稲築地区福祉推進員定例会

午前10時から稲築地区福祉推進員定例会を開催しました。
福祉推進員の任期が5月いっぱいで満了を迎えるため、現在のメンバーでは最後の定例会でした。
ふれあいいきいきサロンや地域福祉部活動の助成金の申請に関する説明や新たな福祉推進員の推薦に関する説明のほか、ブロック別に行う遊具点検の日程等について、協議していただきました。
また、3月の災害ボランティアセンター設置運営訓練に参加していただいた方から報告がありました。
定期的な訓練が重要だと感じた、災害を身近に感じるきっかけとなったといった話があり、他の推進員さんからは、嘉麻市は今まで大きな災害が起きていないので、どうしても身近に感じることができないところがあるが、いつ起きてもおかしくない。災害が起きた時のための備えを地域でも進めていきたいという意見もありました。
最後に、11日に開催する協議体設置に向けた勉強会の案内を行いました。
「福祉部のメンバーにも声をかけて、参加したい」、「できるだけ多くの人に参加してもらって、盛り上げていきたいね」という声も聞かれました。