていないので、どうしても身近に感じることができないところがあるが、いつ起きてもおかしくない。災害が起きた時のための備えを地域でも進めていきたいという意見もありました。
最後に、11日に開催する協議体設置に向けた勉強会の案内を行いました。
「福祉部のメンバーにも声をかけて、参加したい」、「できるだけ多くの人に参加してもらって、盛り上げていきたいね」という声も聞かれました。

ボランティア情報

うすいの里では、毎日のレクリエーションのお手伝いや補助をしていただける方を募集しています。

日 時 月曜日~金曜日
    ※可能な時間帯で構いません。
場 所 うすいの里(嘉麻市下臼井1055)
内 容 レクリエーションの補助、行事のお手伝い、話し相手など
備 考 動きやすい服装でお願いします。

≪お問い合わせ、お申し込み先≫
 かまボランティア・市民活動センター 電話0948‐42-0751
 

平成28年度スタート

今日から平成28年度が始まりました。本会には新たなメンバーも加わり、皆で頑張ろうと気持ちを新たにしたところです。みなさん、今年度もよろしくお願いします。
さて、今日は社協だよりえがお122号を発行しました。福祉のまちづくり研修会や市民後見人養成講座、災害ボランティアセンター設置運営訓練の報告記事などを掲載しています。下記HPからダウンロードできますので、ぜひ、ご覧下さい。

http://kama.syakyo.com/kouhou.htm

表紙・・もしもの時に備えて~災害ボランティアセンター設置運営訓練~
p2・・・更生保護について学ぶ、お詫びと訂正、会員募集
p3・・・市民後見人養成講座基礎閉講、成年後見Q&A、空き家管理住まいるサービス
p4・・今月のブログ、ご案内
p5・・障がい者等日中一時支援事業のご案内、ご家族からの手紙
p6・・災害ボランティア訓練、ボランティア募集情報
p7・・・今月の一冊、炭鉱の記憶、5月の総合相談
p8・・・今月のえがお、子育てリユースセンター、指定葬祭場紹介
p9・・・寄付・香典返し、会員会費のお礼
p10・・・ふるさとへの手紙、社協だよりクイズ、編集後記